« 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(番外編) | トップページ | 第28回 加古川ツーデーマーチ(2日目) »

2017年11月20日 (月)

第28回 加古川ツーデーマーチ(1日目)

1週間遅れです
11月11日(土)と12日(日)の2日間は
加古川市を中心に開催されました
第28回 加古川ツーデーマーチに参加しました
2006年11月に日本ウオーキング協会の公式大会に
参加した初めての大会になります
また今回は9回目で、一番参加回数の多い大会です
今回の参加記念バッチです
Photo

大河ドラマで黒田官兵衛・光姫が放送された時は
ゆかりの地ということでしたが、最近は棋士のまちで
押しておられます
Img_3098

1日目は東南コースで40キロ(36.16キロ)を歩きました
GPSの軌跡です
20171111map

会場は加古川市役所になります
40キロコースは6時受付開始で、7時15分スタートで
7時45分までにスタートすればOKです

自宅から頑張れば、当日移動で間に合いますが
早起きが苦手なので、毎回前泊しています

ホテルから会場の市役所に向かいます
メインストリートには大会の幟が風に揺れています
Dsc05205

福岡のM夫妻がワンちゃんと参加していました
Dsc05206

Dsc05207

昨晩、山ちゃんさんに大会参加セットを
渡してもらった時に、サプライズがありますよと
言われましたが、コース部会のテントでビックリ!
歩友の中西さんが40キロのコースリーダーでした
Dsc05210

