« 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目) »

2018年5月27日 (日)

第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目)

今週は出張がありましたので遅くなりました
5月19日(土)と20日(日)の2日間は福井県若狭町で
開催されました標題のウオーキング大会に参加しました
今年は「福井しあわせ元気国体」が9月~10月に
開催されますので「開催記念」の冠が付いています
Cci_000219

日程が近畿マーチングリーグの大会である
「海南歩っとウオーク」と重なっていますので
歩友の皆さんはほとんど海南に参加されていました
おもてなしが充実しているので人気急上昇中です

1日目は天気予報では前日から降りだした雨が
夜明け位には止む予報だったのですが、朝起きて
外を見ると、まだ雨は降っているようです

1日目は日本遺産「鯖街道 熊川宿 40キロコース」を歩きました
GPSの軌跡です
20180519map

いつも宿泊は敦賀駅前のビジネスホテルですので
敦賀駅 6時29分発の東舞鶴駅行の小浜線始発に乗車します
Dsc02988

7時に会場最寄り駅の三方駅に到着しましたが
本降りの雨でしたのでポンチョを来て会場へ向かいました
Dsc02990

今回から、出発式とスタートの時間が15分繰り下がり
7時15分から出発式、7時30分スタートになりました

敦賀駅から電車で参加すると、会場に着くと出発式が始まってて
受付やパスポートを預けて身支度をしている間にスタートして
最後尾を慌てて追いかけていましたが、15分遅くなったことで
この点が改善されました(アンケートに毎回書いていた)
もっとも、近江今津駅からのシャトルバスが無くなったことも
関係しているのかもしれません

と言いながらも、雨で身支度が遅れて、ほとんどスタートしてから
最後でスタートしました 福岡のM夫妻とワンちゃんのお見送りです
雨が降っているので、ワンちゃんは抱えられていました
いつも遠方からの応援有難うございます
Dsc02991

雨の降る中、最後尾を追いかけます
出発式では、司会の方が「雨は間もなく止みます」と言ってましたが・・・
Dsc02992

しばらくは小浜線の線路沿いに南へと歩いて行きます
Dsc02996

小浜線の鉄橋を潜るために、一旦右へ回り左に大回り
雨は全く止みそうな気配がありません、山々も霞んでいます
Dsc02997

十村駅前を通過して、さらに南へと歩きます
以前は、十村駅手前の踏切から西に回っていたので
コースが変更になっていました
小浜線も含め、十村駅は開業100周年です
Dsc02999

田植えが終わった田んぼの中を歩いて行きます
突き当りで右折して山沿いに西へと向かいます
可哀想ですが、カエルがたくさん道でぺしゃんこに
Dsc03001

舞鶴若狭自動車道の高架を抜けて行きます
工事中の時は、左手のトンネルを通ったこともありました
Dsc03003

若狭広域農道を地下道で横断して一旦集落の中へ
集落を抜けて、広域農道に戻り坂を上って若狭トンネルの中へ
延長585mで1993年10月の完成です
Dsc03005

トンネルを抜けた反対側には「歩行者注意」の立て看板
Dsc03007

トンネルを出た先の交差点にある地下道で
広域農道を横断して南へと向かいます
Dsc03009

同じく、天狗山トンネルで抜けて来た小浜線を渡ります
Dsc03010

続いて、舞鶴若狭自動車道の高架を抜けます
Dsc03011

集落単位で住宅地図の看板が立っています
どこに誰が住んでいるのか一目瞭然です
「鈴嶽(れいごく)の里」とありますが、さきほどの
舞鶴若狭自動車道のトンネルの名前は「鈴ケ嶽トンネル」です
Dsc03014

9時に9.9km地点「鳥羽公民館」に到着しました
Dsc03015

ここの公民館はシートを敷いているので
靴を脱がないでも、トイレに行くことが出来ます
有難いです
Dsc03016

廃車になったパトカーが設置されています
以前のものから新しくなったように思います
Dsc03017

雨の中、参加者の隊列が続きます
Dsc03018

「下タ中」へと左折します
真ん中の「タ」は漢字ではなく片仮名のようです
「したなか」とアルファベット表記があります
Dsc03019

国道27号線(丹後街道)の交差点を渡ります
Dsc03021

集落を抜けて、県道218号線に合流して
県道22号線との交差点「瓜生小学校南」の交差点を横断
国道27号線と小浜線を跨ぐ高架橋へと進みます
Dsc03023

高架橋を下りた所を左折して下吉田の集落へ
左折すると「下吉田ふれあい会館」前で
今年も子供達から「冬水田んぼ<幸福米>」の
おにぎりを受取ります
Dsc03024

