« 第26回 天橋立ツーデーウオーク(1日目) | トップページ | 「行橋~別府100キロ」大会参加準備中です »

2017年10月 4日 (水)

第26回 天橋立ツーデーウオーク(2日目)

10月1日に参加しました
「天橋立ツーデーウオーク」の2日目です
昨日同様に、少し早いのですが同じ時間の
路線バスで会場に移動しました
会場横の駐車場で、加古川ツーデーマーチの
宣伝隊長やまちゃんさんにお会いしました
今朝は放射冷却もあり12度まで気温が下がった様子
高速も山間部は濃霧で、前が見えなかったとか
今回の大会バッチです
Cci_000144

GPSロガーが、バッテリー切れでした
昨日、ゴールしてデータを保存後、電源を切るのですが
どうも切り忘れていたようで、電源が入りません
なので、GPSの軌跡がありません

2日目は23キロコースで、スタートは昨日よりも
1時間遅い9時になります
荷物を預けに宮津会館に入りました

1階ロビーには天橋立の「小女郎の松」の
切り株が展示してありました
Dsc00098

平成11年に、雪で倒れたそうです
「小女郎」は民話に出てくる狐の名前だそうです
Dsc00099

その隣には「細川ガラシャ」の立像があります
父の明智光秀と共にNHKの大河ドラマ化を推進しているそうです
Dsc00100

さて、出発式の前に近畿マーチングリーグの表彰式があり
続いて、出発式がありました
Dsc00101

今日のゆるキャラは「たぁくん」と「ガラシャちゃん」です
全然回りが見えない様子で、誘導が無いと移動出来ません
なんとか二人並ぶことが出来ました
Dsc00105

準備体操、檄でスタートしました
昨日同様、スタートゲートでスタンプを押してもらいます
やまちゃんさんのお見送りです
Dsc00106

今日は会場から西方向へ、天橋立へ向かいます
雲が増えてきましたが、良いお天気です
Dsc00108

スタートして1キロほどで遊歩道に入りますが
すでに先頭集団と、ちゅうさんが先行しています
Dsc00111

水路沿いの遊歩道を進みますが
柵がないので、落ちそうで怖いです
Dsc00112

天橋立の回転橋「小天橋(廻旋橋)」が見えてきました
Dsc00115

日本三景碑があります
丹後天橋立、陸奥松島、安芸厳島ですね
東松島国際ツーデーマーチが終了して
日本三景をツーデー大会では回れなくなりました
Dsc00117

約350年前に、当時の儒学者・林春斎が「日本国事跡考」に
「丹後の天橋立、陸奥の松島、安芸の宮島を日本三景」(日本三処奇観)と
書いたのが始まりと言われています

特別名勝 天橋立の碑
年代別に何か所かに立っています
Dsc00118

日本の道100選の碑
Dsc00119

松並木の中を歩いて行きます
Dsc00120

なんとかの松がたくさんあります
今回は「双龍の松」のモニュメントです
Dsc00128

全国健称マラソン発祥の地碑
「健称マラソン」は,60歳以上の高齢者のみを対象とする
ユニークなマラソン会で,高齢化社会において
老人の健康・体力を維持することを目的に,1971(昭和46)年に
小谷静雄氏の提唱により,全国健称マラソン会(略称ZKM)が発足した
Dsc00129

