« 【注意】安易な服用は危険!マラソン中の痛み止め(毎日新聞) | トップページ | 第19回こばやし霧島連山絶景ウオーク(1日目) »

2017年3月 7日 (火)

第19回こばやし霧島連山絶景ウオーク(せっかくウオーク)

更新が遅れていますm(__)m
2月24日(金)は宮崎県小林市(旧須木村)で開催されました
第19回みやざきツーデーマーチこばやし霧島連山絶景ウオークの
「すきむら 日本のふるさと大自然探訪の道」せっかくウオークに
参加してきました
過去、各地の大会に参加していますが、本格的なせっかくウオークへの
参加は初めてです(一宮七夕Wのぼんぼりウオークは2回参加)
豊かな自然の中を歩き、地元の方々の温かいおもてなしを受けました
残念ながら、GPSのスイッチを入れて、スタートのボタンを押すのを
忘れていた為に、コースのデータが無いので地図を貼っておきます
Cci_000094

参加にあたり、当日の朝9時にJR宮崎駅を出発する
無料送迎バスを利用させて頂きました

しかし、大阪から飛行機でも、フェリーを利用しても
朝9時には少し間に合いません
何度か、小林市須木庁舎地域振興課の担当者の方と
FAXでやり取りした結果、多少であれば待って頂けるとの事で
参加申込をしました

最終的に、休止していた大阪からの高速夜行バスが2月より
再開する事となり、朝8時には宮崎市に到着出来る事となり
集合時間までに間に合いました
担当者の方には、大変お世話になりました
有難うございます
(往復の交通等については「番外編」で紹介する予定です)

さて、集合場所のJR宮崎駅東口には、担当の方が大会の幟を立てて
参加者の対応をされていました
送迎バスは、集合時間の9時前に到着とのことで、駅構内で待っていました
時間前に、送迎バスが到着しました
Img_0336

集合時間の9時過ぎに出発です
Img_0337

送迎バスは、国道10号線を宮崎西インター方向へと進みます
市街地を出て、国道は大淀川を渡ります
Img_0339

私は高速道路を利用すると思いましたが
宮崎西インターを通過して、そのまま国道を進みました
再び、大淀川を渡り、「道の駅高岡ビタミン館」でトイレ休憩です
Img_0340

再度、出発したバスは、高岡バイパスを進んで
高岡町赤谷で国道10号線と分かれて、国道268号線を進みます
「ゆ~ぱるのじり」で休憩の予定でしたが、希望者が無く先へ進みます
小林市内に入り、小林インター(四季彩館)と小林市文化会館で
参加者を乗せて、ほぼ満席となり会場へと進みました

会場の「すきむらんど」に到着すると、地元の中学生が元気良く出迎えてくれます
Img_0341

すでに受付が始まっており、車で来た参加者と共に受付を済ませます
Img_0342

受付ではゼッケンや大会誌などとたくさんのお土産とお弁当を頂きました
また、中学生から参加記念のタオルと今日の地図を受取りました
Img_1794
「ゆずの恵み(はちみつシロップ)」「宗一郎(芋焼酎)」「クッキー(砕けてしまった)」
「栗パイ」「ゆずピール」、写真以外に水素水もありました

さらにおもてなしの豚汁、おこわも頂きました
Img_0346

出発式まで時間があるので、お弁当を頂きました
Img_0343

出発式で案内がありましたが「おこわ」の糯米は
須木小学校、中学校の生徒が昨年育てて収穫したものだそうです
それを地元の婦人会の方がおこわにして頂いたとのこと
まさに地産地消です
Img_0345

食べ終えて、時間がありましたので
近くを散策してみました
展望台があったので、上ると吊り橋とままこ滝が見えました
Img_0351

12時半過ぎから出発式が始まりました
Img_0353

挨拶やコース案内、諸注意、そして体操は「みやこんじょ弁ラジオ体操」です
都城地区の方言で作成されたラジオ体操です
Youtubeのリンクを貼っておきましたので、一度見て下さい
そして激を唱和してスタートです
Img_0356

会場から吊り橋へと進みます
Img_0347

吊り橋を渡りますが、大勢が歩くと揺れています
Img_0357

吊り橋から「ままこ滝」が正面に見えます
(後でコースは左手の高台にある展望台へ進みます)
Img_0359

橋を渡り、山道を右に巻いて運動広場まで上ります
一旦車道に出て「茅葺の宿かるかや」を目指して上ります
チェックポイントがありますが、復路になります

今度は下り坂を下ると、茅葺屋根が見えてきました
ここまではコースリーダーの後ろを歩いていました
Img_0360

最初の方の建物は利用していないのか廃屋っぽかったです
Img_0361

さらに坂道を下り、大きく右に回るとおもてなしポイントです
温かい柚子茶を頂きました
Img_0365_2

茅葺きのお食事処「かるかや」の建物です
Img_0362

中に入ると、ひな人形が飾られていました
Img_0367

焼酎の一升瓶もたくさん並んでいます
焼酎に気を取られて、うしろの障子に「ままこ滝」の由来
書かれていたのを、後で気付きました
Img_0368

再び、チェックポイントまで坂を上ります
須木小学校の児童も参加していましたが急坂なので
チェックポイントで休憩していました
Img_0370

チェックポイントでスタンプをもらい、元の道を戻ります
Img_0371

須木村時代のマンホールの蓋でしょうか?
村の木ゴヨウマツ、村の花レンゲツツジ、村の鳥青鳩のデザインです
Img_0372

運動広場から先へさらに下っていきます
誘導に従い左へ曲がり、田畑の中を進みます
Img_0373

ままこ滝に注ぐ本庄川です 河岸には桜が植林されてました
Img_0374

集落の中を上って行くと、綺麗な売家がありました
外観はとても綺麗ですが、値段はどうなんでしょう?
Img_0375

坂を上りきると、ままこ滝展望台への道に曲がります
展望台が2つ目のチェックポイントです

展望台からは、滝を間近に見る事が出来ます
写真では、大きさが分かり難いですし、全部が収まりません
Img_0380

さきほどの吊り橋を反対側の展望台から
Img_0381

道を戻り、参加者同士あいさつを交わしながら
先へ進むと、集合場所の反対側に抜けて出ました
Img_0383

14時過ぎにゴールしました
完歩証とIVVを頂きました
Cci_000096

距離は7キロでしたが、適度にアップダウンがあり
天気も良く、気温も暖かで、汗をかきました

幟にある「アイス栗もなか」を買って送迎バスの時間を待ちます
帰りは、小林市文化会館で降りて、宿泊先のホテルに向かいました

はじめての「せっかくウオーク」への参加でしたが
天気にも恵まれて、温かいおもてなしで大変良かったです

須木の皆さん、スタッフの皆さん、有難うございました
また来年も参加したいと思います


最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 【注意】安易な服用は危険!マラソン中の痛み止め(毎日新聞) | トップページ | 第19回こばやし霧島連山絶景ウオーク(1日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第19回こばやし霧島連山絶景ウオーク(せっかくウオーク):

« 【注意】安易な服用は危険!マラソン中の痛み止め(毎日新聞) | トップページ | 第19回こばやし霧島連山絶景ウオーク(1日目) »