« 第10回 中国山脈横断100キロウオーク(前半50キロまで) | トップページ | 第20回 行橋~別府100キロウオーク【抽選結果発表】 »

2018年6月15日 (金)

第10回 中国山脈横断100キロウオーク(後半ゴールまで)

6月9日(土)~10日(日)に開催されました
「第10回 中国山脈横断100キロウオーク」に参加しました
丁度、中間点の50キロとなる第3チェックポイント
「サンエイト美都」を再スタートしてからゴールまでです
GPSの軌跡を貼りつけておきます
20180609map

QRコードの読み取り時間で 20時25分に
50キロ地点の道の駅「サンエイト美都」に到着しました
銅ケ峠トンネル出口を出てから7.5キロで300mを下ってきました

無料サービスのうどんや、用意されたフルーツ、梅干、お菓子
インスタントのコーヒーや味噌汁、スープなどもありました
Dsc03436

10分ほど休憩して再スタートしました
1キロほど坂道を上って丸茂トンネルです
もう真っ暗なので、コンパクトデジカメでは
綺麗には撮れていません
Dsc03437

手持ち夜景モードでも、何某かの灯りが無いと駄目ですね
ここからは写真の数が減ります

ようやく人家が増えてきますが、暗いことには
あまり変わりはありません
集落と集落の間は少し上って、また下る感じで
アップダウンとトンネルが続きます

この区間の4時間ほどは写真も無く、足が疲れて
2~3キロで立ち止まり、またはバス停の待合室に
座り込んだりしながら進んでいました

山科トンネル>清水トンネル>下都茂トンネル>仙道トンネルを
抜けると、ようやくコンビニが登場します
ローソン・ポプラ美都仙道店です(58.5キロ/22時23分)

今回、給水用にハイドレーションでペットボトルをタンクに
出来るものを使っていました
ここで、1Lの麦茶が無くなり、1Lのアクエリアスに交換しました

さくらドーム>朝倉トンネル>笹倉トンネル>久々茂トンネル>
伏谷トンネルを抜けると「自動販売機のお店」があります
ここには絶滅して稼働しているのが珍しい「うどん・そばの自販機」が
残っていました
Dsc03438

益田トンネル入り口(68.5キロ/0時30分)を抜けると
益田市の市街地に入ります
Dsc03439

キヌヤ東町店、キヌヤは益田市に本社を置くスーパーで
21店舗あり、24時間営業のお店もあります
Dsc03441

70キロ地点 第4チェックポイントの「第一生命・ローソン東町店」
QRコードの読み取り時間は 0時48分でした
Dsc03442

ここではバナナ、ミネラルウォーター、冷たいタオルの
提供がありました
残り30キロを7時間でも朝の8時、ほぼ予定通りにゴールが
出来るようなので、30分位イスに座ってボーっとしていました

ゆっくりと再スタートして国道191号線を進みます
分かり難いですが、すき家がありましたが、店内には
参加者の姿は見えませんでした
Dsc03444

さすがに市街地でも2時前では車も人もありません
街灯も増え、自動販売機もあるのは安心です
Dsc03445

温度表示は「17度」でした
寒くもなく、暑くもなくでしょうか?
もう少し風が欲しかったです
Dsc03446

国道9号線を渡り、高津大橋を渡って益田道路を渡ります
国道191号線は北浦街道となり、日本海の海岸線沿いを歩きます

再び灯りの無い真っ暗な中、時折大型保冷車が通過する風を受け
海岸に打ち付ける波の音だけ聴きながら、黙々と歩きます

萩・石見空港の案内標識が立っていました
東京からは定期便がありますが、大阪からは夏場しか便はありません
Dsc03447

交差点のナトリウム灯が遠くにポツンと見えます
Dsc03448

自動販売機ポイントの中島商店
Dsc03449

次の79キロ地点のチェックポイントが遠いです
周囲の風景が見えないので余計に遠く感じます
疲れてくると計算も怪しくなり、時間と距離が計算出来ません

参加者も、チェックポイント近くで数名に追い付きました

ようやく79キロ地点、第5チェックポイントの「持石海岸ふれあい広場」です
QRコードの読み取り時間は 3時5分でした
QRコードを読み取る時に、ビスコをもらいました
Dsc03457

テーブルのようなベンチに腰かけて、おにぎり1個食べて休憩
足裏の肉刺の様子を確認ついでに、馬油を塗り靴下を交換しました
Dsc03456

島根県警の方が2名、巡視に来られていました
参加者から、来年参加されてはと誘われていました
深夜にご苦労様でした

30分ほど休憩して再スタートします
国道191号線とも、この交差点でお別れです
ガソリンスタンドを左折します
誘導のスタッフの方が待っておられました
Dsc03458

完全に何も見えない、真っ暗な道です
先行している参加者の赤いライトが遠くに見えます
景色が見えないのですが、確実に上り坂です
Dsc03459

4キロくらい上りが続いたでしょうか?
時刻も4時を回り、徐々に明るくなり景色も見えてきました
ガソリンスタンドから5キロ進んだ交差点で左折します
ここにも誘導スタッフの方が待っていました
Dsc03460

