« 第7回 おごと温泉びわ湖パノラマウォーク(2日目) | トップページ | 第15回 別府・大分かぼすツーデーウオーク(1日目) »

2019年10月20日 (日)

第21回 行橋~別府100キロウオーク

10月12日(土)~13日(日)にかけて開催されました
第21回 行橋~別府100キロウオークに約5,000名弱の
参加者と一緒に歩いてきました
台風19号が発生、当初のコースでは豊後水道直撃コースでした
北上すると東へとコースが変り、無事開催の決定となりました
第15回大会から6回連続での参加、お陰様で6回目の完歩でした
しかしタイムは23時間15分57秒と6回の中で一番悪かったです
Img_6790 

今回初めてGARMINのFOREATHLETE945でログを取りました
トレースはしっかりと把握しています
距離の誤差は5km近くありましたが、誤差というよりも
休憩などでコース外にウロウロした積算分と思います
これは今後使ってみて判断します
バッテリーは前日寝る前に100%に充電、ゴール後で残15%でした
20191013map 

同じく標高のグラフです
こちらに関しては、確実に撮れている様子です
20191013high 

今回は前日の早い目に行橋市入りして前日に受付を済ませました
今年は赤文字で目立つと思っていたら、全員赤字でした
白地は20時間以内、黄色地は20時間以上、青地は初参加者
青地で天に赤テープは初参加でも他の大会で20時間以内の人です
Img_e6782

点滅バッチと反射素材のリストバンド
点滅バッチは医療従事者用に赤十字のものがあります
指導員の腕章は今回も辞退しました
Img_e6784

スタート会場の正八幡宮の境内で前日受付でした
完歩祈願のお参りをして、完歩守りを購入しました
今回は神頼みです<無事叶いました
Img_e6783

ホテルで朝食を食べて、身支度を整えて会場へ
スタートの横断幕前では記念撮影の順番待ち
Dsc00693

早い目に境内内に並んで20時間以上の列の1列目で待機
毒舌のMC宮崎暁子さんのアナウンスと飛竜八幡太鼓の演舞を聞き待ちます
開会式が始まると「日本中に競歩を知ってもらう旅 」の途中で
参加される樋熊敬史さんが紹介されていました
今回も最後にスタートして全員を抜いてゴールを目指すそうです
Dsc00697

代表世話人の川本代表からの諸注意など
いつものように長くてMCの宮崎さんに怒られていました
  Dsc00699

正八幡宮の宮司様より安全と完歩祈念のお祓いを受けます
Dsc00703 

行橋市 田中市長よりのご挨拶
別府市 長野市長はワールドカップラグビーの受入で多忙との事
メッセージを代読していましたが「今年も上手く歩かずに逃げた?」
Dsc00701_20191020184301

三世代参加者の紹介とかストレッチとかあって
カウントダウン開始、そして12時丁度にスタート
ウェーブスタートなので順番を待ちます
Dsc00705

12時15分過ぎ位にスタートして正八幡宮をぐるりと回り
日豊本線沿いに歩いて今川河川敷を進みます
Dsc00707

1キロ地点位で「ゆくはし料飲組合」の応援とおもてなし
飴を頂きます
Dsc00709

いつもの沈下橋までは進まずに河川敷を上り
橋を渡って対岸へ、再び今川の河川敷へと下ります
Dsc00711

沈下橋の堰は閉じられていましたが
沈下橋の最後のコンクリートの板がありません
これでは渡ることが出来ないですね
Dsc00715

沈下橋を過ぎた所で、たろうさんのタッチを受けます
Dsc00716

地元の方の応援メッセージの入った横断幕をいくつか見かけました
Dsc00719

市民体育館に出る前の田んぼのあぜ道で5キロポスト
スタートしてほぼ1時間経過
Dsc00721

秡川を渡り、沓尾漁港への整備された道路を歩きます
海岸に出ると台風による北からの風が強く吹き付けます
Dsc00723 

坂道を下ってくると最初の撮影ポイント
3名のカメラスタッフが全員の写真を撮ります
Dsc00725

名物「長井浜の砂浜」を歩きます
今回は手前で迂回コースと砂浜コースで案内していました
迂回すると少し距離が長くなり、砂浜は靴の中に砂が入るかも
出来るだけ波打ち際を歩くと砂浜が締って歩き易いです
Dsc00728

