« 「深山(みやま)」と三国境の「舩谷山」へ | トップページ | 廣島宮島の「弥山」へお手軽登山 »

2016年12月20日 (火)

世界遺産登録20周年記念ウオーク(広島)

12月18日(日)は広島市、廿日市市で開催されました掲題の大会に参加しました
正しくは「Road to 世界遺産 from 世界遺産ウオーキング」です
2016年12月7日に「原爆ドーム」と「厳島神社」が世界遺産に登録されて
20周年を迎えたことで、「世界遺産登録20周年記念観光キャンペーン」での
行事のひとつになります
原爆ドームの北、広島市民球場跡広場より、厳島神社のある宮島までの
20キロを歩きました
この日は、晴天で温かく、心配した北風も穏やかで、ウオーキング日和となりました
まずは、GPSの軌跡です(最後のフェリー乗船も含みます)
20161218

ウオーキングの受付開始が朝の8時からでしたので
今回はJR大阪駅バスターミナルから出ています
「山陽ドリーム広島号」を利用しました
車両は、かつて大阪と東京間で使用していました
1階席と2階席のあるタイプです

ゆっくり出来る1階席を指定していましたが
当日は、ガラガラで運転手より2階席も空いているので
自由に好きな所へ座って下さいとの案内で
他の1階席の乗客は2階席に上がったので貸切になりました
Img_0138

1階席は暖房が効きにくいとの話でしたが
寒くは無かったです
予定より30分位早く、6時過ぎにはJR広島駅新幹線口に到着
夜明け前の広島は、放射冷却もあり寒かったです

とりあえず地下自由通路で、南口に移動して
トイレで着替えました トイレが改装して綺麗になっており
個室には、着替え用の折り畳みの踏み台も完備してました

着替えた後、不要な荷物はコインロッカーに預けて
広島出張時に朝食を食べる「駅膳」というお店へ
朝定食が500円で食べられます
「鮭」「鯖」「目玉焼き」から選んで、ご飯は大盛りも同じ値段
セルフでコーヒーも頂けます

頃合いを見て、広電で原爆ドーム前駅まで移動します
少し早く着いたので、原爆ドームと平和公園を散歩します
201612185

そろそろ時間になったので、市民球場跡地へ
ふと見上げると、ビルの温度表示が0度でした
公園の橋の歩道が凍っているはずだ
Img_0152

かつて広島カープの本拠地だけあって
モニュメントが建っています
日本シリーズとリーグ優勝の石碑(今季の優勝も刻まれてました)
Img_0155

衣笠選手の連続試合出場世界記録の記念碑
Img_0154

受付のテント、広島県ウオーキング協会の方々が
誘導スタッフとして集合されています
Img_0156

正面の門は、まだ開いていませんでした(裏から入ったのか)
スタートゲートです
Img_0158

8時に開門して、受付開始です
申込時に自己申告した歩く速さでグループ分けしていました
私は5キロ以上で申込していました
地図、ゼッケン、小さいリーフレット、スポンサーのビックカメラの
優待クーポン、地元のフィットネスクラブの入会案内でした
201612183

ゆるキャラも登場しました 左から
「ひろしま清盛(大河ドラマ「平清盛」広島県推進協議会キャラクター)」
「イクちゃん(広島県こども元気いっぱいキャラクター)」
「ブンカッキー(けんみん文化祭ひろしまマスコットキャラクター)」です
Img_0159

8時40分頃から出発式が始まりました
「宇品みなと太鼓」の演奏です
Img_0164

開会の挨拶や体操をして、9時を少し過ぎて出発です
広島ウオーキング協会のスタッフの誘導で歩きます
最初の2~3キロは団体歩行です
Img_0166

市民球場跡地から原爆ドーム、平和公園を抜けて
平和大通りを西へと進んでいます

空港通りへ左折して、高速3号線の高架まで直進します
途中の2号線との交差点で団体歩行が解除になりました

高速3号線沿いに右折すると「太田川大橋」が見えてきます
「鋼・コンクリート複合アーチ橋」で2014年に土木学会田中賞の
作品部門で受賞しています
Img_0167

堤防の上が5キロ地点でチェックポイントです
スタンプは2個あり、自分で押印します
Img_0168

デザインコンペで選ばれた設計だけに綺麗です
Img_0170

河口方向には、宮島が遠望出来ます
Img_0171

橋を渡って「商工センター」と名付けられた倉庫などの
物流団地の中を進んで行きます
左手の海側に「広島市中央卸売市場」がある関係で
食品関係の会社が多いです
Img_0172