松原集会所の所でも誘導スタッフが待っておられて
右折して山の方へと進みます
Dsc03461

少し急な上り坂が続いて、100キロウオークの看板の交差点を右折します
Dsc03462

ファクトリーパークに続く西石見広域農道を進みます
アップダウンが続き、県道313号線に出て左折します
Dsc03463

4キロほど下り坂を下って向横田の集落の中を歩きます
朝6時を回って、完全に明るくなりました
Dsc03464

集落を抜けて、高津川に架かる向横田大橋を渡ります
Dsc03465

橋は国道9号線も跨いでおり、誘導で階段を下りて歩道へ
この階段が95キロ近く歩いた足には危険です
Dsc03466

96キロ地点、第6チェックポイントの「ローソン益田横田店」
QRコードの読み取り時間は 6時35分でした
チェックポイントには特に何も無くてローソンでトイレだけ利用
Dsc03467

益田市のマンホール
ウメの花と益田川を泳ぐ鯉のデザイン。
市章と「益田市」「集落排水」の文字
Dsc03468

国道9号線を益田市街方向へ歩きます
ゴールのMランドに入る交差点が見えてきました
Dsc03469

Mランドの大きな看板が迎えてくれます
Dsc03470

誘導に案内されて「Mランド祭」会場の教習コースへ
スタートで掲げられていた寄せ書きの出迎えです
Dsc03471

まだ祭りの開始前で、アナウンスや高校生による
出迎えのセレモニーは無く、ゴールゲートへと進みます
Dsc03472

QRコードの読み取り時間は7時33分で、21時間3分でゴールしました
記念撮影の後、完歩証を頂きました
Cci_000226

無事ゴール出来ました
大会関係者、スタッフの皆さん、有難うございました。

さてゴール後、預けていた荷物を受取り
校内宿泊施設のメイト5号棟へ(ステージの後ろの建物)
Dsc03474

浴場とシャワーがありますが、シャワーで汗を流します
そのまま、空き部屋を探して4階に上がり和室の部屋で休憩
荷物を片付けたり、着替えたりして小一時間ほど仮眠します

少しお腹も空いたので、会場の中を歩きます
ステージでは、音楽教室の声楽披露が行われていました
Dsc03473

益田東中学?ブラスバンドの逃げ恥ダンス
Dsc03478

ゴールする参加者を出迎えています
Dsc03476

よさこい広場では演舞が行われていました
Dsc03482

ローソンも出張しています
Dsc03483

焼きそばと、ローソンで抹茶フラッペを食べて
JR益田駅まで送迎バスで帰ります
送迎用のバスも大型二種の教習車が使用されています
Dsc03486

益田駅から新山口駅への特急指定席は満席でした
新山口駅で新幹線に乗り換えて大阪まで無事帰宅しました
道中は、ほとんど寝ていました

ゼッケンです
Cci_000225

個人の通過時間です
Img_4124

順位は「86位」でした
Img_4126

申込は400名だったようですが、参加者は364名で
ゴールしたのは279名(完歩率は76.6%)
Img_4125
(HPの発表と誤差があります)

双六のような詳細コース図は意外と役立ちました
Cci_000224

GPSのデータでは累積標高が上りで3,825mで
下りは4,031mとなっていました
行橋別府では1,800m位ですので、ほぼ倍になります

感想としては、坂道に関しては想像していたほど
厳しくは感じませんでした
国道を歩くので、山道のような極端な急坂はありません
但し、アップダウンが続くので徐々に足に疲労が溜まります

行橋別府とは正反対の大会に感じました
歩道が無かったり、サポートも必要最小限です
道中もコンビニや自動販売機、トイレも十分にはありません
ちょっとしたサバイバル感を味わえます

妙な高揚感があるので、あまり眠くもならず
50キロから70キロの間は、足が疲れてきつかったものの
モチベーションは保てました

来年参加するかは、もっと他の大会にも参加したいので未定です
参加者を増やすには、前半50キロでのサポート(給水やトイレ)を
整備する必要があると思います

それでも過去の大会参加の様子を見ると、毎回少しづつ
改善をしているので、徐々に良くなっているように思います
(荷物預かりも、今回はきちんと引換券で管理されていた)

100キロの大会では5つ目の大会ですが、十分に楽しめました
改めて、大会関係者やスタッフの皆さん、有難うございました
参加された皆さん、お疲れさまでした

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第10回 中国山脈横断100キロウオーク(前半50キロまで) | トップページ | 第20回 行橋~別府100キロウオーク【抽選結果発表】 »

100キロウオーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第10回 中国山脈横断100キロウオーク(後半ゴールまで):

« 第10回 中国山脈横断100キロウオーク(前半50キロまで) | トップページ | 第20回 行橋~別府100キロウオーク【抽選結果発表】 »