集落を抜けて県道22号線に合流して西へと向かいます
雨は弱くなったものの風が強いです
道路の温度表示は「12度」でした
Dsc03026

県道22号線と共に北川に架かる井ノ口橋を渡ります
Dsc03027

橋を渡り誘導で県道を横断して北川左岸の土手へ
雨は小止みですが、横風が強くて風に体が押されます
Dsc03029

土手を1kmほど進んで、側道を下って行きます
Dsc03030

右手に「丸山塚古墳」があります
Dsc03031

小浜線のアンダーパスを抜けて、右折します
Dsc03032

集落を抜けて、国道27号線を渡り、坂を上ります
全国名水百選 おいしい水部門 2位の幟
Dsc03034

10時30分 18.4km「天徳寺会館」のチェックポイント到着
「若狭瓜割名水公園」になります
Dsc03035

ここでは瓜割名水で作った水まんじゅうを頂きます
Dsc03036

本当は、さらに200m上った「瓜割の滝」まで往復するコースです
今回も含めて、5回参加で一度も行かず滝は見た事がありません
Dsc03037

マイカップで、瓜割名水の水を頂きました
水を汲みに来ている人もいます
Dsc03038

公園の駐車場横から坂を下って国道27号線に出て
すぐに山側の集落内の道へ入って、東へと歩いて行きます
鯖街道(若桜街道)の道になります

旧上中町のマンホール、町の花「アジサイ」と町章が入っています
Dsc03039

20キロコースが戻って来る上中駅を左手に見て
しばらくして「かみなか農村運動公園」の横を通過します
Dsc03040

鯖街道の右手側に道標があります
「左吉田 すくちくふ志満道 右村道 文久戌八」
Dsc03043

左手側には「信主神社」があります
Dsc03044

ぼちぼちと前方から20キロコースの参加者が
歩いて来て、すれ違います
早いのは、同時にフライングスタートした参加者でしょうか?

途中、フェンスが開いていて空地へと迂回します
11時を過ぎましたが、雨は降り続いています
Dsc03045

国道303号線に下りてきて、「新道緑地公園角」の
交差点を渡り、国道の歩道を東へと歩いて行きます
Dsc03046

しばらく進むと「若狭鯖街道熊川宿」の看板
600m先は、あくまでも西の入口です
Dsc03047

福井県上中町「鯖街道」
京まで十六里 義民の里の大きな石碑
隣には「義民の里 新道区 ←」の石柱
Dsc03049

さらに歩道を進み、一部集落を迂回して熊川宿へ
Dsc03051

宿場の中をさらに奥へと進みます
11時45分 25.4km地点 道の駅「若狭熊川宿」です
チェックポイントのスタンプをもらいます
今回、40キロのチェックポイントは、瓜割公園と熊川宿の
2ヵ所だけでした
Dsc03053

宿場の中には「熊川番所」が置かれていました
Dsc03061

Dsc03062

熊川児童館で「長操鍋」のおもてなしを頂きます
大豆入りの豚汁になります
Dsc03065

Dsc03072

青ネギに七味と、おろし生姜が入ります
Dsc03064

下吉田で頂いたおにぎりとセットで頂きます
おにぎりには梅干が入っていました
40キロコースは、お昼の用意は要りません
Dsc03056

宿場内で、大阪から参加のでこさん、
福岡から参加のT氏とお会いする事が出来ました
T氏は風車で目立つので、この昼食会場でいつも
MCをしている曽我廼家福輔さんにつかまっていました
Dsc03069

宿場内から戻り、国道を渡って集落内へ進みます
前から20キロに参加の「あるっクマ&ノリネコ夫妻」に遭遇
いつものテンションで挨拶されます(笑)

