« 第19回 一宮七夕ウォーク(3日目) | トップページ | 第6回 KBCウオーク in 滋賀「くつの日」ウオーク »

2018年8月18日 (土)

第26回 京都五山送り火ウオーク

8月16日(木)は京都府ウオーキング協会主催の
「第26回 京都五山送り火ウオーク」に参加しました
天気予報は台風の影響もあって当日までに二転三転
当日も朝から雨マークの予報と、午後から雨マークの
予報に分かれており、ある程度の雨は覚悟で参加しましたが
さて、どうだったでしょうか?
Cci_000239

この大会は日程が京都五山の送り火開催の日
8月16日と決まっていますので、仕事の都合で長らく
参加出来ていませんでした
2015年は日曜日と重なり初めて参加しました
その後は有給休暇を取って毎年参加していますので
今回の参加は4回目となります

いつもの時間に目が覚めて、準備が出来て自宅で
待っていてもしょうがないので、少し早いですが阪急嵐山駅に到着
雨が降ったようで、地面が濡れています
Dscn1775

桂駅から嵐山駅までは訪日外国人の方々が多かったです
駅を降りると、福岡から参加されたN夫妻にお会いしましたので
集合場所までご一緒しました

中之島では今晩の灯籠流しの準備と受付が行われていました
Dscn1777

空には雨雲が低く垂れこめていて降りだしそうです
渡月橋の上は観光客の列が続いています
Dscn1778

集合場所に到着 お会いした歩友さんと挨拶を交わしたり
雑談をしながら受付時間を待ちます
途中、強い雨が降りだしたのでトイレの軒先で雨宿りをすると
自然と受付の行列になっていました
Dscn1780

予定の11時より早く10時30分から受付開始となりました
受付後に東屋の裏で「天橋立ツーデーウオーク」の
受付をしていたので参加申込をしました

出発式を待たずにフライングスタートされる参加者が多く
私も、11時前にスタートをしました
神戸のNさんが受付の行列に並んでおられたので挨拶しました
Dscn1781

