« 北九州-中津ウオーキング大会2016 | トップページ | 第12回 龍馬ゆかりの道ツーデーウオークin高知(2日目) »

2016年11月 9日 (水)

第12回 龍馬ゆかりの道ツーデーウオークin高知(1日目)

11月5日と6日は、高知市を中心に開催されました
「第12回 龍馬ゆかりの道ツーデーウオークin高知」に
参加してきました
先々週の「土佐よさこいツーデーウオーク」も参加者が
少なかったですが、同様にこの大会も頂いた名簿では
事前参加申込者が、109名とこじんまりした大会でした
とりあえあず1日目のGPSの軌跡です
20161105

1日目の30キロコースは「龍馬太平洋コース」と
名前が付いていました
JR高知駅南口にある高知市観光案内所「とさてらす」に
隣接する「こうち旅広場」が会場です
ここをスタートして、五台山の展望台まで登り
31番竹林寺を抜けて、浦戸大橋を渡り、桂浜から
高知海岸を経て、戻るコースです

前日に高速バスで大阪から移動して駅前のホテルに
前泊しました
Dsc00567

受付が8時20分からなので、ゆっくりとホテルの
無料朝食を頂いてからでも間に合います
肝心の「こうち旅広場」は明日のイベント準備で
ステージは、そのイベントの用意がされており
「とさてらす」の前にテントがあり、間借り状態でした
Dsc00575

郵便振替の払込票を見せて受付してもらいます
ゼッケンを書く場所に、これからの大会のチラシがありました
目的の満濃池や花へんろ足摺温泉があり入手出来ました

事前に聞いていましたが、たび広場にパイプ椅子があり
そこに着席しての出発式でした
同じ四国リーグとは言え「しまなみ海道スリーデーマーチ」の
宣伝は早過ぎると思いましたが、来年度はえひめ国体の関係で
開催が10月の半ば、13日~15日に日程が前倒しになります
いつも月またがりや月初で参加のし難い大会でしたが
来年は、和泉弥生と重なりますが、チャンスかもしれません
Dsc00578

椅子は用意されているものの、あまり座る人は少なくて
寂しい出発式です(テントの回りで遠巻きに待っている)
Dsc00579

実行委員長の挨拶、準備運動、スタートの激があり
9時17分位に、先導に付いてスタートしました
Dsc00580
(正面に見えるコンフォートホテル高知駅前に宿泊しました)

大会旗が無いのか、手製の「先頭」と書かれた某国の
団体旅行のような目印です
Dsc00581

駅前の信号待ちで、早くも差が付きました
他の大会の様に、飛び出して行く人はいません
Dsc00582

すぐに右折して大川を左折し東へ向かいます
川の堤の石積みが独特な積み方と形をしています
Dsc00583

「土佐よさこい」でも見た土佐建築の水切瓦の倉庫が並んでいます
Dsc00585

地球33番地の表示塔です
東経133度33分33秒、北緯33度33分33秒だそうです
(実際は、北へ30mの川の中)
Dsc00586

国分川に突き当り、右折します
一緒に歩いていた参加者が、前に見える山の塔まで登ると
別の参加者の人に言ってました
Dsc00587

スーパーのフジグランを過ぎ知寄町の
歩道橋を渡ります
土佐中街道(R195)、土電後免線、南国バイパス(R32)を越えます
Dsc00590

南国バイパスの新葛島橋を渡り右折して
国分川の右岸の堤防へ進みます
Dsc00591

突き当たって、左へ回ると竹林寺参道に出ます
Dsc00593

ここから、五台山の展望台まで登ります(標高146m)
Dsc00594

最初のチェックポイントは展望台の上(3階)で7km地点です
市内が一望出来ました
Dsc00595

見えていた鉄塔はNHKの送信塔でした
Dsc00597

竹林寺の境内へ下ります
Dsc00598

第三十一番札所「竹林寺」です
Dsc00600

日本遺産「四国遍路」のプレートがありました
Dsc00602

竹林寺から南側の参道を下り、下田川を渡って
浦戸湾の東側を南へ進みます
倉庫や工場が立ち並び、大型車が頻繁に通り見所はありません
Dsc00603

これから渡る浦戸大橋が遠くに見えてきました
Dsc00606

浦戸大橋を渡ります
歩道は無いに等しく、人ひとりの幅が有るか無いかで(75cm)
ガードレールも無く、すぐ横を車が通りストレスが掛かります
Dsc00612

眺望も金網があり、邪魔です(飛び降り自殺防止らしい)
Dsc00614

ちゅうさんに、足元が滑りやすいと聞いてましたが
幸い晴れていたのと、滑り止めのザラザラの塗料が
塗られている途中でしたが、まだ塗られていない
下地の所は、濡れていると滑りそうでした

