« 第25回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第6回 きのくに海南歩っとウオーク(2日目) »

2017年5月21日 (日)

第6回 きのくに海南歩っとウオーク(1日目)

5月の20日(土)と21日(日)の2日間は和歌山県海南市で
開催されましたウオーキング大会に参加しました
天候に恵まれましたが、全国的にも季節外れの猛暑となり
2日間暑い中での厳しいウオーキングとなりました
この大会に参加するのは4回目になります
おもてなしが充実している有り難い大会です
和歌山県は和歌山ツーデーマーチ、高野山ツーデーマーチが
開催されなくなりましたので、唯一の貴重な大会となります
それだけにオールジャパン狙いで全国からの参加者があります
まずはGPSの軌跡です
20170520map

GPSでは距離が24.6km、5時間21分でした
歩いた時間は4時間43分、休憩など37分
平均歩速が5.2km/hで、いつもより遅いですね
累積標高が+1,022m、-1,035mでした

熊野古道の藤白坂の山道があったり、海岸線沿いにある
高巻き道のアップダウンがあるので距離の割には厳しい
コースとなっています

早起きして行くのが面倒で、宿泊していましたが
予約し損ねて、2日間とも自宅から往復しました
朝6時27分に新大阪発の湯浅行快速に乗車すると
海南駅まで乗り換えずに行くことが出来ます
Img_2281

この快速は和歌山駅を4時54分に発車する新大阪行の始発です
新大阪駅に6時21分に到着して、湯浅行として折り返します
同じく夜22時44分にも新大阪駅から御坊行の快速が発車します

昔、客車時代に最後尾1両だけ寝台車を付けた普通夜行が
紀勢線を走っていました 寝台車の予約の関係で「南紀」と
名前が付いていました その後「はやたま」と名前を変えて
運転区間も短くなり、電車化された時に新大阪発になったように
記憶していますが、その名残りだと思います
(南紀の時に天王寺から尾鷲まで乗車したことがあります)

8時6分に海南駅に到着、車中はほとんど寝ていました(笑)
失敗したのは、新大阪駅で朝食を買おうとしたら売店が開くのが
6時半で買えなかったのです
海南駅のキオスク改めセブンイレブンで購入している内に
会場までのシャトルバスに乗り遅れましたが、ピストン輸送で
助かりました
Dscn1052

会場に着いて、お会いした歩友さん達に挨拶
受付を済ませて、ゼッケンや地図とか身支度をしていると
9時からの出発式が始まりました
Dscn1053

挨拶、準備運動、激、亀川中学校音楽部の太鼓の演奏でスタートです
(会場の外では、海南中学校吹奏楽部の演奏がありました)
Dscn1061

加古川ツーデーマーチ宣伝隊長のYさんのお見送り
Dscn1063

会場を出て大回りして、野上電気鉄道の廃線跡の
遊歩道を歩いてJR海南駅東口へ
Dscn1065

JRの高架沿いに南へ進んで藤白神社に到着です
ここで1個づつ袋に入った梅干しを頂きました
Dscn1066

藤白神社からは熊野古道の急な山道を登ります
Dscn1067

登り始め右手に「有間皇子」の墓碑
左の歌碑には「家にあれば笥に飯を草枕
旅にしあれば椎の葉に盛る」とあります
Dscn1068

孝徳天皇の子、有間皇子は従兄弟である
中大兄皇子(天智天皇)との皇位継承争いで
19歳の若さで、この藤白坂で殺害されました
その悲しい運命を詠んだ句と言われています

人一人が歩けるほどの山道が始まります
Dscn1069

途中に「筆捨松」の由来説明
Dscn1070

岩が硯のように窪んでいる「硯石」
Dscn1072

Dscn1073

ここを過ぎると、あともう少しで上り坂が終わりです
Dscn1074

Dscn1075

登り切って「地蔵峰寺」に到着しました
Dscn1076

和歌山は「JOINジュース」ですね
オレンジ一切れとジュースのおもてなしです
Dscn1077

登ったら、今度は下りです
みかん畑をながめながら急坂を下ります
Dscn1079

Dscn1080

先行する参加者の姿が、はるか下の道に見えています
Dscn1081

加茂川まで下ってきました
熊野古道に架かる木造の橋があります
Dscn1082

しばらく加茂川沿いの車道を進んで行きます
雲一つない青空、日差しが厳しいです
Dscn1084

誘導に従い車道からみかん畑の山道をまた登ります
Dscn1085

歩いていた車道が、あんなに下になりました
Dscn1086

切り通しで尾根を越え、少し下って谷を回ると
11.5キロ(11:45) 善福院に到着しました
Dscn1089

チェックポイントのスタンプを地図に押してもらい
夏みかんを頂きました
Dscn1091

国道42号線の塩津第一隧道の上を越します
Dscn1092

塩津漁港へと集落内の坂道を下ります
誘導の人が無線で通過人数を連絡しています
Dscn1093

13.6キロ(12:08) 塩津漁港の広場に到着です
Dscn1094

本日のおもてなしメーンイベントの「しらす丼」です
Dscn1095

小さいお茶碗一杯分はあるので昼御飯には足ります
2度目からはお昼の用意をしなくなりました(笑)