渡月橋の上は観光客が多く、前に進みにくいです
Dscn1783

記念撮影をするのに急に立ち止まったり
歩道を塞いで写真を撮ったりと、歩き難いです
天龍寺の前を通過します
Dscn1784

天龍寺を過ぎると、少し人も減ってきました
今日は天気が悪いので、幾分少ない感じです
Dscn1785

野宮神社方向に左折すると竹林の道になります
観光スポットだけに、観光客が増えます
Dscn1786

それでもまだ人の間を抜けて歩けるので
例年よりは歩き易いです
Dscn1788

大河内山荘に突き当たって右折します
少し上り坂が続きます
Dscn1789

坂を下ってトロッコ嵐山駅です
Dscn1790

小倉池の左手に日本で唯一の髪の神社である
「御髪(みかみ)神社」があります
Dscn1791

コースは小倉池の東側を直進します
Dscn1793

小倉百人一首の編纂の地、藤原定家の山荘もあった
「常寂光寺」の山門前を通ります
Dscn1794

すぐに落柿舎の方へ右折、左折して北へ
「二尊院」の総門の前を通ります
少し雨が降ってきました
Dscn1796

突き当りを右折します
二尊院の石柱やあたごの道標、小倉餡発祥の石碑が並びます
ここでN夫妻に追い付きました
Dscn1797

東に進んだ突き当りが「清凉寺(嵯峨釈迦堂)」です
境内の中に進みます
Dscn1798

本堂(釈迦堂)です
Dscn1800

仁王門に向かう途中で福井のF夫妻にお会い出来ました
Dscn1802

仁王門を出て左折します 愛宕山の灯籠?
Dscn1803

「嵯峨豆腐森嘉」の店頭には行列がありました
参加者でも買い求められた方がおられました
Dscn1804

県道29号線の交差点を左折して北へ
正面に「鳥居」の火床が見えてきます
Dscn1805

Dscn1808

(左)北 大覚寺 観空寺 嵯峨帝陵
(右)嵯峨帝陵 後宇多帝陵 北十二町
Dscn1807

時代劇の撮影に登場する「大覚寺」
Dscn1809

境内の東にある大沢池に回って北へ向かいます
Dscn1810

蓮の花が咲いていました
Dscn1814

大沢池と放生池の間の護摩堂に続く道も
時代劇によく使われています
Dscn1813

北嵯峨の道を東へと進みます
遠くから雷鳴の音が聞こえてきます
Dscn1817

定点観測的な3つの道標
右は「右 広沢池 御室街道に出づ」
中は「右 遍照寺山」
左は「文徳帝陵 東南二十五町」とあります
1928年~1929年に建立されたようです
Dscn1818

南の方角を見ると、雨が降っているのが見えました
Dscn1819

道なりに広沢池沿いに南へと歩いて
県道29号線で左折します
角に兒神社(ちごじんじゃ)があります
Dscn1820

「池の茶屋」では参加者が大勢休憩していました
Dscn1823

県道29号線を東へと歩きます
山越、福王子とアップダウンが連続します
福王子の交差点です
Dscn1824

大粒の雨が落ちてきましたが、本降りにならず
地面に点々を付けた程度で止みました
Dscn1825

「仁和寺」の仁王門前まで来ました
丁度市バスが止まりましたが乗降する乗客は
ほとんどが訪日観光客でした
Dscn1826

大覚寺が嵯峨御所、仁和寺は御室御所です

さらに東へ歩いて「きぬかけの道」です
仁和寺~龍安寺~金閣寺を結ぶ道を指します
Dscn1827

「京都府立堂本印象美術館」
耐震補強と修復工事を終えて綺麗になりました
Dscn1828

ファミリーマート立命館大学前店に入店
毎回ここでフラッペをイートンインで頂きます
Dscn1830_2

窓越しに参加者が通るのが見えます
Dscn1829

クールダウンして再出発
観光客が往来する中を金閣寺まで進んで右折して鞍馬口通

でこさん夫妻の後姿を見つけましたが
信号待ちのタイミングで追い付けませんでした

西大路通の金閣寺前交差点です
Dscn1832

交差点を渡り左折して西大路通から北大路通に
カトリック衣笠教会の所で左大文字の火床が見えます
Dscn1833

Dscn1834

千本北大路の交差点を渡って船岡山の入口へ
お漬物とポカリスエットを頂きました
Dscn1835

船岡山を下って今宮門前の交差点
ここで17キロと25キロの分岐です
空模様が怪しくなってきて雨雲レーダーでも
雨が降る予報でしたので17キロコースへ
Dscn1836

Dscn1837

北大路通を東へ進んで北大路橋西詰
Dscn1838

大文字の火床が綺麗に見えます
Dscn1839

ドリンクの到着を待って再スタートします
Dscn1840_2

鴨川の河川敷にはトンボが飛んでいました
Dscn1841

出雲橋西詰にある出雲路鞍馬口の石碑
Dscn1842

ゴール受付が15時なので出町橋西詰で時間調整休憩
「鯖街道口」の石碑が立っています
Dscn1843

賀茂大橋を渡って帰る参加者が見えたので再スタート
雨のためかゴールは河川敷から河原町通に出る途中でした
Dscn1844

京都府立医科大学体育館の軒先がゴールでした
Dscn1845

IVVを頂き、抽選ではマフラータオルが当たりました
奈良県ウオーキング協会のK夫妻が11月に初開催の
「第1回 聖徳太子の里ツーデーウオーク」の
事前受付をされてたので申込をしました

また雨が降りだしそうでしたので、そのまま失礼しました
帰りは京阪電車で東福寺乗換のJRで帰宅しましたが
東福寺駅の乗り換えはもう少し便利にして欲しいですね
Dscn1846

今回のGPSの軌跡です
20180816map

今年の送り火のバッチはと思ったら
過去のと混ぜてしまい、分からなくなりました
後で確認して追加します
(8月18日 追記)
今年のバッチは「大文字」でした(一番右)
Img_4440

2017年 舟形、2016年 妙法、2015年 左大文字 でしたので
来年は鳥居のはずです
これで一巡して全部そろうのかな?