最上部から太平洋を望みます(室戸方向)
天気が良くてよかったです
Dsc00616

浦戸大橋竣工の記念碑です
昭和47年7月に完成したそうで、当時は有料でした
(平成14年に無料化)
Dsc00619

反対側は桂浜の小山に繋がっており遊歩道へ進みます
「桂浜周辺図」には、料金徴収所が残っています
Dsc00620

遊歩道の途中に「堀切」と書かれた柱がありました
これは敵の攻撃から城(浦戸城)を守るために構えた
防御施設で、尾根を横に切断しています
(長曾我部氏が築いた城に見られる)
Dsc00621

坂本龍馬の「船中八策」と「日本」という碑がありました
Dsc00624

「浦戸城(天守跡石垣)の碑」です
Dsc00625

逆光なので、はっきりしませんが「桂浜」です
Dsc00626

「坂本龍馬」の銅像がある広場が2つめのチェックポイント
一応、名簿とチェックしていました(弁当注文の確認も)
20キロコースはここでゴール、バスの乗車券を受取り
バスを利用して高知駅へ戻ります
Dsc00628

丁度「龍馬に大接近」というイベントで
10月8日~11月27日の間、銅像の横に足場を立て
入場料100円で、銅像を間近に見る事が出来ました
Dsc00637

201611054

この角度で写真が取れるのはドローンを使わないと無理でしょう
Dsc00632

一応、広場の正面からも撮っておきました
Dsc00636

沖を海上保安庁の巡視艇が航行しています
この日は国連が定めた「世界津波の日」で高知でも
津波を想定した訓練が、国土交通省の石井大臣も来て
実施したと夕方のニュースで報道されていました
Dsc00629

さて、ここからが大変でした
次に進む道が分かりません
原因は、矢貼りが無い事と、私自身が先入観で
当然、桂浜を横切ると思っていた事もありますが
地図では、細かすぎてどの道なのかが分かりません
20分位、桂浜の中で彷徨いました(笑)

怪我の功名で、桂浜を水族館前から撮れました
Dsc00639

まさか来た時に横切った道路(駐車場)まで
登り返すとは思い付かず、ままよと車道を上ると
「高知駅へ戻る」の矢貼りを発見出来ました
(結構、迷った人が多かったようです)

高知海岸の「桂浜花海道」に進めました
Dsc00640

延々と一直線に西へと進んで行きます
参加者はまばらで、前後に数人しか見えません
Dsc00641

今度は、足摺岬方向です(逆光です)
Dsc00645

約2キロの遊歩道を歩いて、愛宕病院の交差点を
右折して県道34号線を北へ進みます
ここからは県道の歩道を歩くだけで、またも見所無し
ただ、結構アップダウンはありました
高知市は平野と思いましたが、丘陵があるんですね

面白かったのは、海岸には多い地名があるんだなぁと
「東灘」「西灘」「横浜」「長浜」など

その横浜のファミマで給水所、残り5キロとの事
しばらく進んで、新宇津野トンネルを抜けます
Dsc00649

トンネルを抜けると高知港になります
往路の五台山の鉄塔と展望台が見えました
Dsc00650

土電桟橋線が県道の中央を走ります
とさでん交通(株)本社と土電の車庫です
Dsc00652

自由民権記念館の前を通ります
Dsc00654

日本三大がっかり名所「はりまや橋」です
Dsc00659

15時、ゴールの高知駅南口に到着です
Dsc00660

5時間40分、まあ途中迷ったのと、いろいろと
寄り道もしたので、こんなもんでしょう
ゴールでは「あめ湯」とみかんのおもてなしがありました

皆さんの話題は、桂浜で帰り道が分からなかったでした
でも、1日天気も良く、気温も歩き易くて良かったです

高知は、先々週に立ち寄りましたが、桂浜などの景勝地は
私自身、45年ぶりの訪問と思っていましたが、免許を取得してから
家族旅行でと、大学のゼミ旅行で訪れていますが記憶に無いです(笑)

家族旅行の時は、まだ大阪高知特急フェリーがありましたが
台風接近で欠航となり、急遽瀬戸大橋経由で移動しました
しかし台風の直撃に遭い、瀬戸大橋を時速20キロ位で渡った後に
すぐに通行止めになりました(橋の上は強風で一車線すぐに流されました)
そんな記憶だけで、どこへ行ったかは覚えていません

今日の完歩証です
201611053

実行委員会、スタッフの皆さん有難うございました
明日もよろしくお願いいたします

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 北九州-中津ウオーキング大会2016 | トップページ | 第12回 龍馬ゆかりの道ツーデーウオークin高知(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12回 龍馬ゆかりの道ツーデーウオークin高知(1日目):

« 北九州-中津ウオーキング大会2016 | トップページ | 第12回 龍馬ゆかりの道ツーデーウオークin高知(2日目) »