« 第31回天橋立ツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第20回 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(2日目) »

2022年10月 3日 (月)

第20回 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(1日目)

9月30日~10月2日の3日間
愛媛県今治市と広島県尾道市を繋がる
しまなみ海道を歩くタイトル名前の
ウオーキング大会に参加してきました
天候に恵まれて、晴天の3日間でしたが
気温もこの時期には異常なほど高くなりました
私はこの大会には平成21年(2009年)の
第9回大会に参加して以来となりました
今治市には、前回同様に大阪からは
オレンジフェリーを利用しました
とりあえず1日目のGPSの軌跡です
20220930map

大阪南港を22時に出航、瀬戸内海を航行して
東予港には翌朝6時に到着します
Dsc00740_20221003210201

東予港からは今治市内まで無料の連絡バスがあり
今回は、利用者が多かったため今治駅前希望者は
フェリー会社のバスで駅前までノンストップで
送ってもらえて、予定より早く6時50分には
今治駅前に到着しました
Dsc00741

(通常はせちうちバスの路線バスに無料乗車となり
各停なので今治駅前には7時過ぎの到着になります)
とりあえず、宿泊予定のホテルに荷物を預けて
バス停に戻り、路線バスで会場の今治城へ向かいます
始発のバスに乗車して15分ほどで今治城前に到着です
Dsc00742_20221003211001

会場の今治城吹揚公園には大勢の参加者が集まり
受付開始待ちの長い行列が出来ていました
Dsc00744

その中から歩友さんを見つけたり見つけられたりと
挨拶もしつつ、JMLのパスポートを預けたりと
要件を済ませて、受付の列に並びました
検温後、引換券、受付証、健康チェックカードを提出して
ゼッケンや地図、記念品や協賛会社の品物を
受け取ります(帰宅後に撮影)
Dsc01011

身支度を整えて、8時過ぎに会場をスタートしました
1日目は伯方島までの30キロコースです

お城を出て左折して西へ海沿いに歩きます
商店街に出る手前に「今治キリスト教旧会堂跡」の石碑
明治12年に建立された教会は昭和20年8月の空襲で
焼失したそうです
Dsc00747

その先の交差点を左折して
「いまばり銀座」商店街のアーケードを歩きます
Dsc00749_20221003212901

前を岐阜から参加の有名な二人が歩いてました
Dsc00750_20221003213001

商店街のアーケードを南に抜けて
国道317号線(今治街道)に右折して歩きます
Dsc00753

左手に今治市役所、今治公会堂があり
その公会堂の前には大きなスクリューがあります
2013年に地元の今治造船から寄贈されました
直径9メートル、重さ93トンあります
Dsc00756

国道を西へ西へと歩いて、近見町の交差点で
右折して山へと歩きます
Dsc00759_20221003213901

坂の頂上の切通を過ぎると急な下り坂の
向こう側に、来島海峡大橋が見えてきました
Dsc00761

海岸まで下り、大浜漁港沿いに歩きます
しばらくして最初の「大浜接待所」に到着です
Dsc00764

地元の銘菓が提供されていました
Dsc00765_20221003214401

接待所を出て急坂を登りきると
「今治サイクリングターミナル」
Dsc00769_20221003214601

映えスポットのモニュメントがあります
Dsc00766_20221003214601

いよいよ「来島海峡大橋」へと上ります
Dsc00771_20221003214701

ループになった歩道橋を歩きます
眼下には今治造船と矢野造船のドックが広がります
Dsc00777

「来島海峡大橋」に合流しました
車道は「西瀬戸自動車道」になります
ここから約4キロある橋を歩いて渡ります
Dsc00780_20221003214901

実際には橋は3つに分かれています
まずは「来島海峡第三大橋」1570メートル
Dsc00781_20221003215101

「来島海峡」は潮の流れが速く、航行の難所です
Dsc00784_20221003215201

「来島海峡第二大橋」1515メートル
Dsc00789_20221003215501

「馬島」の料金所、馬島にはエレベーターで
島へと降りることが出来ます
Dsc00790

まだまだ向こう岸が見えません
お天気には恵まれて、良く晴れています
気温も30度近くまで上がる予報です
Dsc00793_20221003220001

最後3つめ「来島海峡第一大橋」960メートル
Dsc00795_20221003220101

「大島」に渡りました
ループの歩道橋で下ります、先行の参加者も見えます
Dsc00797_20221003220201

歩道の出口、一旦左折をして
道の駅「よしうみいきいき館」へ向かいます
Dsc00800

チェックポイントでした
地図にスタンプを押してもらいます
ここで14キロ、時間は10時30分ごろでした
Dsc00801

数々のお菓子とみかんの接待
Dsc00802
Dsc00803

来た道を戻って、先ほどの歩道の出口です
大島環状線(県道49号線)を時計回りします
Dsc00807

海沿いの道、日陰が無くて暑いです
前方に「あいえす造船」が見えてきました
Dsc00810_20221003221501

2隻のUltrabulk社のバラ積み船を建造中です
Dsc00809

よしうみバラ公園はスルー?
地図をよく見ると10月2日のGコースのみの
接待所開設でした
写真は隣接する「みどりと健康のひろば」
Dsc00812

ひたすら日陰の無い道路を歩きます
想定外の気温でバテてきました
国道317号線に合流して5%の急坂へ
Dsc00814_20221003222301

西瀬戸自動車道の高架下「宮窪峠」到着
サイクリストでも「しまなみ海道最大の難所」で
回避ルートが紹介されているようです
Dsc00816_20221003222801

(旧)宮窪町(2005年1月に今治市に合併)
大島石の産地です
Dsc00817_20221003223001

宮窪石文化運動公園の入り口
Dsc00818_20221003223201

前方が開けて海が見えて
「しまなみ商工会館」の建物
前回参加時は、この手前で前も見えないほどの
豪雨に見舞われ、全身ずぶ濡れになりました
Dsc00824_20221003223401

お菓子セットと「ミニすまき」の接待
すまきは魚のすり身をストロー状のもので
巻いたものでした
Dsc00825
Dsc00826

休憩所で少し体を休めて再出発します
あと5キロほどの距離です
Dsc00828

「鯛崎島」には民話があるようです
Dsc00830

「カレイ」という名のバス停
後ろにある山が「カレイ山」で展望公園が
あるようです
名前の由来は木々が乾燥した土壌で枯れるの
「カレる」からきているとのことです
Dsc00831

今日、最後に渡る橋「大島大橋」が見えました
Dsc00832_20221003232101

橋までの歩道を上ります
Dsc00833_20221003232201

「大島大橋」840メートルに合流
Dsc00834_20221003232201

ピーカンの青空
Dsc00835

途中の見近島への出口(大島大橋はここまで)
Dsc00836

最後と思ったら「伯方橋」325メートルがありました
Dsc00839

ゴール会場と歩く参加者が見えました
Dsc00838_20221003232501

下まで歩道をぐるぐる歩きます
Dsc00844

「バリィさん」発見!
Dsc00846

ゴール会場「伯方SCパーク」到着しました
14時過ぎで、休憩込みで6時間でした
Dsc00848

ゴール受付でスタンプをもらい
IVVは32キロでした
アサヒ飲料のドリンクを頂きました
Dsc00849

連絡バスを1本早くしてもらい15時のバスで
今治駅前に戻りました
暑い1日で、こんがりと焼けました

参加された皆様お疲れさまでした
運営やスタッフの皆様、お世話になりました
有難うございました

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第31回天橋立ツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第20回 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第31回天橋立ツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第20回 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(2日目) »