集まってきた歩友さんも、皆、驚いていました

出発式が始まりました
古谷稲美町町長の挨拶です
Dsc05211

今日の40キロのコースは大会支援町の
稲美町と播磨町を通ります

237さんとわんわん応援隊のくぅちゃんが
参加しています
Dsc05213

さてスタートです
東京から参加された高速ウオーカーの
Mさんと一緒です
Dsc05218

山ちゃんさん達のお見送りを受けます
Dsc05221

スタートゲートでスタート印を押してもらうのに混雑中
Dsc05223

スタートして加古川駅方向に進み、途中から右折して
加古川バイパスと東播磨南北道路のジャンクションへ
Dsc05225

ジャンクションのそばにある卸団地が
最初のチャックポイントです
Dsc05227

大会の時は卸団地まつりが開催されてます
時間が早いので、まだ準備の最中です
Dsc05228

大会のコース誘導や安全確保は
地元の消防団の方々が分担しています
Dsc05229

卸団地を抜けて、東播磨南北道路(県道18号線)の
高架沿いの県道148号線を歩いて行きます
Dsc05230

加古川市指定文化財の「平木橋」です
水路橋で、大正4年(1915)に建造されました
Dsc05231

神野ランプで20キロコースと分岐します
Dsc05236

皿池をぐるっと周回しました
Dsc05237

東播磨南北道路の高架下を横断して
進むと福留公民館に出ました
湯茶サービスがあります
Dsc05240

しばらく田畑の中の道を歩きます
雲間から太陽が出てきました
Dsc05243

「ため池」と「コスモス」のまち
稲美町コースの始まりです
Dsc05244

消防団の消防車
Dsc05245

台風で散ったのかコスモスは寂しい感じです
Dsc05246

中新田公会堂の湯茶サービス
Dsc05253

公会堂の横の土手を上り「茨池(いばらいけ)」
日本一ため池の多い兵庫県(47,596ヵ所)
その中でも稲美町に密集しています
Dsc05255

茨池(右)、茨新池(左)の真ん中を歩きます
Dsc05257

池には太陽光パネルが浮いています
Dsc05258

稲美町のマンホールは、町章を中心に
町の花「コスモス」を全体に散らしたデザインです
Dsc05259

「興農 稲美の郷」の石碑
Dsc05261

県内最大の貯水量をもつ「加古大池」の横を通過
Dsc05263

県道から右に逸れて
長府池と満溜池の間を歩きます
Dsc05266

再び県道へ戻り切通しの坂を上ります
Dsc05267

いなみ野体育センターで
湯茶サービス
Dsc05268

県道を逸れて、田畑の中の道を進みます
Dsc05269

途中の集落で、ワンちゃんポリスがいました
Dsc05271

県内最古のため池「天満大池」です
施設を通過した参加者と交錯します
Dsc05272

10時15分 16.5キロ地点
JA兵庫南農産物直売所
にじいろふぁ~みんに着きました
Dsc05273

チェックポイントです
Dsc05275

ここで稲美町の通過記念バッチをもらいます
Photo_2

かまどプロジェクトin天満大池で
炊き立て御飯のおもてなしがありました
Dsc05276

おいしんごはんを食べよう県民運動のふりかけ
Dsc05277

兵庫のりも頂けました
Dsc05278

天満大池の真ん中には弁財天が祀られています
Dsc05282

築造は大和時代後期である675年(白鳳3年)頃と推定され
兵庫県下で最も古いため池です
池には絶滅危惧種に指定されているアサザが自生しています
Dsc05283

消防団の消防車(みんな新しいですね)
Dsc05285

天満神社、七五三で参拝者が多い
Dsc05286

だんだんと天気が良くなってきました
Dsc05288

天満南小学校横のコスモス
Dsc05291

コスモスの隣が梶ヶ池
Dsc05290

集落の中を進むと稲美町コース終了の看板
Dsc05292

40キロコース中間点の看板(18.08キロ地点)
Dsc05293

国道2号線の下を抜けます
Dsc05294

山陽本線の踏切を渡ります
Dsc05295

圓満寺の五重塔が見えてきました
Dsc05296

兵庫県立考古博物館に到着しました
Dsc05297

大中(おおなか)遺跡公園のチェックポイント
11時20分 22.16キロ地点
Dsc05298

Dsc05299

ここでは播磨町の通過記念バッチをもらいます
Photo_3

吹奏楽の演奏がありました
Dsc05300

ここは黒豆うどんが名物です
Dsc05302

隣の播磨町立郷土資料館には
別府(べふ)鉄道の機関車と客車が展示しています
Dsc05306

Dsc05307

Dsc05308

別府鉄道土山線の跡を利用した
道路を歩いて行きます
Dsc05309

途中、明姫幹線(国道250号線)を
歩道橋で渡る為に迂回します
Dsc05310

山陽電鉄別府駅の手前で
新幹線と山陽電鉄の高架を抜けます
この山陽電鉄高架下の道も
別府鉄道野口線の廃線跡です
(遊歩道になっており、20キロコースの一部です)
Dsc05312

浜の宮公園で20キロ、10キロコースと合流です
Dsc05318

浜の宮公園チェックポイント
12時20分 28.11キロ地点
Dsc05321

ここでは「元気なべ(豚汁)」のおもてなしです
Dsc05322

元気なべの食材は加古川の農産物を使用
Dsc05324

いただきます
Dsc05325

浜の宮公園を抜けて、浜宮天神社
Dsc05327

集落内の道を進んで
尾上神社の境内を抜けます
Dsc05329

境内を裏から抜けて、山陽電鉄の
踏切で20キロコースのみ分岐します
40キロと10キロは左折して進みます
途中、廃止された国鉄高砂線尾上駅の記念碑
Dsc05330

空模様が怪しくなり、雨が降ってきました
すぐに止みましたが

崎宮神社のチェックポイント
13時10分 32.03キロ地点
Dsc05331

崎宮神社の境内へ
Dsc05332

さあ、お楽しみの「お餅」と期待して
境内に進むと、静かです
なんとお餅は食中毒回避で中止!?
物凄く期待しただけに残念です
Dsc05333

山陽電鉄の歩道橋で声援してくれた
お年寄りの皆さん、今回はいませんでした
Dsc05335

明姫幹線(国道250号線)を歩きます
2月の近笑会100キロウオークを思い出します
Dsc05336

新成人記念事業の幟を持つ参加者
Dsc05337

鶴林寺に到着しました
Dsc05339

境内を抜けると甘酒のサービス
Dsc05343

Dsc05344

ここでも吹奏楽の演奏が行われてました
Dsc05345

参道を抜けて、最後の歩道を歩きます
Dsc05346

14時4分 無事にゴールしました
ゲート前では、山ちゃんさんがお出迎えしてました
Dsc05347

ゴール後、歩友さんたちと歓談
三々五々解散でホテルへ戻りました

大会関係者、ボランティアスタッフの皆さん
有難うございました
コースリーダーの中西さん、お疲れさまでした
分刻みのタイムスケジュール、大変だったと思います

歩友の皆さん、お疲れさまでした
明日も40キロコースを歩きます

駄文・長文を最後まで見て頂いて有難うございました
にほんブログ村のランキングに参加しています
アイコンをクリックして頂ければ、励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(番外編) | トップページ | 第28回 加古川ツーデーマーチ(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第28回 加古川ツーデーマーチ(1日目):

« 第40回記念大会 日本スリーデーマーチ(番外編) | トップページ | 第28回 加古川ツーデーマーチ(2日目) »