砂浜から堤防に上って、10キロのポスト
スタートからほぼ2時間で順調です
Dsc00735

全身「みかんちゃん」の参加者を発見
他のブログでも見ますので有名な方のようです
Dsc00738

航空自衛隊築城基地まできました
Dsc00739

コカ・コーラさんによる100円ドリンク販売
今回はあまり暑く無く、飲み物の減りも遅いです
コカ・コーラを購入しました
Dsc00740

毎回、ここまでの道のりで暑さに負けてしまい
築城公園で冷たい飲み物補給と休憩で20分位動けないですが
今回は涼しかったのでトイレ休憩のみ
10号線に出た時にチコちゃん?の案山子に怒られます

Dsc00742

ルミエールの休憩も無く、そのまま浜の宮大橋まで歩きました
ここまでは1キロ10分前後で調子良く歩けています
20キロポストで15時55分、3時間40分位かな?
Dsc00743

浜の宮大橋の給水所、涼しいので給水する参加者も少ないです
Dsc00745

再び、10号線に合流するとお接待所がありました
琥珀神という商品名で奈良漬を販売する「奈良漬さろん安部」さんです
何種類かの奈良漬のスライスとお茶を頂きました
Dsc00746

長い間空き地だった貝汁鶴屋跡にも建物が建ちました
その関係か台風の為か仮設トイレが無く、この先のローソンに寄りました
Dsc00748

風は強かったですが雨が降る事はありませんでした
築城町から豊前市に入ります
Dsc00749

住吉神社を過ぎて、30キロポスト 17時35分
ここで少し足に違和感があってペースが落ちてきました
Dsc00752

山国大橋のたもとで35キロ 日が落ちて暗くなりました
18時52分 少しペースが持ち直した?
 Dsc00755

山国大橋を渡ると大分県に入ります
Dsc00757

福沢諭吉さんがお出迎え 大分県中津市
Dsc00758

36.1キロ 第1チェックポイントの中津中央公園(19時4分)
バナナや梅干しなどを頂き、休憩せずに出発しました
Dsc00759

最初はTOTO中津工場はスルーの予定でしたが
空腹感が強くて、足の違和感が痛みになったので急遽ピットイン
手前のコンビニで買ったおにぎりを補給、靴と靴下を脱いで
足裏や足の指を点検します
コンフォートの少し厚めの靴下と靴の相性が悪く、滑っていたのと
足の指同士が擦れて肉刺が出来そうでした
五本指ソックスに履き替えました(40分位休憩していました)
ここでは風が強かったです(おもてなしのテントも畳んでました)
Dsc00762

41.6キロ 土屋農園の梨サービス 甘かったです
時間は21時前、8時間半ほどなどの大幅にペースダウンです
Dsc00766

宇佐市に入りました
ここから第2チェックポイントまではまだ20キロ近くあります
風は場所によって強く吹かれますが、雲は切れて月が見えます
Dsc00768

宇佐別府道路と分かれてサテライト宇佐のある
少し峠のようなアップダウンを越えた糸口山で50キロです
時間は22時30分、歩き始めて10時間経過かな?
ここでは第19回の時より30分位早かったのですが??
Dsc00771

今回は沿道のコンビニでも激励の横断幕が掲示していました
Dsc00772

宇佐神宮の太陽交通にあったストレッチをする案山子
いろんな案山子があったのでもっと撮れば良かった
Dsc00774

宇佐駅の前を通過します 日付は変わっていて1時過ぎ
ラジオでNHKを聞きながら歩きます
台風19号による被害の発生や避難勧告、ダムの放流など
次々と伝えられてくるので心配です
Dsc00780

