« 第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(1日目) | トップページ | 第16回 大和路まほろば2dayウオーク(1日目) »

2018年3月23日 (金)

第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(2日目)

3月17日(土)と18日(日)の2日間は
岐阜県本巣市を中心に開催されました
「第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク」に参加しました
2日間共に晴天に恵まれて気持ち良く歩けました
2日目の内容を記します
2日目は、23キロの樽見駅から南へ下り、昨日通った
根尾谷地震断層観察館を経て戻り、淡墨公園から
北へ回って、うすずみ温泉から樽見駅に戻るコースと
12キロの北回りのみのコースです
昨年までは、温泉コース(北)と断層コース(南)の
2つあったコースが、北だけになったようです
GPSの軌跡です
20170319

2日目は大垣駅から樽見鉄道に乗車して、終点の樽見駅まで
乗車しますが、始発の7時11分でないと間に合いません
元は国鉄樽見線でしたので、券売機も改札もJRと共用です
ホームは6番線からの発車となります

6番線には2両編成で停車していました
CCNetのラッピングがされたハイモ295-617は
元は三木鉄道を走っていたミキ300-105でした
Dsc02001

樽見側の黄色い車両はハイモ230-313で
現役車両では最古参で、唯一の昭和生まれです(昭和63年)
平成30年12月で引退が決定しており、普段は予備車で
指定された土日に運用に入ります
昨日も含めて、特別に運用に入っていたようです
Dsc02002

乗車すると空いている席もあり8割ほどの乗車率でした
1時間10分ほど乗車して、樽見駅に到着しました
鉄道は本数が少ないので、車で参加されている人が多いようです
その中に北九州のM夫妻がワンちゃんを連れて参加されていました
Dsc02008

時間になり、表彰式、出発式、準備運動が行われました
参加人数ですが、昨日は1,500名、今日は350名と
言われていたように思います
昨日はランニングの人が多かったし、2日間参加する人も
限られているのかもしれませんね
Dsc02007

本巣市のゆるキャラ「もとまる」くんです
Dsc02012

本巣市の教育長さんのピストルの合図で9時にスタートです
23キロ、12キロの順で出発します
Dsc02013

駐車場の所でスタートのシールを受取り、国道418号線を南下します
Dsc02015

国道157号線に合流して、南へと歩いて行きます
しばらくは団体歩行です
Dsc02016

しばらくして自由歩行となり、前後に参加者が広がります
山沿いに歩くので、太陽が当たらず、少し寒いです
Dsc02017

根尾水鳥にある水鳥団地です
「無償譲渡中 本巣市」の看板が立っています
Dsc02018

移住・定住を促進するために、一定の条件を満たせば
宅地が無償分譲されるようです
「水鳥団地を無償で譲渡します」

折返しの高尾中央橋が見えてきました
Dsc02019

橋を渡る前は地震断層観察館まで3キロの表示
Dsc02020

橋を渡ると地震断層観察館までが2キロの表示とワープします
Dsc02025

橋の上から北方向を見ると、参加者が続いています
Dsc02024

昨日もチェックポイントだった地震断層観察館は
今日もチェックポイントで、シールを受取って先を進みます
Dsc02027

この手前で、福井のFさんの声援を受け、写真を撮って頂きました
昨日歩いて、足の調子が悪くなり、今日は断念されたそうです
どうぞ無理されず、治療に専念下さい

この地震断層観察館は、明治24年に起きたマグニチュード8.0とされる
濃尾地震で、震源地となった旧根尾村に出現した国指定特別天然記念物の
根尾谷断層を保存展示しています
Dscn0565

