« 第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | 第10回 中国山脈横断100キロウオーク(前半50キロまで) »

2018年5月29日 (火)

第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目)

5月19日(土)と20日(日)の2日間は福井県若狭町で
開催されました標題のウオーキング大会の2日目です
1日目は結果的に雨模様のまま終わりました
2日目は朝起きて外を見ると、青空が広がっていました
ラムサール条約登録「三方五湖」周回の35キロコースを歩きます
GPSの軌跡です
20180520map

1日目と同じく、敦賀駅から始発の小浜線に乗車して
会場の最寄り駅、三方駅まで移動します
車中で、福岡のTさんにお会いして、栃木のNさんを
ご紹介頂きました よろしくお願いいたします

7時15分から出発式が始まりました
今日は余裕があるので、ステージの写真が撮れました
Dsc03151

少し早い目にスタートしました
会場を出て、右折して駅方向に向かいます
Dsc03156

今日も福岡のM夫妻とワンちゃんのお見送り
有難うございます
Dsc03158

国道162号線ですぐ20キロコースと分かれます
何名かの参加者は直進して20キロコースへ
国道27号線に出て北上、途中脇道に入り坂道を上ります
Dsc03159

弘法大師一夜御作「三方石観音」御霊場の石碑から
参道へと合流します
兵庫のIさんと一緒になり、参道を上ります
Dsc03163

日本の道百選「三方五湖周遊道路」
石観音参道(三方町)の石碑
Dsc03164

急坂を上ると、次は石段が続きます
Dsc03165

さらに階段を上って境内へと進みます
Dsc03167

境内が最初のチェックポイントです
手足のお守り、飴、煎餅を販売されていましたが
スタート直後で買い求める参加者はいませんでした
Dsc03170

本殿にお参りをして、元の参道を下ります
下りは階段の横の車道を通ります
Dsc03171

参道を下り、国道と小浜線を横断して
三方五湖へと向かいます
この先で20キロコースと合流します
Dsc03176

舞鶴若狭自動車道の高架を抜けた所に
たぬきの置物とメッセージが置いていました
私的には、今年は順回りなのですが・・・・
Dsc03177

田植えの終わった田んぼの向こうは三方湖です
三方湖は五湖の中で唯一淡水です
Dsc03179

三方湖と菅湖を繋ぐ堀切沿いに歩いて
この堀切は1657年以前に掘削されたようです
Dsc03186

今度は菅湖が広がります
菅湖が五湖の中で一番小さい湖です
Dsc03188

この先で、20キロコースは左へ、35キロコースは右へ分かれます
Dsc03189

気山の集落内を抜けて、県道244号線を横断
すぐに左折して農道へと進みます
角に「行方久兵衛翁頌徳碑」が立っています
Dsc03191

行方久兵衛は、後で出る浦見川を開削した人物です

昨日は違い、晴天の中を歩きます
Dsc03193

久々子湖ではボートの練習中でした
Dsc03194

久々子湖はボートの聖地のようです
Dsc03195

久々子湖を半周して、美浜町総合運動公園へ
9時5分 10.3キロ地点 チェックポイントです
Dsc03198

県道215号線に出て、すぐに左折して久々子の集落へ
佐支神社と久音寺の前を通過して海岸へと出ます
Dsc03199

Dsc03201

40キロの時はもっと東まで進んでから
海岸に出て、写真の奥から堤防を戻ってきていました
Dsc03202

海のホテルひろせの敷地を抜けます
Dsc03203

海岸沿いに進んで大師堂に出ました
Dsc03205

奥へと進んで、海岸線沿いの遊歩道を進みます
Dsc03212

早瀬の海水浴場に抜けました
Dsc03214

早瀬橋のたもとに「へしこの里」の石碑
Dsc03215

早瀬橋を渡り、久々子湖の北側を回って行きます
三方五湖レークセンターは2016年12月末で休業しました
Dsc03219

日向湖を除く4湖を1周40分で回っていた遊覧船は
陸上に上げられて雨ざらし状態、傷みが激しいです
Dsc03220

県道214号線を横断して、脇道へと進みます
Dsc03221

日向観音寺の石段の上から猫が見ていました
Dsc03222

雨どいを押さえている「桃」の瓦
Dsc03223

集落を抜けると日向漁港で釣り堀は人が一杯でした
堤防の外側は日本海です
Dsc03225

日本海と日向湖の水道に架かる日向橋
Dsc03227

橋は渡らずに、日向湖の東岸を南へと歩きます
Dsc03228

蛸壺が積んでいますが、漁は日本海です
Dsc03229

美浜町のマンホール
町の木・マツと町の花・ツツジと
町の代表的なスポーツであるレガッタのデザイン
Dsc03233

漁港の突き当りの坂道を上ります
Dsc03234

三方五湖レインボーラインを横断します
記念大会ではこの日向料金所からレインボーラインを上ります
Dsc03235

旧三方町のマンホール
魚(淡水魚)の泳いでいるのは三方五湖
福井梅の産地で、右に梅の花と左に梨、
下部には「梅丈岳」が描かれている
Dsc03237

水月湖と久々子湖を繋ぐ浦見川
1662年から行方(なめかた)久兵衛の指揮のもと開削されました
1662年5月1日に発生した寛文大地震で、菅湖から久々子湖に流れていた
気山川の地盤が隆起して、川の機能を失いその代替水路として浦見川が
掘削されました
Dsc03238

