« 第20回 久留米つつじマーチ(1日目) | トップページ | 第25回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) »

2017年5月15日 (月)

第20回 久留米つつじマーチ(2日目)

もう1ヶ月経ってしまいました(笑)
先月、4月16日(日)のウオーキング大会です
第20回久留米つつじマーチの2日目です
結果から先に書きますと、スタートは40キロコースの
「酒蔵と伝統工芸 城島コース」で出発しましたが
途中の大善寺玉垂宮の20キロコースとの分岐で
コース変更しました
GPSの軌跡です
20170416map

2日目の40キロコースの出発式です
昨日同様に良いお天気です
並んでいる列からは、ステージの様子が見えません
Dsc01776

今日も歩友の皆さんに挨拶して並びます
昨日と同じくスタートしました
Dsc01778

今日は1日目とは逆に公園通りを左折して北へ
福岡のMさん夫妻とワンちゃんのお見送りです
Dsc01779

1日目の帰りに通った百年公園から筑後川の
堤防沿いの道を西へと進みます(西鉄をくぐります)
Dsc01780

堤防沿いのつつじは咲いていました
Dsc01781

Dsc01782

福岡のTさんに説明をしてもらいながら歩きます
筑後川の看板、河口までは28キロ近くあります
Dsc01783

堤防から医大通りを南へと歩きます
久留米大学の正門です
Dsc01784

医学部があるので教授や学生たちが
焼鳥屋で、部位をドイツ語で注文したので
ダルムのような品名が付いたようです

中央競馬で12月のクラシックレース有馬記念の
由来となる有馬記念館・久留米城跡へ曲がります
Dsc01785

久留米城は篠山城とも言われ交差点は篠山城前です
Dsc01786

筑後一国を治めていた田中家の後継ぎが無く断絶
北筑後21万石は有馬 豊が藩主として福知山から転藩します
以後、明治維新まで250年間、有馬氏は久留米を治めます

有馬家15代当主の有馬 頼寧は農林大臣や中央競馬会の
第2代理事長で、競馬の発展と大衆化に尽力した
その功を称え、中山グランプリを有馬記念と改称したもの

久留米の産業と言えば「ブリヂストン」ですね
その久留米工場の通りはブリヂストン通りです
Dsc01789

久留米工場の正門です
Dsc01790_2

しばらくTさんのお話を伺いながら
一緒に歩いていましたが、どうも歩速が上がりません
別の方と話されているのを機会にペースを落としました

JR久留米駅前に出てきました
Dsc01791

ブリヂストンの大きなタイヤのモニュメント
Dsc01792

JR久留米駅の自由通路を東から西へ抜けます
坂本繁二郎の生家
Dsc01793

全国の水天宮の総本山「水天宮」です
てっきり私は東京の水天宮が本山と思っていました
Dsc01794

ここでも、つつじが咲いています
Dsc01795

ここからは田園地帯を南へと進んで行きます
気持ちの良い道ですが、思う様に歩けません
Dsc01796

御塚・権現塚古墳の公園ようです
桜や椿がまだ咲いていました
Dsc01798

公園を抜けた歩道には埴輪のオブジェ
これが無ければ古墳とは分かりませんでした
Dsc01799

チェックポイントの大善寺玉垂宮に到着(11.5キロ 9:40)
Dsc01800

大きな鬼瓦がありました
Dsc01801

本殿には酒樽が並んでいました
Dsc01803

拔河曳橋とよばれた天下の名橋だった神幸橋は、
一本のからかさを開いた姿に似ていたので「傘橋」と
名付けられたが、惜しくも嘉永四年の大洪水で流失した。
境内には当時の石柱を記念塔として残されている
Dsc01804

太鼓の演舞がありました
Dsc01807

さて、境内で休憩しながら考えます
どうも昨日の高良山の急坂の下りで膝の古傷を
痛めたようです 右膝の半月板の裏が痛みます
ここは無理せずに20キロコースへと変更しました

大牟田行の西鉄が走って行きました
Dsc01810

つつじが綺麗に剪定されて咲いていました
Dsc01811

田んぼの畦道がコースでした
大会の幟が無いと道迷いしたかと思います
Dsc01812

JRの鹿児島本線、九州新幹線を越えた
先にある浄水場に架かる水道橋
Dsc01813

国道209号線(津福バイパス)を北上します
チェーン店の大型店が並んでいます
Dsc01814

チェックポイントの久留米商業高校
Dsc01815

高校生のボランティアからスープを頂き
お昼ご飯にしました(食べかけですいません)
Dsc01818

さすがに20キロですと早いですね
ゴールまであと4キロです
Dsc01821

国道3号線の歩道橋を渡って
久留米市立西国分小学校の校庭を抜けます
Dsc01825

童女木池には鯉のぼりが泳いでました
Dsc01826

池のほとりには第十八師団記念碑もありました
Dsc01827

久留米市中央卸売市場のある市場通りから
公園通りへと進んで行きます
Dsc01828

ゴールしました(21.7キロ 12:16)
Dsc01829

ゴール後、丸永製菓の白くまトロピカルを頂きました
Dsc01830

Dsc01833

Dsc01834

丸永製菓の久留米工場は公園の南隣です
Dsc01775

ステージでは「くるっぱ」くんが愛嬌をふりまいてます
Dsc01836

筑後名酒の地酒も販売していました
Dsc01838

参加者数は、3日間で18,000名でした
Dsc01840

帰りにJR久留米駅前の「来福軒」で
久留米ラーメンを食べました
Dsc01843

こってり豚骨ですが、意外とあっさりとしたスープで
美味しかったです
Dsc01844

久留米市のマンホール
Dsc01847

久留米駅の売店では「あいすまんじゅう」などの
ご当地アイスがたくさんありました
Dsc01851

2日間、お天気に恵まれて楽しく歩けました
右膝の痛みは残っていますが、少し養生して
回復させたいと思います

ご一緒でした歩友の皆さん、有難うございました
大会実行委員会、関係者の皆さん、有難うございました

しばらく養生しますので、次の大会参加は
びわ湖長浜ツーデーマーチになると思います

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第20回 久留米つつじマーチ(1日目) | トップページ | 第25回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

よっくんさん コメント有難うございます
相方さんは大丈夫でしたか?
お陰様で、膝は多少痛むものの
歩けない程ではないので、ボチボチと無理せずに
様子を見ながら歩きます
夏場に筋トレするようにして秋シーズンに備えます

投稿: hiroyuki23 | 2017年5月19日 (金) 21時40分

お疲れ様でした。膝の具合は如何ですか?
私も2年前山古志村の下りで膝を痛め完治?まで一年半かかりました。お医者に行っても治らず結局サプリメントを半年間飲んでどうにか痛みも和らぎました。
この日、私の家内も体調を崩し、大善寺でリタイアしましたので、そこからひとり旅でした。

投稿: よっくん | 2017年5月17日 (水) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第20回 久留米つつじマーチ(2日目):

« 第20回 久留米つつじマーチ(1日目) | トップページ | 第25回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目) »