« 第8回 京都ツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第30回記念 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(2日目) »

2017年3月15日 (水)

第30回記念 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(1日目)

3月11日(土)、12日(日)の2日間は、岡山県倉敷市で開催の
「倉敷市」50周年記念事業
第30回記念瀬戸内倉敷ツーデーマーチに参加してきました
倉敷市が昭和62年に新市発足20周年を記念して始まった
歴史のあるウオーキング大会です
私も、各地のウオーキング大会に参加するようになった
2006年の翌年、2007年の第20回記念大会から参加しています
多分、加古川ツーデーマーチの次に参加回数の多い大会です
1日目は瀬戸大橋コースの40キロ(38.7キロ)に参加しました
GPSの軌跡です
20170311m1

2月25、26日のこばやし霧島連山絶景ウオーク
3月4、5日の京都ツーデーウオーク、そして今回と
3週連続で天候に恵まれて、晴天に近い中を歩けました

受付開始が6時から、出発式が6時50分位で7時スタートです
このコースのみ準備運動は各自で行って下さいとのことです
美観地区のホテルから会場の倉敷市役所まで約1キロ強あります
6時20分位に出て、6時30分過ぎに到着しました
市役所の入口のゲートです(逆光なので振り返って撮影)
P3110143

敷地に入ると、大会の幟が立っています
P3110144

東西各地から大勢の参加者が集まっており
すでにステージ前で整列していました
お会い出来た歩友さんに挨拶している間に出発式です
近笑会のHさんにもお会いしました
P3110147

7時にスタートです スタート押印のテントまで
多くの来賓、スタッフ、大会の宣伝隊などに見送られます
スタートゲート前で福岡のMさん、わんちゃんにも見送られました
P3110149

スタートして水路沿いに南へ歩きます
倉敷川を渡り、土手沿いに東へ歩きます
朝は放射冷却で冷え込み、地面は霜で光っています
P3110151

参加者数が多く、先週の京都での膝の痛みも
確認しながら歩いていましたので、写真が飛んでいます
粒江小学校で給水所、瀬戸中央道の高架下を抜けて
(この辺りは源平合戦の激戦地)
藤戸寺の給水所は開設準備中でした

そこから少し山の中の坂道を歩きます
P3110152

ほぼこのコースは変わっていないので
体が道や景色を覚えています

下津井電鉄の廃線跡を利用した自転車道を歩き
県道21号線と合流、郷内川手前の歩道橋を渡って
折返して、集落内を歩いて行きます

8時40分 10.2キロ 熊野神社に到着しました
最初のチェックポイントです
P3110154

ここでは毎年地元の郷内中学校の生徒たちが
横断幕等を作って、声をそろえて声援を送ったり
チェックポイントのスタンプを押してくれます

熊野神社の本殿です
P3110158

熊野神社を出て、五流尊瀧院を抜けていきます
境内を出たところの石碑です
P3110160

境内を出て、郷内町内を距離調整のように
大回りをしながら、郷内川の土手から里道を
水路沿いに瀬戸中央道の水島インター方向へ歩きます
途中で視線を感じたら、水路の反対側にネコが
大勢の人が歩いているなと睨んでいました
P3110161

瀬戸中央道の高架下を抜けて
県道21号線の歩道橋を渡って南へと歩きます
再び瀬戸中央道のトンネルを抜けて
坂を上り、下って廃線跡の自転車道を進みます

途中、稗田駅跡のホームがありました
P3110162

車の来ない、木立が並ぶ自転車道を進みます
P3110163

この辺りで、東京のMさんや福岡のTさんにお会いしました
自転車道が終わり、児島の町に入ります
デニムで有名ですが、以前よりジーンズ会社が増えて目立ちます
P3110164

