« 琵琶湖一周10回割ウオーク 第10回【名所旧跡巡りコース】 | トップページ | 世界遺産登録20周年記念ウオーク(広島) »

2016年12月12日 (月)

「深山(みやま)」と三国境の「舩谷山」へ

年末ミッションの一番目は、北摂の深山(みやま)への登山でした
標高は790.5mと高く無いですが、周りが開けていて展望が期待出来ます
また、併せて大阪府・京都府・兵庫県の3つの境となる舩谷山へも
足を運びました しかし大阪府と兵庫県の境にある峠、庫阪峠は
ルートが読めずに、今回は断念で宿題となりました
本当は、火曜日に予定していましたが、天気予報が下り坂の予報でしたので
月曜日に実行しました とりあえずGPSの軌跡です
20161212

深山登山が難しいのは、交通の便が悪い事です
自家用車があれば、難なくないのですが
車を持たない身には、登山ルートを考える中でも
登山口までの足が重要です

当初は、JR福知山線の篠山口駅から神姫バスで
福住まで行き、京都交通のバスで、ささやまの森公園からの
ルートを考えていましたが、福住からの京都交通のバスが
本数が少なく、断念しました

安直なコースですが、JR山陰線の園部駅から出ている
るり渓温泉の無料送迎バスでるり渓温泉まで行くルートを
選択しました(帰りに温泉にも入れますし、無料バスを
利用しても不都合はありません)

無料バスは、能勢電の日生中央駅からも出ていますが
今回は青春18きっぷを利用しましたので園部駅にしました
Pc120001

園部駅までの車窓から山々を見ると、霧がかかって真っ白です
まあ、日が昇ればガスは晴れるだろうと思っていました
無料送迎バスで25分、るり渓温泉に到着です
Pc120002

るり渓温泉からは、バスが通ってきた府道54号線を
さらに奥へと入ります
途中に、南丹市の看板も立っています
Pc120107

歩道の反対側に、登山口(深山ハイキングコース)の
入口の標識と、すごく簡単な案内図の看板があります
Pc120003

最初は、落ち葉に埋もれた道の急登です
いきなりで、息が上がってしまいます(笑)
久々の山で、体がついてきていませんでした

コースには看板もあり、ロープもあるので
コースを外すことは無いと思います
Pc120004

急登を乗り切れば、落ち葉でふかふかの道が続きます
Pc120007

しばらくは、るり渓ゴルフクラブを右手に見ながら登ります
Pc120008

尾根に沿って道は続きます
Pc120009

深山では必ず出てくる「能勢電」の境界石
Pc120010

まだススキの道が残っていました
Pc120012

天に続く道、ガスも晴れて、青空が広がります
Pc120014

まだ、下界は雲海の中です
Pc120016

丁度、航空路に当たるのか、幾筋にも飛行機雲が
Pc120019

ただ、足元は夜間に凍った水が溶けてきてジュクジュクです
Pc120020

霜柱を久々にたくさん見ました
Pc120022

どうも昨日は、ここら辺も粉雪が降ったのでしょうか
倒木に積もっていました
Pc120023

何度か軽いピークを越えていきます
Pc120024

ようやく前方に、深山のレーダー雨量観測所が見えてきました
Pc120026

舗装された管理道に出ます
Pc120027

管理道を進みます 途中ガサガサとの音が
目の前を鹿が横切って行きました
Pc120029

やはり、少し雪は降ったみたいですね
Pc120030

坂の上に巨大なパラポラアンテナとレーダードームの
建物が姿を現します
Pc120031

山頂には「深山宮」が建っています
Pc120034

見晴らしは良いですが、山の名前が分かりません(東)
Pc120035

一応、ささやまの森公園が作った
山の名前を書いた案内の写真はあります
あと、山頂の看板はこれだけです
Pc120037

深山の三等三角点の石柱は真ん中の灯篭の後ろです
内陣立入禁止なので、タッチは出来ません
祠もありませんが、小山の上の石が御神体のようです
Pc120043

敷地の外からズームして撮った
Pc120042

10時40分に登山口から登り始めて、11時30分に到着でした

細い小径で、御神体の小山の裏側へ
次の目的地の舩谷山へのルートを探します
藪の中に、何本も踏み跡があるのですが、どれかな?

一番明瞭な踏み跡をたどると、北にずれて
踏み跡が消えました
稜線を登り返しながら西に回ります
すると、はっきりとした踏み跡が続いている感じ

国土地理院の地図でも、道が無く
府県境の破線と重なっていて分かりません

山と高原地図でも、深山は端過ぎて
中途半端にしか載っていません

コンパスと山容や踏み跡でルートを確認するしかありません
なんとなく、この方角みたい(踏み跡は落ち葉の下?)
Pc120044

途中、赤テープや、ささやまの森公園の標識で
なんとか舩谷山にたどり着きました
Pc120045

深山より立派な標識が(笑)
Pc120046

記念に、写真を撮ってみました
Pc120050

ここで、大阪府・京都府・兵庫県の府県境が交わってます
Pc120047

ちょっと欲を出して、大阪府と兵庫県の境にある
「庫阪峠」へのルートを探しましたが、落ち葉に埋もれて
ルートが分かりませんでした
Pc120059

午後からは雲も増えて日も陰り気温も下がったので
戻る時間も考えて、深入りは止めました
Pc120060
(この谷方向に下るみたいですが)

※帰ってGPSの軌跡を見ると、尾根に惑わされて
南に進んでいますね

深山と舩谷山の間は標識とテープはあります
Pc120065

Pc120067

鹿に樹皮を食べられていますね
Pc120066

御神体の石が見えてきました
もう青空は無く、曇ってきました
Pc120075

戻って、深山から正しいルートを見たところ
後ろの山々は「多紀アルプス」かな?
Pc120076

御神体の前の石碑には「皇祖 高皇産霊神社」とあります
Pc120079

誰もいないと思ったら、人の声がします
女性のグループが山頂で昼食休憩していました
Pc120089

山頂には、何か書かれた石碑がたくさんあります
どうも、増えているらしいです
その中のひとつ
Pc120088

山頂に戻って 12時50分
持ってきた、おにぎり2個で、私も昼食休憩

その後、記帳所の扉を開けます
Pc120090

中には記帳のノートや、いろいろと置かれてます
Pc120091

ノートの記帳は、12月10日が最後でした
まあ、来ても書かない人が多いでしょうから分かりませんが

黒い表紙のメモ帳が気になります
落とし物でしょうか?
Pc120093

建物の看板 建設省のままです
Pc120095

アンテナマニアにはたまらないのかな?
Pc120096

日も陰って、寒くなったので、同じ道で帰ります
(女性グループは管理道路で戻った様子)
最後の見納めに、振り返って深山を撮影
Pc120097

ゴルフ場はプレイしていないかと思ったら
来場者の声がしていました
Pc120102

13時50分、無事に登山口に戻りました
Pc120103

府道を戻って、るり渓温泉へ
Pc120110

温泉に入り、汗を流して、足をほぐします
食事処で、豆腐サラダとチューハイで喉を潤し
かつカレーうどんで、栄養補給しました

帰りの京都駅で、新しい環状線の車両の試運転に遭遇
Pc120111

長々となりましたが、年末ミッション1完結です

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 琵琶湖一周10回割ウオーク 第10回【名所旧跡巡りコース】 | トップページ | 世界遺産登録20周年記念ウオーク(広島) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「深山(みやま)」と三国境の「舩谷山」へ:

« 琵琶湖一周10回割ウオーク 第10回【名所旧跡巡りコース】 | トップページ | 世界遺産登録20周年記念ウオーク(広島) »