« 第14回 琵琶湖一周9回割ウオーク(3回目) | トップページ | 第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(2日目) »

2018年3月21日 (水)

第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(1日目)

暖かくなり桜の便りも聞かれ始めた
3月17日(土)と18日(日)の2日間は
岐阜県本巣市を中心に開催されました
「第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク」に参加しました
2日間共に晴天に恵まれて気持ち良く歩けました
1日目の内容を記します
1日目は約1500年前に継体天皇がたどったと言われる
愛知県一宮市の真清田(ますみだ)神社から
岐阜県本巣市根尾の淡墨桜の公園までの60キロコースです
GPSの軌跡です
20180317map

スタート会場は一宮市の真清田神社です
朝5時半受付開始、6時10分から出発式で6時30分スタートです
1日目のゴール後は、樽見鉄道で大垣駅に戻るのと
2日目の会場も樽見鉄道の終点、樽見駅前が会場ですので
JR大垣駅に宿泊するようにしています
今回も駅前すぐにあるアパホテル大垣駅前に宿泊しました
10階には大浴場・サウナもあるのが有り難いです

3月17日(土)朝、大垣駅5時1分の豊橋行に乗車する為に
ホテルを4時50分に出ました
Dsc01857

真っ暗で風もあり、寒いです
改札口はまだ開いていませんでした
歩友のNさんにお会いしました
Dsc01859

JR尾張一宮駅を降りると、温度計は3度でした
リュックを背負った人が十数人下りましたが皆、参加者でした
その中に、大垣の目立ちたがり夫婦の姿もありました
何年越しかで奥さんを説得して60キロコース初参加との事
(無事にゴール出来たらしいです)
Dsc01860

まだ夜明け前の天文薄明の空、真清田神社に到着です
Dsc01861

境内で受付を済ませて身支度を整えます
寒さは予想してウインドブレーカーをベストと長袖で
2枚重ね着していても、動かないと寒いです
Dsc01863


真清田神社
は7月末の一宮七夕ウオークでも
訪れるので馴染みがありますが七夕まつりの最中で
屋台などで賑やかなので、正反対の静けさです
Dsc01864_2

出発式まで、歩友さんと歓談したり、写真を撮ったり
本巣市地域おこし協力隊の人が故事に倣い
淡墨桜の苗を背負って届けるチャレンジされていました
Dsc01867
(残念ながら富有柿センターで時間切れリタイヤだったようです)

一宮市 中野市長の挨拶で出発式が始まりました
Dsc01870

真清田神社 辰宮司からの挨拶
Dsc01871

コース説明、諸注意等の後、準備体操
Dsc01877

出発の檄で大会旗を先頭にスタートです
Dsc01880

太陽も上り、明るくなった6時30分にスタートしました
県道190号線や旧木曽川町の町内を歩いて北へと向かいます
Dsc01881

木曽川町のマンホール
2005年に尾西市と共に一宮市に編入合併
Dsc01887

50分ほどで籠守勝手(こもりかって)神社に到着です
Dsc01888

Dsc01889

ここでは写真のような桜の花がのった
上用饅頭と熱い日本茶を頂きました
Dsc01890

さらに15分ほど進んで朝食会場となる
一宮市光明寺公園球技場に到着しました
Dsc01896

ここでは、手提げ袋におにぎり2個、バナナ1本
緑茶のペットボトル1本を頂きます
Dsc01897

温かい赤だしの味噌汁も頂けます
おにぎりなどはリュックに、味噌汁をこの場で頂きます
ここで長袖のウインドブレーカーも脱ぎました
東海北陸自動車道越しに138タワーが見えます
Dsc01898

木曽川の堤防道路に上がります
左岸堤防を木曽川橋まで進みます
Dsc01899

岐阜駅前の高層ビルの向こうに
能郷白山の雪山が遠望出来ました
Dsc01900

スタートから約2時間弱で
木曽川橋を渡り、愛知県から岐阜県へ
Dsc01907

木曽川橋を渡ると県道154号線を直進して西へ
視界の参加者も少なくなってきました
Dsc01909

今年は流通センターでは公園から北への大回りが無くなり
直進するコースに変わっていました
突き当りで右折して県道31号線に合流しました
県道を南西方向に進んで長良大橋に向かいます
橋の手前に早咲きの桜が満開でした
Dsc01912