外の道路にもその断層が露出しています
P3180414

昨日、子供たちが声援を送ってくれた家には
メッセージが残っていました
Dsc02030

Dsc02031

ここでコースは左手の坂道を上って行きます
Dsc02033

坂道を上ると、丁度、列車が橋を渡って行きました
Dsc02034

ここからは林道を歩いて行きます
Dsc02035

長い上り坂が続きます
Dsc02036

「クマ出没!」の看板も立っています
Dsc02037

上りきると根尾川が見渡せました
Dsc02038

今度は河原近くまで、下り坂が続きます
Dsc02039

最後は淡墨公園の駐車場に出て、最後の坂道を上り
淡墨公園まで上がりました
淡墨桜の全景です
Dsc02043

時間は10時30分、半分位の距離でしょうか?
後半の北回りへと進みます
反対側の下り道に下りる所で能郷白山が見えました
Dsc02045

駐車場を抜けて、淡墨橋を渡り国道157号線を北へ歩きます
Dsc02046

根尾中学校の所で左折して根尾西谷川を渡ります
Dsc02071

Dsc02048

川の水はとても綺麗です
Dsc02049

大井の殿屋敷の石柱と案内板
戦国時代の根尾の土豪 根尾右京亮の館跡
Dsc02050

火薬庫のような施設があります
Dsc02052

日陰には除雪した雪が残っていました
Dsc02053

道は上り下りして、いくつかの集落を抜けて北へ進みます
折返しの矢印が見えました
Dsc02058

右折して坂を下り、橋を渡ります
Dsc02059

橋を渡り、矢貼りの誘導で集落に入ると
目の前に大きな杉の木が見えてきました
素盞嗚(すさのお)神社の「長嶺の大杉」です
Dsc02061

杉の手前で、細い道を通り国道に戻ります
誘導スタッフの人に、前を歩く参加者が「温泉までどの位?」と
聞いていましたが、「あと3キロぐらい」と答えてました

しかしすぐに「0.8キロ」の標識がありました
多分、ゴールまでと勘違いしたのでしょうね
Dsc02062

国道から左折して、坂を上ると「うすずみ温泉四季彩館」に到着
Dsc02065

こちらが北回りのチェックポイントです
Dsc02066

駐車場の奥にある「道の駅 うすずみ桜の里 ねお」
予約してスタート前に受取った「おにぎり弁当」を頂きました
みっちりと詰まった、おにぎりが4個です
「本巣のさんぽ」の小冊子13ページの「おにぎりのユリ」だと思います
Dsc02067

時間は11時45分、残りは4キロ弱なので40分位
12時過ぎに出発すれば、十分に間に合うと思いました

食べ終わる頃に、涼歩さんご夫妻が到着されました
さらに花火さんの御主人も到着されました

会社への土産を買っていたら、12時5分過ぎの再スタートでした
国道157号線に戻り、南へと進みます
Dsc02068

途中、右手に「根尾谷断層」の案内看板があります
Dsc02069

非常に分かり易い「横ずれ」断層です
(写真は過去のものを引用)
P3190462

北方警察署 根尾警察官駐在所の所で
誘導で左折して、集落の中の道へと進みます
Dsc02072

根尾小学校を下に見ながら直進して
坂を下ると、根尾東谷川に架かる市場橋を渡ります
Dsc02074

根尾の中心街に入り、酒屋さんらしきレトロな看板のある
民家で右折します
Dsc02075

誘導で左折すると樽見駅が見えました
Dsc02076

反対側に大回りして、12時50分にゴールしました
Dsc02077

ゴールして、IVVやパスポートを受取ったり
着替えたりしていると、列車の出発時間13時24分になりました
最後に乗車する前に、見送りの皆さんを撮りました
Dsc02078
列車が発車すると、旗や手を振って見送って頂けます

2日間、天気が良くて気持ち良く歩く事が出来ました
コースの縮小や廃止、変更もありましたが、頑張って
大会を継続して欲しいですね
実行委員会、スタッフの皆さん、有難うございました

今月はこれで予定は終わりです
次回は4月に開催日が変更になった
「大和路まほろば2dayウオーク」に参加の予定です

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(1日目) | トップページ | 第16回 大和路まほろば2dayウオーク(1日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(2日目):

« 第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(1日目) | トップページ | 第16回 大和路まほろば2dayウオーク(1日目) »