阿蘇海を望みます
この阿蘇海を、これから一周します
Dsc00130

今年はコースとチェックポイントが変更になり
府中公園に寄らずに、真っすぐケーブル・リフト乗り場へ
進んで行きます
観光船乗り場の天橋立一の宮駅
Dsc00131

9時55分 丹後一之宮 元伊勢 籠神社
Dsc00132

傘松公園にケーブルカーかリフトで上ります
ゼッケンで乗車賃は無料です
リフトに乗りました
Dsc00138

リフトを下りると、階段に「かさぼう」の石像
Dsc00141

毎回、上って来た時は薄曇りで視界がぼやけてます
股のぞきの雰囲気を感じて下さい
Dsc00142

昨日のコースで、迂回した魚っ知館への道が見えます
丁度、山と山の間の平坦なところを道があります
Dsc00143

石段を上って傘松公園の展望台へ
1つ目のチェックポイントです
Dsc00144

さあ、本日のメーンイベントです
成相寺までの1キロの坂道を歩きます
Dsc00145

参拝者用のバスがあるので舗装されています
写真では傾斜が分かり難いですね
Dsc00146

そのバスが下りてきました
今年は宮津市の公用車が安全確認で先導していました
Dsc00147

昨日のコースを望みます 高度感が分かりますか?
Dsc00148

1キロ、ずーっと坂道が続いています
Dsc00149

バスですと7分、歩いて15分でした
山門に到着です
バスは、右手から迂回して通過します
Dsc00150

昨日、山の上に見えていた五重塔です(復元)
Dsc00151

西国28番札所 成相寺
参拝する参加者は境内へ、コースは五重塔から車道へ
迷わず車道へと進みました
急な坂道の注意書きです
Dsc00152

自動車もローギアでないと上れない急坂を下ります
膝と前腿に、ガンガン効いてきます
Dsc00153

途中、法面が崩れている所もありました
Dsc00154

10時45分 スタートから10キロ地点
Dsc00155

急坂も終わり、阿蘇海と天橋立、その奥に会場が見えます
Dsc00156

10時55分 府立丹後郷土資料館
2つ目のチェックポイントです
Dsc00157

資料館の下は「丹後国分寺跡」でした
Dsc00161

阿蘇海に向かって、さらに下ります
Dsc00162

阿蘇海周回のサイクリング道を進み
国道へ戻ります
Dsc00163

隣接する与謝野町に入り府道53号線を進みます
阿蘇シーサイドパークの公園です
Dsc00165

岩滝の国道178号線で、阪神タイガースの
糸井選手のユニホームが飾っている家がありました
Dsc00166

何も無かったコースに、コンビニが出来ていました
Dsc00168

早速、ガリガリ君休憩です
Dsc00169

11時50分 15キロ地点を通過します
Dsc00170

国道176号線に合流して、横断
集落に入って、岩滝口駅前です
Dsc00177

12時 3つ目のチェックポイント
吉津地区公民館
Dsc00178

国道に戻って、天橋立方面へと歩きます
途中、国道から遊歩道へ迂回
Dsc00181

知恵の輪灯籠を模った
歓迎の石碑
Dsc00182

かもめ?が飛んでいます
Dsc00183

市営駐車場を抜けて行きます
岸壁には釣り人が大勢いました
Dsc00184

今回宿泊しました天橋立ホテルの別館?
手前のオーベルジュ天橋立
Dsc00185

12時40分 天橋立ホテル前の20キロ地点
Dsc00186

知恩寺の駐車場から日本三文殊のひとつ
知恩寺の境内に入ります
Dsc00187

文殊堂 観光客が多いですね
Dsc00188

門前の土産物通りに出て
朝、来た水路沿いの遊歩道へ進みます
Dsc00189

水路を観光客を乗せたボートが出て行きます
注意しないと、波が遊歩道まで飛んできます
Dsc00190

途中、遊歩道が途切れている所に
「涙ヶ磯(身投げ石)」の案内板
Dsc00192

謡曲「丹後物狂」と文殊堂の案内板
Dsc00193

石碑も建っていますが、参加者は皆さん
ショートカットして行くので、気付いていません
Dsc00194

ゴールの島崎公園が見えてきました
白い3つの屋根が重なっているのが宮津会館です
Dsc00195

ミップル手前の水門に「もうすぐゴール」の案内
Dsc00196

ミップルに寄って、お土産と昼食のおにぎりなど買いました
Dsc00197

13時20分 ゴールしました
Dsc00198

本日の参加者は998名でした
2日間で1,651名(昨年は1,723名)でした
Dsc00199

参加賞のオイルサーデンの箱が積んでいました
Dsc00200

会場で販売していた「ちくわ入りぶっかけうどん」
Dsc00202

しばらく、ゴールした歩友さんたちと話をしながら
帰りの電車の時間が近付きましたので失礼しました

行きは、快速や普通を乗り継ぎましたが
帰りは特急で楽して帰りました
宮津駅に「あかまつ」が停車してました
Dsc00204

完歩証です
Cci_000143

2日間、お天気で気温も良い感じでした
大会関係者、スタッフの皆さん 有難うございました
参加の歩友の皆さん、お疲れさまでした
有難うございました

今週末の6日~7日は
行橋~別府100キロウオークに参加します
5回目の参加です
お天気も、予報では雨の心配も無いようです

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第26回 天橋立ツーデーウオーク(1日目) | トップページ | 「行橋~別府100キロ」大会参加準備中です »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

マサさん おはようございます
2日間お疲れさまでした
近笑会100キロも、同じ日程でたね
朝方には止むようなので大丈夫でしょう
鉄人28号目指して、頑張って下さい!!

投稿: hiroyuki23 | 2017年10月 6日 (金) 08時16分

2日間お疲れさまでした。相も変わらずの日帰り遠征でこちらも大概疲れましたが…
今週末、天気の心配がなくなりよかったですね!って、よく見たらこっちが雨模様になってますやん…
雨にも負けず、風にも負けず、長丁場をお互いがんばりましょう!

投稿: マサ | 2017年10月 6日 (金) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第26回 天橋立ツーデーウオーク(2日目):

« 第26回 天橋立ツーデーウオーク(1日目) | トップページ | 「行橋~別府100キロ」大会参加準備中です »