旧野崎家住宅が参加者に無料公開をしており
前日に大橋家住宅を見たので、初めて中に入りました
P3110165

内容については、またの機会に紹介します
P3110167

児島のジーンズストリートを回って歩きます
P3110202

11時10分 21.2キロ 児島市民交流センター
2つ目のチェックポイントです
P3110205

ここでは、岡山特産の鰆の切身入り味噌汁の
おもてなしがありました
ファミマで買ってきたおにぎり弁当とで昼食休憩です
P3110208

11時40分に再スタートしました
児島市民交流センターは旧瀬戸大橋架橋記念館で
改修・新築された施設です
P3110209

下津井電鉄廃線跡は途切れていますが
また、この児島駅跡から風の道として遊歩道になっています
コースもその遊歩道を歩いて行きます
P3110211

架線柱などが残る遊歩道の前に鷲羽山が見えてきました
P3110212

コースは国道430号線に出たところで
赤崎の地下道で国道の反対側に出て国道沿いに歩きます
途中から瀬戸中央道の高架を抜けるまで長い坂が続きます

高架を抜けて初めて瀬戸内海が望めます
今度は下り坂を下った先で通生の街並みに入ります
P3110213

入り江と入り江の間の巻道のアップダウンを2つ越えて
下津井5丁目の街中で、いつも利用する自動販売機で
ドリンクを買い、休憩を兼ねて漁港に出てみました
水島のコンビナートが遠望出来ました
P3110214

さらに下津井の中心に抜けるアップダウンを越えます
再び県道21号線に合流します
P3110217

海側には下津井電鉄の下津井駅跡があり
保存車両の手前にホームと線路が整備されてました
P3110218

漁港の向こう側に瀬戸大橋が見えてきます
P3110219

県道21号線を鷲羽山へと歩いて行きます
途中、祇園神社への階段に石碑と砲弾があります
陸奥・長門級戦艦の41センチ主砲弾です
昭和6年製造で、1.5トンありますが40キロ飛んだようです
P3110220

段々と、瀬戸大橋が近付いてきます
P3110221

そうそう、下津井は「ひるね姫」の舞台になっているので
聖地になるんでしょうね
スタンプラリーもしていました
201703115

いよいよ瀬戸大橋(下津井瀬戸大橋)の下を抜けて行きます
P3110224

その先で、旧鷲羽山スカイラインの坂を上って
鷲羽山下電ホテル前の階段を高低差で約60m、300段位上ります
P3110225

階段の途中で福岡のTさんに再びお会いしました
階段を上って展望台からは瀬戸内海と瀬戸大橋が一望出来ます
逆光ですが、風もあり四国番の洲まで見通せました
P3110226

14時20分 34.7キロ 鷲羽山ビジターセンター
3つ目最後のチェックポイントです
ここに鷲羽山の石碑がありますが、山頂は後ろの山です
P3110228

本四公団の方がクリアファイルとシール、パンフを配っていました
201703111

鷲羽山(鍾秀峰)の山頂は、前回登ったのでパス
ガイドでは133mとありますが、地理院地図では112.7mです
20mの差はなぜなんでしょうか?

古墳がある散策路を下って行きます
反対側のゴールの児島港の街並みが見えます
P3110229

東屋からは瀬戸大橋を真下に望めます
P3110230

再び、下津井電鉄廃線跡の風の道に合流します
鷲羽山駅跡には河津桜が満開でした
P3110231

P3110233

風の道を児島へと下って行きます
琴海駅跡で、再び福岡のTさんにお会いしましたので
ゴールまで一緒に歩きました

風の道が国道430号線に合流する手前で
国道に入り、東へ(海へ)と歩いて行きます
JR瀬戸大橋線の高架を抜け、歩道橋を渡り
北に折れた国道沿いに歩いて児島観光港に到着

15時15分 38.7キロ 岡山漁連ふゅ~ちゃ~ゴールです
P3110234

しばし休憩して、送迎バスでスタート地点の
倉敷市役所まで戻ります
写真のバスには満員で乗車出来ず、その次のバスになりました
P3110238

市役所に着いて、そのままホテルに戻り
大浴場に入って汗を流し、休息しました

本日の参加者数は全コース合計で6,244名でした
40キロコースだけでも1,108名の参加でした

実行委員会、スタッフ、ボランティアの皆さん
1日有難うございました

心配した右ひざ痛も大したことなく完歩出来ました
お会いした歩友の皆さん、お疲れさまでした

明日、12日は記念コースの30キロを歩きます
事前申込だけで1,385名です

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第8回 京都ツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第30回記念 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第30回記念 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(1日目):

« 第8回 京都ツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第30回記念 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(2日目) »