広島サンプラザのホールです
この日は午後に「ひろしま第九」の演奏会が行われた様です
Img_0173

RCC中国放送の中継車が来ていました
Img_0174

そういえば、この大会もテレビ局が3社取材に来ていました
NHK広島、広島テレビ放送、テレビ新広島です

7.4キロ地点「西部埋立第5公園」は給水ポイントです
マイカップを持参しましたが、紙コップに水とスポーツ飲料が
用意されていました
Img_0175

オタフクの本社・工場の手前にキッチンカーが駐車してました
Img_0176

中央の建物はオタフクの「WoodEggお好み焼館」です
Img_0177

八幡川に架かる「新八幡川橋」を渡ると
9.4キロ地点「みずどりの浜公園」のチェックポイントです
ここは給茶とおもてなしのポイントでした
Img_0178

スタンプを押印してもらい、お茶を頂き、クラムチャウダーの
温かいスープのおもてなしがありました
またお弁当を頼んだ人は、ここで受取りでした
Img_0179

立ち止まると寒いので、温かいスープは有り難いですね
美味しかったです ここで持ってきたおにぎりを1個食べました

再スタートすると前方に「ベタ踏み橋」のような橋が見えてきます
Img_0180

「広島はつかいち大橋」です
海面からは21mの高さ、五日市側が5.3%で廿日市側は6%の勾配です
Img_0181

橋を渡ると、宮島のある廿日市市に入ります
Img_0182

橋を渡ると11.8キロ地点「マリーン公園」のチェックポイント
水とスポーツ飲料も用意されていました
ここのスタンプも、自分で押します
Img_0184

中国地方に多い「ゆめタウン」のショッピングセンターを
過ぎると堤防に当たり、右折します
串戸の県道高架橋の側道を上ります
Img_0185

上りきって、しばらく進むと
15キロ地点「廿日市スポーツセンター(峰高公園)」です
最後のチェックポイントになります
Img_0186

スタンプを押してもらい、ドリンクで給水します
Img_0187

西広島バイパスの高架下を宮島方向へ進みます
廿日市インターの複雑な地下道を抜けて上ると
東方向に、さきほどのゆめタウンの建物が見えました
Img_0188

宮島街道(国道2号線)に合流して宮島へ
広電に沿って進み、阿品からはJRに沿って進みます
JR宮島口駅から、工事中の宮島口桟橋に到着
「JR西日本宮島フェリー」に乗船します(13時20分発)
Img_0189

この時間帯は、厳島神社の大鳥居の近くまで回っていきます
Img_0196

10分ほどで宮島桟橋に到着しました
Img_0198

下船して、ターミナルの前の広場がゴールです
13時37分にゴールしました
Img_0199

ゴールでは、完歩証とタオルを頂きました
201612182

201612181

参加者は1,000名を目論んでいたようですが
見込み違いで、公式には300名、たぶん200名少ししか
参加していないように感じました

なので完歩のタオルも2枚頂けました
(スタートで余るから、2枚配るのではと言ってたらそうでした)

大手広告代理店が仕切っていたようですが
なんとなくマラソン大会の運営っぽい感じでした
(給水の紙コップとか)

広島ウオーキング協会は、参加者の誘導とガイドとして
スタッフとしての参加だったようです

普通のウオーキング大会のように「矢貼り」は無く
要所は警備員又はスタッフが案内していました

スタッフは学生アルバイトっぽかったですが
寒い中、挨拶や「頑張って下さい」と元気に声を掛けてくて
運営自体は好印象を持ちました

大阪に戻り、翌日NHK広島のニュース映像に映っていました
広島テレビ放送もニュース映像HPにありました
でも、熱心にインタビューしていたテレビ新広島がHPを見ても
映像がアップされていませんのは何故?

アンケートには、IVVの認定をお願いしておきました
オフシーズンですので、IVV認定があれば、参加者も増えると
思うのですが、どうでしょうか?

今回が初めての開催でしたが、来年以降も開催するような
雰囲気でしたが、どうでしょうね

運営、スタッフ、道中いろいろと教えて頂いた
広島ウオーキング協会の皆さん 有難うございました

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 「深山(みやま)」と三国境の「舩谷山」へ | トップページ | 廣島宮島の「弥山」へお手軽登山 »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

花火さん こんばんは コメント有難うございます

ひろしまピースウオークは廿日市スタートになり
コースが重複するので、折返し後は広電でも良いかなと
コース案内を見てて思いました

今回は、広島市内から宮島までなので、良い感じでした
逆コースでも面白いかなと思いますし、県外参加ですと
ゴール後に原爆資料館などの見学も出来るので、出来れば
毎年、スタートとゴールを交互に開催して欲しいですね
あと、せめてIVVがあれば良いのですが

ニュースは撮られているのは分かりましたが
まさか使われるとは思いませんでした

投稿: hiroyuki23 | 2016年12月20日 (火) 22時48分

広島世界遺産ウオーク、お疲れ様でした。
ひろしまピースウオークの1日目と2日目のコースが合体したようなコースですね。
私が歩いたコースは、おたふくソースの本社前を通りました。
なかなか面白そうな大会なので、来年以降も開催されると良いですね。
ニュース画像にしっかり写っていましたね(^_^)v

投稿: 花火 | 2016年12月20日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産登録20周年記念ウオーク(広島):

« 「深山(みやま)」と三国境の「舩谷山」へ | トップページ | 廣島宮島の「弥山」へお手軽登山 »