« 第14回 琵琶湖一周9回割ウオーク(2回目) | トップページ | 第20回 こばやし霧島連山絶景ウオーク(1日目) »

2018年3月 1日 (木)

第20回 こばやし霧島連山絶景ウオーク(せっかくウオーク)

今年初めてのウオーキング遠征です
2月23日(金)~25日(日)の3日間は宮崎県小林市で
開催されましたウオーキング大会に参加しました
第20回となる「みやざきツーデーマーチ」は
小林市での開催が今回で6回目となります
私は昨年初めて参加して、今回は2回目の参加です
昨年と同様に「せっかくウオーク」から参加しました
とりあえずGPSの軌跡です
20180223map

せっかくウオークの内容の前に交通アクセスについて
今回は、JALのウルトラ先特を利用しました
本来であれば宮崎空港経由ですが鹿児島空港経由です

せっかくウオークはJR宮崎駅より送迎バスがあります
しかし、このバスはJR宮崎駅の出発が8時30分です
伊丹発の宮崎行は、1番機でも宮崎空港着が8時30分で
送迎バスの時間には間に合いません
また宮崎カーフェリーの利用も、宮崎港入航が8時40分で
同じく間に合わないのです
昨年は、再開した大阪からの高速バスを利用しましたが
12時間以上の乗車は流石に疲れましたのでパス

今回は早々に参加を決めていましたので、ウルトラ先特で
交通費が一番安い(クラスJで9,700円)こともあり飛行機にしました
伊丹からの一番機は鹿児島空港に8時25分に到着します
Dsc01264

鹿児島と宮崎を結ぶ都市間高速バスのはまゆう号が
鹿児島空港を9時3分発なので、乗り継ぎに間に合います
高速バスは小林インターに9時51分到着です(WEB割引1,030円)
JR宮崎駅を出発した送迎バスは10時10分に小林インターを
経由して、乗車出来ますので、間に合います
Dsc01284

こうして無事せっかくウオークの会場である
「すきむらんど」に到着することが出来ました
Dsc01290

会場に到着すると、すぐに受付を行いました
受付では地元の名産品などを頂きました
Img_3650

昼食の弁当と、振る舞いの豚汁、焼き栗を頂きます
お弁当は、すきむらんどでの手作りでした
Dsc01287

Dsc01288

昼食後、時間がありましたので園内を散策します
小野湖に架かる「大吊り橋」です
歩道橋としての斜張橋では日本一の高さ155mあります
Dsc01301

あとでウオーキングで近くまで行く「ままこ滝」です
Dsc01292

焼き栗はスタッフの方が、どんどん焼いてくれます
Dsc01302

須木地区は「栗」の産地で、冷凍保存していたのを
提供して頂いていました 天津甘栗とは違って
ホクホクした少しねっとりとした食感で美味しかったです
Dsc01303

ほどなく「出発式」が始まりました
Dsc01308

一般の参加者だけでなく、須木小学校、中学校の生徒も
一緒に参加しています(合せて180名の参加者)
Dsc01312

諸県弁ラジオ体操、コース説明・諸注意があり
スタート印をもらって、約7キロのウオーキング開始です
Dsc01313

先ほどの大吊り橋を渡ります
Dsc01314

吊り橋を渡ったところの運動公園から
茅葺の宿かるかや方面へと歩いて行きます
お天気も良く、暖かい穏やかな天候です
Dsc01317

かるかやに到着しました
ゆず湯のサービス&チェックポイントです
Dsc01319

かるかやの中を覗きます
今年も雛飾りがありました
Dsc01320

障子に「ままこ滝の伝説」が書かれています
障子の順番がずれています、中>右>左の順です
伝説内容は、さきほどのリンク先を参照下さい
Dsc01321

コースに戻って、復路を歩きます
復路は急坂なので、小学校低学年はかるかやまで
下りて来ないで、分岐点でゴールです
一般参加者も無理せず、分岐点で折り返しOKでした
Dsc01324

来た道を戻って行きます
Dsc01326

運動公園を過ぎて直進し、さらに下って行きます
途中、誘導に従い左折して田畑の中を歩きます
Dsc01327

すきのマンホールです
旧須木村のもので、村の木ゴヨウマツ、
村の花レンゲツツジ、村の鳥青鳩のデザインです
Dsc01328

集落の中を上って行きます
この住宅は昨年も「売」の看板が出ていました
Dsc01332

「ままこ滝」の展望台へ寄り道します
大吊り橋を横から見られます
Dsc01333

展望台から見た「ままこ滝」ですが
木が邪魔しています
(昨年はもっと見えていたような??)
Dsc01336

ぐるっと一回りして会場に戻りゴールです
1時間ほどでした
Dsc01286

完歩証です
Cci_000188

送迎バスで小林市文化会館まで
送ってもらいました
小林市の職員や、すきむらんどのスタッフ
地元の皆さん、お世話になり、有難うございました

昨年もそうでしたが、ホテルまでの路線バスが
1時間に1本で、15時20分のバスに間に合わず
次は16時50分まで1時間半待つことになりました
Dsc01339

新しく完成した観光案内所と宮崎交通の営業所で
時間を潰して待ちバスに乗車してホテルへと向かいました

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第14回 琵琶湖一周9回割ウオーク(2回目) | トップページ | 第20回 こばやし霧島連山絶景ウオーク(1日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第20回 こばやし霧島連山絶景ウオーク(せっかくウオーク):

« 第14回 琵琶湖一周9回割ウオーク(2回目) | トップページ | 第20回 こばやし霧島連山絶景ウオーク(1日目) »