ようやく第2チェックポイントの郷の駅宇佐に到着
1時23分なのでスタートして13時間でしょうか?
Dsc00781

いつもはあまり空腹感は無いのですが
何故か今回は猛烈に空腹感が襲います
前のコンビニで調達すべきでしたが、カレーライスを食べます
Dsc00782

空腹が満たされて、チェックポイントを出発
空は雲が多くて満点の星空にはならず 杵築市にはいります
ここから立石峠への上りが続きます
Dsc00784

立石峠へ到着 気温は18度と丁度良い位かな?
歩いていると暑く、止まると冷えます
Img_6797 

立石峠を過ぎて猛烈な睡魔に襲われます
満腹から眠気誘因?
モンスターエナジーも効きません
峠たていしの館でスペースを見つけてザックを枕に仮眠します
30分か50分位仮眠したでしょうか?
目が覚めて再スタート、明るくなった七曲り入口に到着(6時10分)
仮眠で冷えたのかお腹が痛くなりトイレロスタイム(洋式で良かったです)
Dsc00786

気を取り直して七曲りを登ります
頂上を越えると朝日が輝いてきました
こんなに明るい七曲りは初めてです(竹灯籠が見られませんでした)
Dsc00787_20191020204501

峠を越えて赤松のセブンイレブン
ここまで来れば時間は掛かっても完歩出来る気持ちになります
所要時間は考えず、朝食をゆっくりと頂きました
Dsc00788

日出のハーモニーランドを見ながら赤松峠の坂を登ります
ここからは別府湾に向かっての下り坂
膝を考えて慎重に下って行きます
Dsc00791

8時47分 第3チェックポイント 日出町健康福祉センター
途中の仮眠が効いたのか体調は良好です
いつもは胃も荒れてスープもパスしますが、今回は頂けました
Dsc00792

朝の別府湾 高崎山が見えます
Dsc00793

そして鶴見岳が見えますが、手前の湾の向こうまで
歩かないとゴール出来ません
Dsc00794 

別府市に入ります APUの入口であと6キロです
Dsc00795_20191020205501

今回も[がんばれおじさん」の激励を受けます
早い目に靴下のケアをしたので肉刺の気配も無く
足も痛くないのでペース良く歩けています
Dsc00796

信号待ちが増えてきますが、焦っても時間は変わらないので
ペースを保ちながら歩きます
今回は小学校の所から中に入ってゴールへと進みます
左に見えるのは温泉施設の北浜テルメです
Dsc00797

11時35分 皆さんの声援に支えられて無事ゴールしました
Dsc00799

タイムはワースト記録の23時間15分57秒でした
それでも無事に完歩出来て良かったです
今回は体のダメージもあまりありませんでした
Img_e6800

6回目の参加で6回完歩出来ました
目標は10回参加で10回完歩です
あと4回頑張りたいと思います
台風19号は東に逸れて大会を開催する事が出来ましたが
直撃した東日本では大きな被害が発生しました
歩きながらラジオを聞いていて知った地名が出てて来て心が痛みました
亡くなられた犠牲者の方のご冥福をお祈りするとともに
被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます

大会関係者、ボランティアスタッフの皆さん
今回も大変お世話になりました 有難うございました

次は10月26日、27日に開催の「別府・大分かぼすツーデーウォーク」に
参加するので再び別府を訪問します
そしてその次の週、11月3日、4日は「飯塚~武雄100キロウオーク」です
よろしくお願いいたします

|

« 第7回 おごと温泉びわ湖パノラマウォーク(2日目) | トップページ | 第15回 別府・大分かぼすツーデーウオーク(1日目) »

100キロウオーク」カテゴリの記事

コメント

涼歩さん ご無沙汰しています
有難うございます 今回も台風の接近でヤキモキしました
11月の加古川には参加します
今回はコースが20キロなのでゆっくりと楽しみながら歩けそうです
よろしくお願いいたします

投稿: hiroyuki23 | 2019年10月21日 (月) 20時28分

6回目の完歩 おめでとうございます!

お疲れ様
無事に開催され きっちり完歩
台風通過で 開催する方も、参加する方も大変だったのでは

ますます 参加者さんが増えていますね
9月末の無法松でも、トレーニング参加されている人が増えていてビックリでした

かぼすで、飯塚~武雄 九州続きですね
11月 加古川あたりで お会いできますか?

投稿: 涼歩 | 2019年10月21日 (月) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第7回 おごと温泉びわ湖パノラマウォーク(2日目) | トップページ | 第15回 別府・大分かぼすツーデーウオーク(1日目) »