« 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(番外編) »

2017年11月19日 (日)

第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(3日目)

11月3日~5日の3日間、埼玉県東松山市を中心に
開催されました「日本スリーデーマーチ」に初参加しました
11月5日、3日目です
「都幾川・千年谷公園ルート」になります
40キロコース(実距離38キロ)を歩きました
南西方向に、嵐山町、ときがわ町、越生町、鳩山町を回ります
昨夕の雨は通り雨で、夜半には晴れて
放射冷却で、気温が下がりましたが、昼間は天気が良くて
3日間とも天候に恵まれた大会となりました
GPSの軌跡です
20171105map

40キロは50キロとスタートは同じ時間の6時です
1日目と同じ、始発で会場に向かいます
東松山駅のデッキからの東の空が綺麗でした
Dsc05043

反対側の西の空には月が輝いていました
Dsc05045

出発式が始まります
Dsc05048

日本ウオーキング協会
ウオーキングインストラクターの奥野さんに
ステージから見送って頂けました
Dsc05052

スタートゲートでスタートのシールをもらい
6時5分に最後尾からスタートしました
今日もMさんのワンちゃんのお見送りです
Dsc05054

昨日のコース最後のBOSCHの東松山工場の
北側の道を進み、途中曲がって昨日のコースに出て
逆方向へ歩き、東武東上線の地下道へ
Dsc05055

歩道橋、おため池、関越道の陸橋と歩いて
7時に6キロ地点の唐子中央公園に到着です
Dsc05059

公園では商工祭の準備中でした
祭りを告げる花火の爆発音が鳴り響きます
Dsc05060

公園からは南に回って昨日のコースから離れます
都幾川に架かる神戸大橋を渡ります
並行する水道橋が綺麗です
Dsc05061

橋を渡ると30キロとの分岐地点
直進して30キロへ進まれる参加者がいました
50と40キロは土手の道へと入ります
Dsc05063

このジャージにピカチュウのアップリケ
瀬戸内倉敷ツーデーマーチでお見かけしたような?
Dsc05064

増水で飛び石が渡れないので
柵の無い「くらかけ橋」を渡ります
7時25分 8キロ地点です
Dsc05066

橋を渡り、田んぼの中の道を
朝日を浴びて歩いて行きます
Dsc05067

再び、都幾川を月田橋で渡ります
嵐山町の標識があります
Dsc05070

集落の中を抜けて、畑の中の道へ
前方に昨日通った「国立女性教育会館」が見えます
Dsc05072

都幾川沿いの桜並木の土手へ
入口のトイレの横に大きな石碑
「彩の国 緑の里大蔵 人道振興の地」とあります
Dsc05073

隣に建碑の由来の石碑もありましたが読めませんでした
Dsc05074

嵐山渓谷周辺案内図
昨日は槻川沿い、今日は都幾川沿いですね
Dsc05075

2キロの桜並木が続いています
春に歩いて見たいですね
Dsc05077

三度、八幡橋で都幾川を渡ります
Dsc05078

鎌形八幡神社の境内へ
平安初期の延暦年間に坂上田村麻呂が
宇佐八幡宮の御霊を迎えて祀ったそうです
Dsc05081

本殿への石段を上がります
手前右の社が「木曽義仲産湯の清水」です
Dsc05083

本殿の裏手から境内を抜けて
集落内を歩き、都幾川沿いの遊歩道を歩きます
Dsc05085

8時40分 15キロ地点
ときがわ町 川の広場
この先の遊歩道が、台風で通行止との事で
迂回するとの案内がありました
Dsc05086

新玉川橋を渡って迂回ルートへ
ほどなくして、50キロと40キロの分岐点
左折して、40キロコースに進みます
Dsc05087

すぐに40キロコースのチェックポイント
玉川トレーニングセンターです
中間点のシールをもらいました
Dsc05089

集落内を歩いて行きます
40キロコースへ進む参加者が少なく
前後に人がいなくなりますので道迷いに注意します
「この先通行止」の坂を上ります
Dsc05090

坂の入口に馬頭観音の石碑、お賽銭がありました
Dsc05091

小山の中へと上って行きます
各社の携帯電話のアンテナが建っています
Dsc05093

車止めがあり、舗装道が右に折れています
先行していた参加者が道なりに右へ
しかし地図は直進なので、よく見ると車止めの
左端にコース案内板がありました
薄暗くて、気付きませんでした
右に行かれた参加者を呼び返して直進します
Dsc05094

