« 今年と来年のウオーキング大会参加スケジュール(仮予定) | トップページ | 「深山(みやま)」と三国境の「舩谷山」へ »

2016年12月11日 (日)

琵琶湖一周10回割ウオーク 第10回【名所旧跡巡りコース】

所属団体の大阪・関西歩け歩け協会が主催する
掲題のイベントに参加してきました
今年は、一度も参加してなくて最終回のみの参加です
JR堅田駅から雄琴、坂本、唐崎を経て、なぎさ公園から
近江大橋西詰、膳所公園を抜けてJR石山駅までの23キロです
9時14分スタート、13時6分ゴールでした
GPSの距離も、23キロでした
そのGPSの軌跡です
20161211

ウオーキングの参加は、11月はじめの龍馬ゆかりの道以来です
11月は、身内の入院や、私も筋トレで腕を痛めて運動を医師に
止められたりして、12月に入り、ようやく落ち着きつつあります

という事で、所属団体の例会にも今年は参加していませんし
お正月の3日の初歩きの申込も兼ねて参加しました

集合場所はJR湖西線の堅田駅です
Img_0203

指定の新快速より早い電車で到着
今日の申込と、新春初歩きの申込を済ませました
新快速が到着すると参加者が集まります
Img_0204

スタート時間前に集合、吉田会長より
今年1年のお礼と来年の参加のお願いなどの挨拶がありました
来年の琵琶湖一周は逆回りとなり、琵琶湖大橋は
渡らなくなるコースになりました(逆回りは新鮮で魅力です)
Img_0205

スタートして、内湖を渡り堅田港から浮見堂へと進みます
Img_0208

浮見堂を過ぎ、細い路地を進んで堅田雄琴湖岸公園へ
Img_0209

この浜は源平騒乱の時代に源氏に仕えた堅田出身の
「おとせ」という女性の由来で「おとせの浜」と謂われます

「おとせの石」
Img_0210

「おとせの桜」の石碑
Img_0212

東洋紡の工場越しに見える比良山系は白く雪が積もってました
Img_0213

大津市の新しいマンホール蓋でしょうか
新しい所にしか見かけませんでした
Img_0216

天神川で湖岸を離れて国道161号線(西近江路)へ出ます
Img_0217

スタート後は、先頭集団の後ろを歩いていましたが
雄琴港でトイレ休憩中で置いていかれました(笑)

浄化センターの紅葉は、いつもはもっと綺麗なんですが
Img_0219

比叡辻2丁目から旧道へ進みます
供所(くしょ)神社があります
創立は弘仁二年。日吉神社境外百八社の一社で
供所神社として其の地の産土大神との事
境内の樟の木は樹齢300年で大津市指定文化財です
Img_0220

再び、161号線に出て歩道橋を渡り坂本の集落内を進みます
坂本城址の碑があります
Img_0221

その先の、四ツ谷川の橋のたもとに、交通安全の幟を持つ
河童の人形があります
Img_0222

再々度161号線に出て横断歩道を渡り
しばらく進むと「湖岸緑地唐崎苑」です
唐崎神社の松が正面に植えられています
Img_0223

その唐崎神社に回り道します
ここには1等水準点があります
北緯 35°02′51″.0769
東経 135°52′26″.9594
標高(m) 86.3628m
Img_0224

さすがに、この時期に唐崎神社へお参りする人も
少ないのか、蕎麦屋も、みたらし団子屋も
開いていませんでした
参加者も、回り道せずに国道をショートカットしてました
Img_0225

唐崎神社から国道へ出る脇道の角に
ほとんど埋まって、先が無い道標らしきものがあります
「白髮」まで読めるので、高島の白髪神社の道標でしょうか?
Img_0226

再び国道161号線の歩道を進みます
陸上自衛隊大津駐屯地の正門を過ぎた
前方の方角を見ると、時雨れている感じです
Img_0227

「びわこ温泉 紅葉パラダイス」の跡地も再開発が進んでいます
スーパーを中心としたショッピングモールが今月開店するようで
最後の仕上工事や、店内の準備作業が進んでいました
Img_0228