電車の音がするので見ると紀勢本線を通る電車が見えました
Dscn1097

しばらく海岸線に沿って戸坂漁港へと歩きます
戸坂漁港からは集落内の階段を上ります
Dscn1098

海を見ると関電の海南火力発電所やマリーナシティが見えます
Dscn1099_2

左手には、和歌の浦周辺が見渡せます
Dscn1100

上の道路に出て、道沿いに進んで「つり公園」に到着
ここでは「かき氷」のおもてなしがあります
ウオーキング大会でかき氷は感動しますよね
Dscn1101_2

2杯頂きました、暑い日には最高です!!
Dscn1104_2

つり公園は道路からはかなり下ったところのようです
Dscn1105

また日陰の無いアップダウンの道を歩いて行きます
Dscn1106

ようやく遠目に下津の湾が見えてきました
Dscn1107

蘇鉄に混ざって、多分、極楽鳥花と思います
Dscn1108

大崎漁港まで急坂を下ってきました
18.7キロ(13:25) げんき大崎かざまち到着です
Dscn1110

浮きを加工した人形がありました
Dscn1111_2

ここもチェックポイントで地図にスタンプを頂きます
おもてなしは寒天、甘夏、かざまち揚げです
Dscn1112

Dscn1113

ここだけコースが往復になっています
戻る時に前から加古川のYさん達が歩いてきました
Dscn1114

大崎漁港を出る所に再び人形たちがありました
Dscn1115

反対側にも
Dscn1116

高巻き道を登って下って下津港へ
紀伊国屋文左衛門の船出の碑です
Dscn1117

下津港をぐるりと回ってJR下津駅前から
少し北へ進んでJRと国道を越える歩道橋を渡ります
Dscn1118

24キロ(14:38) 市民交流センターにゴールしました
朝スタートで会えなかった歩友さんにお会いしました
汗になった上だけ着替えて、休憩しながら歩友さん達を待ちます

帰りは送迎バスで会場に戻らずに
下津駅から帰宅しました
Dscn1119

海南駅で特急くろしおに乗り換えます
チケットレス特急券は終点の新大阪駅まで1,000円です
Img_2282

確実に座れて、乗り換えなしで
ゆっくりと寝て帰れるので楽ちんです

この日、和歌山市の最高気温は25.7度でしたが
ザックの気温計は31度まで上がっていました
湿度が低く、海岸沿いは風もあったので真夏ほどでは
ありませんでしたが、体が慣れていないのできつかったですね

膝の方は、ときおり右膝の半月板の下が
刺すような痛みが出ますが、歩けない程でもないです
それよりも左足首の関節が痛いのに気付きました
普通に歩く時は痛みませんが、不整地を歩く時に
足が捻じれると痛みます
しばらく様子を見ながら歩きます

歩友の皆さん、大会関係者の方々
今日一日有難うございました
明日もよろしくお願いいたします

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第25回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第6回 きのくに海南歩っとウオーク(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

でこさん、お疲れさまでした
足首は大丈夫ですか?
無理しないで下さいね
しかし暑かったです、まだ乾燥しているので
風がある分、助かりました
しらす丼の為に、あの坂を登っているような(笑)

投稿: hiroyuki23 | 2017年5月23日 (火) 00時07分

お疲れ様でした。お会いできよかったです。今年もやはり熊野古道で苦戦しました。おもてなしがうれしいウオ-クですが暑さにバテバテでした。初日同じ電車だったんですね。新大阪からの始発だとすわれるので楽です。昨年からはこのル-トです。二人で参加なんで、毎回海南駅前に宿をとります。私も1日目で珍しく足首痛めてしまい冷却スプレイ使用しての後半の歩行でした。アップダウンが苦手なんで本来なら敬遠するのですがおもてなしがいいので、ついつい歩いてしまいます。(笑)

投稿: でこ | 2017年5月22日 (月) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 きのくに海南歩っとウオーク(1日目):

« 第25回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) | トップページ | 第6回 きのくに海南歩っとウオーク(2日目) »