また突き当たりで、今度は右下への山道へ
Dsc05095

どんどん下っていきます
Dsc05096

地図にある「高野倉ふれあい自然公園」は
全く分からず(後で駐車場の広場と知る)
町道に出て、左へと進みます
古い石碑がありますが、詳細不明
Dsc05097

Dsc05098

50キロコースと合流して里道を進みます
Dsc05100

9時50分 22キロ地点
鳩山町中央公民館に着きました
30キロコースと合流します
Dsc05104

駐車場から抜けて鳩川に架かる
竹之城橋を渡り土手を歩きます
Dsc05105

土手から山の中の道へ進みます
コース案内板に従い、木陰の道へ
Dsc05107

住宅街の中に入ってしばらく進むと
地図にもある天体ドームのある家があります
Dsc05109

気配を感じたら猫がいました
Dsc05110

急坂を下り、左に曲がると
木の実が一杯の歩道で、バリバリ踏み音が
Dsc05111

川越観光自動車の鳩山ニュータウンのバス停から
信号を渡り、路地を抜けて、左へ長い坂を上ります
Dsc05112

東京電機大学鳩山キャンパス
坂道は、まだまだ続きます
Dsc05113

坂を上りきると東京電機大学理工学部
学園祭の最中でした
ここで20キロコースと合流します
Dsc05117

スコットランドのバグパイプを演奏している人が
Dsc05118

今度は急坂を下って行きます
前に加古川ツーデーマーチの旗が見えましたが
追い付けませんでした
背中にワンちゃんを背負う参加者がいました
Dsc05120

11時15分 29キロ地点
千年谷公園に着きました
Dsc05121

チャリティ募金で豚汁が提供されてました
気持ちを寄付して食券と交換
Dsc05123

熱々の豚汁を頂きます
Dsc05126

豚汁は東松山学校給食センターで
調理したのを、運んできて提供されているようでした
Dsc05128

グランドでは東松山市民俗芸能祭が
行われていていました
Dsc05132

50キロ、40キロ、30キロ、20キロの
参加者が通るので、大勢の人が休憩してました
Dsc05134

ユニークな遊具の「かきのき公園」
Dsc05135

虹の橋の手前に歓迎の横断幕
Dsc05137

住宅街の中を進んで行きます
Dsc05139

歩道に彫刻が並んでいます
Dsc05141

Dsc05142

関越道の陸橋を渡ります
Dsc05143

彫刻は「高田博厚の作品」でした
高坂駅から1キロの両側の歩道に32作品あります
Dsc05144

東武東上線 高坂駅を西口から東口に抜けます
Dsc05150

新興住宅地の緩やかな坂を下ります
Dsc05152

高坂の七清水の案内板がある
せせらぎ緑道へ入ります
Dsc05153

Dsc05155

都幾川の土手に上がります
Dsc05158

国道407号線バイパスの
新東松山橋を渡ります
12時20分 約33キロになります
Dsc05160

歩道に大勢の参加者が見えます
Dsc05162

信号で左へ入ると
野本かかし祭コンテストの立て看板
Dsc05165

案山子がたくさん並んでいます
Dsc05166

Dsc05167

上野本第一集会所では
案山子とアラレちゃんの呼込みと声援
Dsc05170

魔界の闇市???
Dsc05171_2

前方から大勢の人が合流してきて
身動きが取れなくなりましたが
集団は、パレードに参加する人でした
Dsc05174

東松山駅前の通りまで来ました
Dsc05175

メインストリートは通行規制が始まり
イベントの準備が進んでいました
だんじりも出ていました
Dsc05178_2

消防音楽隊のコンサート
Dsc05182

高校生のコンサート
Dsc05183

13時15分にゴールしました
Dsc05184

ゴール後、パスポートの受取や
歩友さん達と歓談、パレードや完歩式典を見て
帰宅の途につきました

3日間のお天気と大会関係者、ボランティアスタッフの
皆さん、本当に有難うございました
歩友の皆さん、3日間お疲れさまでした

長文になりましたので、番外編をこのあと書きます

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(番外編) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(3日目):

« 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(番外編) »