岐阜市のマンホールは鮎と鵜飼の鵜のデザイン
Dsc01911

長良大橋を渡ります 交通量が多いです
Dsc01914

橋を渡って、犀川沿いの桜並木の道を北上します
花見のぼんぼりの準備が出来ていました
Dsc01915

墨俣本陣跡の石碑と常夜灯、木蓮が咲いています
Dsc01916

突き当りが墨俣一夜城です
大垣市のさい川さくら公園として整備されています
Dsc01919

最初のチェックポイントで20キロ地点になります
9時50分の到着で、3時間20分経過、快調です
Dsc01920

太閤秀吉出世の泉
Dsc01921

北側の堤防は今年も工事中のようです
しかも通行出来ないようで、この門から出て西に迂回します
Dsc01922

古い住宅地の中を北へと進みます
Dsc01924

県道23号線で左折して道なりに左に曲がり北上します
朝日大学の所で1本東の遊歩道に入り、さら北へ歩きます
Dsc01927

突き当りで左折すると穂積市役所です
再び県道23号線を歩道橋で渡り、そのまま北上します
Dsc01929

北方町に入りました
Dsc01931

県道23号線(本巣縦貫道路)から
ホームセンターバローの交差点を右折して
百年記念通りへ進みます
Dsc01932

Dsc01934

通りから左折して北方町旧庁舎前へ
商店街のような所を北へと抜けて行きます
ほぼ30キロ地点、半分来ました
11時半、5時間、時速6キロペースです
Dsc01935

春日神社まで来れば、富有柿センターはもうすぐです
ペース的には昨年と同じくらいで歩いています
Dsc01936

今年も、富有柿センターの手前で正午になりました
12時5分に富有柿センターに到着しましたが静かです??
どうもチェックポイントが変更になっている様子です
Dsc01939

今年は地図が冊子になっており携帯に不便でした
外側のチェックポイントでもらうシールの台紙だけ外して
携帯していたので、地図を全く見ていませんでした
いつもは変更が無いのか、一通り目を通すのですが・・・

道の駅富有柿の里で国道157号線に合流
北へと歩きます 途中に淡墨街道の標識があります
Dsc01940

樽見鉄道本巣駅方向には曲がらず国道を直進する案内
Dsc01941

昨年のコースで通った樽見鉄道を越す陸橋と
住友大阪セメントの工場が遠望出来ます
コース変更で、お寺での甘茶のおもてなしがありません
Dsc01942

根尾・谷汲山の案内標識、淡墨桜まで24キロの表示
Dsc01944

道の駅 織部の里もとすに到着しました
Dsc01946

安土桃山時代の茶匠 古田織部生誕の地です
Dsc01947

道の駅が2つ目のチェックポイントでした
Dsc01948

道の駅を出て国道を進みます
気温は13度の表示、歩き易い気温です
先に見えるトンネルの手前で国道から里道へ階段を下ります
Dsc01950

集落を抜けて、昨年までのコース県道40号線に合流
歩道が無く、白線だけなので車に注意して歩きます
Dsc01953

根尾川の流れが見えるようになります
Dsc01954

樽見鉄道 木知原(こちぼら)駅前にある
(株)パールマネキン 商品センターは建物が新しくなっています
でも、岩山のマネキンは健在でした
Dsc01955

国道157号線に合流して歩いて行きます
この先の谷汲山大橋を渡る為に信号を右折します
Dsc01956

信号の所でゴールまであと20キロです
13時22分、40キロを7時間で歩いてきました
Dsc01957

根尾川を渡って左岸から右岸へ
本巣市から揖斐川町に入ります
Dsc01960

橋を渡ってすぐ右折します
民家を抜けると杉林の道になります
Dsc01962

県道255号線を北へと歩きます
長瀬、沖野、高科の地区を抜けると
誘導スタッフの案内で右折して橋を渡ります
Dsc01964

橋の上から見る根尾川の川幅は狭くなっています
橋を渡ると樽見鉄道 鍋原(なべら)駅の踏切があります
コの字型にUターンして、国道157号線に合流します
Dsc01965

