« 初めて当ブログを訪れた方へのご案内です | トップページ | 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) »

2018年5月16日 (水)

第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(1日目)

5月12日(土)と13日(日)の2日間は滋賀県長浜市で開催の
「第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ」に参加しました
12日は晴天で日差しも強く暑い日でしたが、13日は朝から
雨で、時折強く降られるという正反対の2日間でした
昨年の25回大会は、1日目が雨で不参加で2日目のみの
参加でしたので、天気は今年と反対でしたね
1日目は「南回り・三成の里中仙道コース」の35キロを歩きました
GPSの軌跡です
20180512map

このコースは今までは距離が40キロでしたが、今回からは
35キロに短縮されています
コースも、金太郎の里、西黒田より北を通り、トンネルも
ひとつ北のトンネルを抜けて行きます
中仙道も柏原宿を通らないことで、距離が短くなっています

自宅の天満からでは始発に乗れば、なんとかスタート時間に
間に合うのですが、4時に起きるのは大変なので前泊です
7時過ぎに会場に着きましたが、参加者は疎らでした
Dsc02824

遊覧船で長浜港から彦根港まで乗船して、25キロを歩いて
長浜に戻るコースの集合、出発待ちで出発式が遅れました
スタート時間の8時前に出発式が始まりました
Dsc02827

挨拶、諸注意、ストレッチ体操をして、檄でスタートです
Dsc02828

8時15分にスタート、テニスコートを西のゲートから出て
左回りに周回してスタート印をもらいます
長浜市観光振興課のゆるキャラ「三成くん」のお見送り
Dsc02829

「浜竜太鼓」の演奏で送り出されます
Dsc02830

歩道橋を渡り、ファミマの手前で右折して長浜駅西口広場へ
Dsc02831

駅北の地下道で線路を越えて「豊國神社」前を通過します
Dsc02832

「大通寺」の境内を西から南に抜けます
Dsc02834

「大通寺」は真宗大谷派別院で「長浜御坊」「ごぼうさん」と呼ばれています
Dsc02837

門前の表参道を南へ進みます
Dsc02838

途中、左折して「やはた夢生小路」を東に歩き「長浜八幡宮」の
鳥居を抜けて境内へ入ります
Dsc02840

境内を南に抜けて「たにくみ道」を東に歩き「舎那院」の前を通ります
Dsc02841

住宅街を抜けると伊吹山が正面に見えます
前を「加古川ツーデーマーチ」の旗を立てたNさんが歩いています
Dsc02842

田植えが終わった田んぼがありました
Dsc02844

国道8号線、北陸自動車道を越えて東に真っすぐ進みます
Dsc02845

集落の中に入って最初のサービスポイントの「三成会館」
9時30分(7.2km)到着しました
Dsc02846

会館の敷地内に「石田治部少輔出生地」の石碑と銅像があります
Dsc02847

三成が生まれた屋敷跡になります
Dsc02850

ここでは冷えた麦茶と飴のサービス
Dsc02851

県道509号線に出て東へ、日吉神社のある石田山公園入口を通過
Dsc02855

緩やかな坂道を上ります 電光表示の温度は26度の表示ですが
多分、裏に朝日が当たっていて正確でないと思います
Dsc02856

新しい「観音坂トンネル(531m)」を通ります
Dsc02858

Dsc02859

トンネル出口の手前で米原市に入ります
Dsc02860

少し坂を下って「観音寺」方向に左へ鋭角に曲がります
Dsc02861

完全に雪の消えた伊吹山が見えます
Dsc02862

旧トンネルの入口が見えます
昭和8年に完成したトンネルで心霊スポットらしいです
Dsc02864

豊臣秀吉と石田三成出会いの寺「観音寺」です
Dsc02865

旧山東町のマンホール
三島池のマガモと、天の川のゲンジボタルが描かれています
Dsc02866

麦畑が広がっています
Dsc02867

県道19号線を南へと歩いて行き10時20分(12.3km)の
「滋賀県立きゃんせの森」のサービスポイントに到着
ここも冷たい麦茶と飴のサービスです
Dsc02869