結局は、最後まで雨は降らなかったので
25キロコースを歩けば良かったと反省です
参加された皆さん、蒸し暑い中をお疲れさまでした
スタッフの皆さん、有難うございました

次回は「おごと温泉・びわ湖パノラマウオーク」に参加予定です

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第19回 一宮七夕ウォーク(3日目) | トップページ | 第6回 KBCウオーク in 滋賀「くつの日」ウオーク »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

マサさん おはようございます
確かに暑いか、雨かという印象ですね
コースは安定していますし、京都2DAYと
重複するところもありますしね
バッチはどうも今の提灯型と、前に扇形が
あるようなので、逃すと10年後になるのかな?

投稿: hiroyuki23 | 2018年8月24日 (金) 09時38分

いつ降られるか…とヒヤヒヤしながらの?ウォーク、お疲れさまでした。会社のカレンダーとの関係でここ数年不参加になっているのですが、とにかくこの大会、暑いか!雨か!という感じで、ろくな記憶がありません。コースも毎年全く同じだし、これも参加者が減少する要因になってしまわないのかなあ???
そうそう、この大会では参加賞がバッヂでした。ウォーキングなるものをはじめたころはいろんなバッヂを楽しみにしていたのですが、数も多くなってくると置場にも困るようになってきてしまっています。でもコンプリートしたいので5つを気長に集めたいと思います。(でも1回逃すと次は5年後か…)

投稿: マサ | 2018年8月23日 (木) 22時56分

237さん こんばんは
蒸し暑い中をお疲れさまでした
特にスタート印も無いので、待つのも嫌で
先にスタートしますね
あとは適当に時間調整しながら歩いています
主催者も嵐山地区の混雑を考えると
分散してスタートする方が良いので
黙認なのかもしれませんね

投稿: hiroyuki23 | 2018年8月21日 (火) 00時52分

hiroyukiさん こんにちはー
16日の日は 蒸し暑い京都の町のウオーキング お疲れさまでした。
朝から曇ってて 涼しくなるのかな?って期待もしていたのですが 全然そうでもなく 最後まで汗をかきながらのウオークでした。

毎回思いますが 皆さん 早めのスタート どこか 立ち寄るお店を楽しみに 早めのスタートされるのでしょうか? それとも スタート直後の渡月橋とか 混み合う竹林をスムースに歩かれる為早めにスタートされるのでしょうかね?

わたしは 今回11時30分頃到着したので 初めてスタート式に出ましたが やや少人数で ちょっと寂しかったですね あはっ

投稿: 237ですよ。\(^▽^)/ | 2018年8月20日 (月) 12時58分

デコポンさん、お疲れさまでした。
雨が心配でしたが、大したことが無くて
良かったですね。
何度か、後姿を見つけましたが信号で
追い付けませんでした
おごと、神戸、加古川、聖徳太子は私も参加します
よろしくお願いいたします

投稿: hiroyuki23 | 2018年8月19日 (日) 12時41分

お疲れさまでした。今年は有名な豆腐屋さんで豆腐購入し店先でいただきました、お昼は何時ものなか卯で、風がありましたがやはり湿度が高く疲れました。後のツ-デ-は、おごと、神戸、加古川、11月の奈良は夫婦での参加、私個人では9月の田沢湖、10月の氷見を予定しています。またどこかでお会いしたら宜しくお願いします。

投稿: デコポン | 2018年8月18日 (土) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第26回 京都五山送り火ウオーク:

« 第19回 一宮七夕ウォーク(3日目) | トップページ | 第6回 KBCウオーク in 滋賀「くつの日」ウオーク »