国道の合流点が鍋原ポケットパークです
13キロコースのスタート地点です
救護車のマイクロバスが巡回しています
気温は11度で、日陰になるとヒンヤリしてきます
Dsc01966

谷間を繋ぐ大きな日当大橋が見えてきました
Dsc01968

橋を渡り、トンネルの手前で右折して旧道へ迂回します
Dsc01969

樽見鉄道 日当駅です
Dsc01971

3つ目のチェックポイントです
コースはここで左折して県道255号線に進みますが
災害で通行止めの為、直進して国道157号線(旧道)を進みます
Dsc01972

「坊主落し」の由来の地
Dsc01974

Dsc01975

国道から左に下って行くと中部電力 金原ダムがあり
根尾川の水が勢いよく流れています
Dsc01977

県道255号線を進み根尾の高尾地区まで来ました
いつも私設のおもてなしがあるお家が見えてきました
Dsc01979

熱いお茶と、いろいろなお漬物や梅干し、焼き芋や
じゃがいもなどがあります
Dsc01980

4つ目のチェックポイントは根尾谷地震断層観察館
16時20分、残り3キロを切っているので17時までには
ゴール出来そうです
Dsc01982
※根尾谷地震断層観察館は2日目で詳しく書きます

赤い開運橋で根尾川を渡ります
Dsc01984

日が西に傾いて、谷間は薄暗くなりますが
能郷白山は雪が輝いて見えています
Dsc01985

開運橋を渡り、国道157号線手前の道を
誘導スタッフに従い、家並みの中を進んで
突き当りの坂道を吊り橋へと下りて行きます
Dsc01988

この吊り橋、結構揺れます
Dsc01990

吊り橋を渡ると淡墨公園の駐車場
最後の難関、急な坂道が続きます
Dsc01991

最後の坂が見えてきました
この坂を上るとゴールの淡墨公園です
Dsc01992

16時55分、60キロゴールしました
Dsc01993

ゴールで完歩証に金色のシールをもらいます
Dsc02091

Dsc02089

完歩記念品はステンレス製マグカップでした
Dsc02096

Dsc02097

ゴールでのおもてなしは「ちゃんこ鍋」か「ぜんざい」でした
Dsc01995

ちゃんこ鍋に豆板醤をたっぷりのせて頂きました
Dsc01994

ゴールでは、久しぶりの歩友さんにお会い出来ました
山あいは日が陰ると、気温が下がりますので
ウインドブレーカーを着こみます
18時1分の樽見鉄道に乗車する為、お先に会場を失礼しました

18時1分の樽見鉄道は2両でしたので座って帰る事が出来ました
Dsc01997

大会関係者やスタッフの皆さん、有難うございました
参加された皆さん、お疲れさまでした

制限時間12時間での60キロは厳しいですね
時速5キロをキープしないと時間内ゴール出来ません
単純に100キロ換算すると20時間以内になりますので
100キロの方が、時間を考えると余裕があるので楽に感じます

ところで、コースでの距離表示の看板が
今までの桜のデザインで綺麗なのがあったのは
どうしたんでしょうね?
P3180413

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第14回 琵琶湖一周9回割ウオーク(3回目) | トップページ | 第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

マサさん こんばんは
今回は天気が良く、ウオーキング日和でした
コースを縮小して、スタッフを減らしたのかも
今度の週末のまほろばは参加されますか?
また、お会い出来るのを楽しみにしています!!

投稿: hiroyuki23 | 2018年4月 1日 (日) 21時09分

天気がよくて何よりでした!
毎年参加してると前回までの違いが気になってしまいますねえ…
久しぶりの歩友さん、お元気でしたか???自分も会いたかったなぁ。

投稿: マサ | 2018年4月 1日 (日) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(1日目):

« 第14回 琵琶湖一周9回割ウオーク(3回目) | トップページ | 第21回 早春淡墨桜浪漫ウオーク(2日目) »