貼られている距離案内が誤りです(見ると醒ヶ井公民館のを貼っていた)
教えてあげると、はがしていました
Dsc02868

再び県道に戻り、左へ折れて三島池の入口に
Dsc02870

米原市立大東中学校のグランドでは野球の練習中
フェンス沿いにいる生徒が、参加者に挨拶の声を掛けます
Dsc02872

グリーンパーク山東のキャンプサイトに入りますが
管理棟の方へは行かないようです
Dsc02873

三島池の雪見灯篭です
Dsc02875

三島池を南に抜けて、集落の中をさらに南に歩きます
東海道新幹線の高架を抜けます
Dsc02881

10時55分(15.6km)のチェックポイント
「米原市山東生涯学習センター」に到着です
Dsc02886

ここでは「琵琶湖産しじみの味噌汁」を頂きました
持参したおにぎりとで早い目の昼食です
Dsc02882

「たくあん」と「梅干」は市販品、2日間各所で同じでした
Dsc02884

田植えをしている田んぼに出っ張りの木がありました
よく見ると「馬塚古墳」と石碑が建ってました
Dsc02888

さらに南へと歩きます 左奥に「霊仙山」の山並みが遠望出来ます
Dsc02889

米原市バイコロジー自転車道を歩きます
Dsc02891

名神高速道路の防音壁が見えてきました
Dsc02892

天野川を渡り東海道本線のガード下を抜けて
国道21号線の醒ケ井東の交差点を渡って「中仙道 醒井宿」の石碑
Dsc02893

宿場の中を西に歩いて「居醒の清水」の湧水池
Dsc02897

日本遺産 滋賀・びわ湖 中山道醒井宿の案内板
Dsc02899

地蔵川の梅花藻は早いようで咲いていませんでした
Dsc02900

11時55分(19.7km)の「醒井公民館」のサービスポイント
Dsc02902

さらに西へ歩くと「天然記念物 了徳寺御葉附銀杏」
Dsc02903

旧米原町のマンホール
町章の中に町の花サツキと周囲に町の木イチョウを配している
Dsc02904

「中山道醒井宿 柏原宿へ一里半」の石碑
Dsc02905

西へ西へと歩いて、米原インターチェンジを抜けて
国道21号線を越える屋根付き歩道橋を渡ります
Dsc02907

東海道線のガードを抜けて、天野川の土手を歩き
北陸自動車道の高架を抜けます
Dsc02908

EF210形(桃太郎)が牽引する貨物列車が通過しました
Dsc02910

お馴染みの「ネコがいます徐行をお願いします」の看板
Dsc02911

再び天野川の土手を西に歩き、東海道線新幹線の高架を目指します
Dsc02912

新幹線の高架を抜けて、20キロコースと合流
国道8号線を越えて、13時15分(27.1km)のJR坂田駅のチェックポイント
Dsc02913

ガードを抜けて西に、右折して北に歩いて脇道に入り
「山内一豊公母法秀院の墓」の前を通ります
Dsc02915

北に歩いて、長浜バイオ大学ドームが目の前に
20キロコースの参加者が続いています
Dsc02916

途中、右に折れ北陸本線のガードを抜けて東に回り道
福田寺の山門の前を通過して北へ抜けて行きます
Dsc02917

再び北陸本線のアンダーパスを逆Gの字に大回りして
西側に抜けると、10キロコースのアンカーに追い付きました
Dsc02918

JR田村駅の東側を北に歩いて行きます
Dsc02919

正面に長浜バイオ大学の校舎が見えてきました
14時(30.7km)の長浜バイオ大学チェックポイント
Dsc02920

長浜バイオ大学を出て湖岸道路に出ます
電光表示の温度は22度です 丁度良い感じです
Dsc02921

10キロ、20キロの参加者が増えてきます
家族で参加している人や、野球チームなどの子供の団体もいます
Dsc02922

長浜港のホテルの建物が見えて来て残り1キロの表示
Dsc02926

14時35分(33.7km)ゴールしました
Dsc02929

今日の参加者数は1,765名でした
Dsc02930

ゴールでは冷たいおしぼりがもらえます
完歩証と抽選券、ドリンク券、アンケート用紙をもらい
IVVをもらって、歩友さんのいるスタンドへ
しばらく歓談するも、日差しが強くて早々に解散しました

この日は25度の気温も湿度は低く、適度な風で気持ち良かったです
しかし、日差しはとても強くて、日焼けしまして顔がヒリヒリしました

参加された皆さん、暑い中をお疲れさまでした
スタッフ、関係者の皆さん、有難うございました

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 初めて当ブログを訪れた方へのご案内です | トップページ | 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(1日目):

« 初めて当ブログを訪れた方へのご案内です | トップページ | 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) »