「旅亭 紅葉」の跡にも、マンションの建設が進んでいます

琵琶湖競艇場(BOAT RACE びわこ)を通ります
Img_0229

第二疎水の橋を渡り
Img_0230

第一疎水の橋を渡ります
Img_0232

浜大津4丁目で、大津港へと曲がります
前後に参加者の姿が見えなくなりました
Img_0234

琵琶湖汽船の「BIANCA」と「うみのこ」が停泊してます
Img_0235

過去、何回もあるいているコースですが
必ず正午に大津港を歩いていて、噴水を見ます
Img_0237

空は晴れていますが、肝心の太陽があるところが
曇っていて、日に当たらないので、湖岸からの冷たい風と
重なって、肌寒いです

「エコフロート」と名付けられた台船に土砂を入れて
木を植えたものが係留されていました
Img_0243

いつも霞んでいる琵琶湖大橋もはっきりと見えます
Img_0246

比良山の方角の山々も、はっきりと見えます
Img_0247

大津プリンスホテルが見えてきました
ミシガンが停泊していますね
Img_0248

琵琶湖文化館、修復が出来ないそうですが
どうするのでしょうね
Img_0250

近江大橋が見えてきました
そして、雲間から日が射してきて温かいです
Img_0252

近江大橋西詰の木々の紅葉も色がくすんでいます
Img_0253

近江大橋の下を抜けて、膳所公園へ
ここの紅葉も、今年は色味が悪かったです

膳所公園を抜けて、湖岸公園を進むと
「四高桜」の新しい石碑があります
Img_0254

遭難地点の高島町萩の浜には、千本の桜と事故の翌年に
建立した大きな石碑がありますが、ボートと縁のある瀬田川に
近いこの岸にも桜を植えたそうです

その瀬田川の鉄橋が見えてきました
Img_0256

この浜は近江八景のひとつ「粟津の晴嵐」でもあります
Img_0257

『近江八景』は
・石山秋月 [いしやま の しゅうげつ] = 石山寺(大津市)
・勢多(瀬田)夕照 [せた の せきしょう] = 瀬田の唐橋(大津市)
・粟津晴嵐 [あわづ の せいらん] = 粟津原(大津市)
・矢橋帰帆 [やばせ の きはん] = 矢橋(草津市)
・三井晩鐘 [みい の ばんしょう] = 三井寺(園城寺)(大津市)
・唐崎夜雨 [からさき の やう] = 唐崎神社(大津市)
・堅田落雁 [かたた の らくがん] = 浮御堂(大津市)
・比良暮雪 [ひら の ぼせつ] = 比良山系
の八つです

今日は、この粟津晴嵐、唐崎夜雨、堅田落雁、比良暮雪と
対岸に矢橋帰帆を望みましたので、5つつ見る事が出来ました

最後はいつも瀬田川沿いに進んで石山駅に出ましたが
今年は、公園の終わりから車道に進んで石山駅に向かいました

無事に石山駅にゴールしました
ゴールで会長をはじめ、スタッフの皆さんに挨拶して
今年の活動を締めくくる事が出来ました
1年間ありがとうございました
Img_0258

私自身は年内は、あと3つほど計画をしているのですが
出来るかどうか分からないので内緒にしておきます

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 今年と来年のウオーキング大会参加スケジュール(仮予定) | トップページ | 「深山(みやま)」と三国境の「舩谷山」へ »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

Old Walkerさん こんばんは
こちらこそご無沙汰しています
コメント有難うございました

私も、いろいろ事情があって
ほぼ2か月ぶりのウオーキングでした
来年は逆回りの楽しみが出来ましたが
日程が大会と重なっているので
空いている時で、天気が良ければ
参加してみたいと思います
また、お会いした時は、よろしくお願いいたします

投稿: hiroyuki23 | 2016年12月13日 (火) 23時24分

お久しぶりです。
相変わらず、長距離を歩いておられますね。
琵琶湖一周、琵琶湖大橋なしの逆回りは、ちょっと新鮮ですね。今年は、海津大崎の花見だけの参加でしたが、来年は都合が付けば何回かは歩いてみようかなと思っています。ただ、このところ家庭の事情で出かけられる日が減っています。

投稿: Old Walker | 2016年12月13日 (火) 20時57分

でこさん こんばんは
コメント有難うございます
早速、来年の予定と日程を重ねると
大会と重なっていて、完歩出来ません
でも、逆回りは面白そうですので
空模様と相談して参加の予定です

投稿: hiroyuki23 | 2016年12月13日 (火) 19時46分

お疲れ様でした。関西の琵琶湖は10割になってから1度も参加してません。来年は何回か歩こうかなと思っています。逆回り面白そうで魅力ですね。

投稿: でこ | 2016年12月12日 (月) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖一周10回割ウオーク 第10回【名所旧跡巡りコース】:

« 今年と来年のウオーキング大会参加スケジュール(仮予定) | トップページ | 「深山(みやま)」と三国境の「舩谷山」へ »