20キロコースの参加者が前から来て、すれ違います
集落を抜けて、坂道へと進みます 左手に「白石神社」
Dsc03073

坂道を上り始めても、まだ前から参加者が下りてきます
Dsc03074

熊川宿から上る方が楽に感じます
橋になった左カーブを大きく曲がって
Dsc03075

次に右へと大きく回るとサミットです
Dsc03077

前から20キロのアンカーが二人、前から来ました
Dsc03078

ゴルフ場のフェンスを過ぎると下り坂です
Dsc03079

アンカーが過ぎたのに、参加者らしいグループが
何組かすれ違ったので???でしたが
またアンカーが二人上ってきました
Dsc03080

どんどん下って「若狭カントリー倶楽部」の入口です
Dsc03082

下り切って、左折して畦道へ入ります
20キロの参加者が大勢歩いたので、ぬかるみです
Dsc03084

ジグザグに進んで国道27号線をくぐり抜けて
「かみなか農楽舎」の敷地へと歩いて行きます
Dsc03086

13時10分 31.4km地点「かみなか農楽舎」
今回は、ここはチェックポイントではありませんでした
Dsc03087

国道27号線の歩道を三方町へと進み倉見峠を越えます
雨はようやく止み間が多くなってきました
Dsc03088

峠を越えてた砕石工場の入口にはダンプの出入りの
安全確認の為にスタッフが監視しています
その先の派手なホテルの先から里道へと進んで行きます
Dsc03090

Dsc03093

毎回、地元の方が花のプランターをコースに並べて
「白屋フラワーロード」として楽しませてもらいます
Dsc03096

14時 36.3km地点の「三十三(みそみ)公民館」
Dsc03103

地元で採れた梨入りのパンケーキを頂きました
Dsc03102

「牛がびっくりします しずかに通過して下さい」
Dsc03106

道の両側に牛舎が並んでいます
Dsc03108

観世音道はスタート後の三方石観世音?
Dsc03113

常在院道の常在院は若狭トンネルの手前にあります
Dsc03114

能登神社と石灯籠、奥に鳥居が見えます
Dsc03115

向陽寺道 従是二十五町
Dsc03117

後ろには「福井縣十名所」の石柱と石の仏像が
ありますが不明です 昭和4年に十名所が制定されて
一つがこの地の「向陽寺渓谷」だったようです
Dsc03118

懐かしい看板その1
Dsc03120

一度、国道27号線に合流、すぐに側道を下ります
Dsc03121

懐かしい看板その2
Dsc03123

ようやく雨も上がり、会場へと左折して坂を下ります
Dsc03125

風が強くてアドバルーンが上げられず、低い位置で
固定されていたので、遠目には見ることが出来ませんでした
Dsc03127

14時50分 41.8km ゴールしました
Dsc03128

FINISHゲートで完歩証(兼抽選券)を頂きます
フルグラの試供品も頂きました
Dsc03130

Cci_000216

抽選番号はハズレでした
今日の参加者数は1,753名でした
Dsc03131

参加記念品は、お米と梅干です
荷物になるので、ゴール後に引き換えます
Dsc03136

今回の大会バッチです
参加回数の数字バッチは、第25回の時で終了しています
Dsc03140

スーパーを覗こうと早い目に駅へと歩いて行くと
15時3分の電車に乗車して戻ってきた20キロコースの
参加者に会いました
また「あるっクマ&ノリネコ夫妻」に遭遇しました

16時の電車で敦賀駅へと戻りました
Dsc03133

スタートまでは上がると思われた雨も、結果的には
14時位までは残る天気となり、ほぼ雨の中を歩くこととなり残念でした
明日は天気が回復するようですので、青空を期待します

参加された皆さん、お疲れさまでした
大会関係者、スタッフの皆さん、有難うございました

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

でこさん こんばんは
2日間お疲れさまでした
40キロは少しだけ、おもてなしが良いのかな?
おにぎりと水まんじゅうですが
大阪でも、京都でも少し不便ですね!!
週末は北海道ですか、お気をつけて楽しまれて下さい

投稿: hiroyuki23 | 2018年5月29日 (火) 19時13分

お疲れさまでした。やみまのほとんどないウオ-ク疲れました。やはり40kの方がお接待はいいですね。何年か先前泊した時は40K歩いてみたいですね。ちなみに私、京都です。(笑)

投稿: でこ | 2018年5月29日 (火) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目):

« 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目) »