川沿いの急坂を上ると浦見川赤橋です
ここで20キロコースと合流しました
10時20分 16.8km地点で、中間点になります
Dsc03241_2

水月湖の北側を歩きます
両側には梅の木があり、青梅が生っていました
Dsc03243

一番北側に日向湖と繋ぐ「嵯峨隧道」があります
1709年に鍬入れが行われ、1934年3月に完成しましたが
水月湖側への海水の逆流を防ぐため、1939年に水月湖側に水門を設置
基本的に閉ざされた状態になっています
Dsc03244

Dsc03246

20キロコースの参加者を追い抜いて歩きます
Dsc03247

晴天で、暑くもなく、気持ち良く歩けます
Dsc03248

11時15分 22.5km地点 チェックポイント
海山屋内ゲートボール場に到着しました
Dsc03254

花回廊サイクリングロードの看板
Dsc03256

道路にも表示があります
Dsc03257

近畿自然歩道の案内看板
Dsc03258

水月湖と菅湖を巡る双胴船による遊覧船
Dsc03259

県道216号線で水月湖の西側を南へと歩きます
レインボーラインの西側の分岐点です
Dsc03260

天気も良いのでバイクのツーリンググループが
たくさん通過して行きます
駐車場に日本一周をしているライダーがいました
Dsc03261

道の駅百選「三方五湖周遊道路」の石碑
Dsc03262

若狭湾国定公園 名勝三方五胡
Dsc03264_2

水月湖の年縞は現在では「奇跡の堆積物」と呼ばれ
地質学的年代決定での事実上の世界標準となっています
この筏は、地質のサンプル採集の様子を再現しています
Dsc03265

湖畔にある農作業用の茅葺舟小屋です
Dsc03267

特産 西田梅発生地の石碑と原木
Dsc03268

梅の里会館に到着しました
Dsc03270

楽しみにしていた「梅のソフトクリーム」
Dsc03271

12時25分 28.1km地点のJA三方五湖西田支店
「梅干」「梅茶」のおもてなし
Dsc03273

国道162号線に合流して三方湖の南側を東へ歩きます
Dsc03278

沿道の梅の木には青梅が一杯
Dsc03279

ここのウナギは美味しいそうです
Dsc03281

道の駅「三方五湖」であと2.5kmです
Dsc03284

縄文ロマンパークへ入ります
Dsc03285

はす川沿いに南へ歩きます
Dsc03289

水月湖の年縞研究展示施設が建設中です
Dsc03290

舞鶴若狭自動車道の高架を抜けて
国道162号線に戻り、橋を渡ります
Dsc03291

はす川の右岸を南へ歩いて行きます
Dsc03292

対岸の縄文人が立つ鳥浜貝塚公園は
立ち寄らなくなりました
Dsc03293

三方町内をジグザグに歩いて
若狭町給食センターの前を会場へ向かいます
Dsc03295

消防署まで戻って来ました もう少し
Dsc03297

13時20分 33.5キロ ゴールしました
Dsc03298

FINISHゲートで完歩証(兼抽選券)とグラノバ試供品を受取ります
別のテントで2日間完歩証をもらいます
Dsc03299

Cci_000217

Cci_000218

今日の参加者は1,209名、2日間で3,968名でした
Dsc03302

地元産のわかめ汁を頂きます
Dsc03305

若狭蕎麦愛好会によるおろし蕎麦(400円)を頂きました
Dsc03309_2

この後、三方駅に移動して敦賀駅経由で帰阪しました

1日目は雨、2日目は晴天と、前週の長浜とは逆パターンの天気
梅雨入り前で、天候が不安定になることも多くて、雨遭遇率が
高い印象があります
参加された皆さん、お疲れさまでした
大会関係者、スタッフの皆さん、有難うございました

隔年で海南と交互の参加ですので、また2年後に参加します

この後の予定ですが、6月の2日が出勤日なのでツーデー参加は無しです
6月9日、10日は「中国山脈横断100キロウオーク」に参加します
ツーデーは、7月末の「一宮七夕ウオーク」までお休みですね

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | 第10回 中国山脈横断100キロウオーク(前半50キロまで) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目):

« 第27回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | 第10回 中国山脈横断100キロウオーク(前半50キロまで) »