« 第18回 行橋~別府100キロウォーク(スタート編) | トップページ | 第18回 和泉弥生ロマンツーデーウオーク(1日目) »

2016年10月10日 (月)

第18回 行橋~別府100キロウォーク(ゴールへの道編)

さて「スタート編」からの続きです
やはり幸運に恵まれている大会です
スタートまでは、雨も降らずに開会式も終わりました
(注)時間は写真の記録を引用していますが、編集で日時が上書きされ
不明な場合は、「ぐらい」で表現しています
Dscn0786


スタートゲートを通過して境内を出て
左方向に回ります
境内横の道、日豊本線沿いには応援の人で一杯でした
Dscn0819

今川の河川敷を河口へ進みます
「ゆくはし料飲組合」「行橋市観光協会」
「行橋みやこロータリークラブ」の応援団です
Dscn0820

今川の沈下橋を渡ります
Dscn0822

足元に気を付けないと踏み外したら大変です
Dscn0824

渡った所で「プロペラ君」のタッチを受けます
彼は先頭でスタートして、全員とタッチして再スタートします
Dscn0825

スタートして、5キロを過ぎた位から雨粒が落ちてきました
昨年通れなかった沓尾漁港の道です(路面が濡れています)
Dscn0827

長井海水浴場の砂浜を歩きます
Dscn0832

砂浜から堤防に階段を上がってしばらくで10キロポスト
Dscn0833

稲童から航空自衛隊築城基地沿いに進みます
Dscn0836

コカ・コーラウエストによる100円飲料の販売
(500mlペットボトルが100円です)
Dscn0837

松原展望台広場から国道10号線へ
門司から42キロの標識
Dscn0838

築上町の看板
雨は、霧雨だったり小降りだったりします
Dscn0839

国道を離れて迂回、20キロ地点でもある
浜の宮大橋の給水所です
Dscn0840
(16時くらいで、時速5キロを維持)

貝汁鶴屋跡の「指定リタイヤ地点1」
Dscn0841

豊前市に入りました
Dscn0842

豊前市舟入で国道から分かれ、県道113号線へ入ります
3キロほど進んで、30キロのポスト
Dscn0844
(18時くらいで、時速5キロを維持出来ていた)

吉富町直江で右手へ県道113号線をキープ
しばらく進み、山国大橋を渡って大分県中津市へ
Dscn0846

新しく設定された中央公園の「中津チェックポイント」
36.1キロ地点で、19時過ぎに通過
Dscn0847

チェックポイントでは給水とバナナ、梅干の提供
Dscn0848

Dscn0849
(雨は止まず、時速5キロのペースで15分ほど貯金)

中央公園を出て、以前左折往復していた中津駅の交差点で
国道213号線となる

いつもお世話になる「TOTO中津工場」
コンビニでおにぎりと栗大福を買い、休憩させて頂く
Dscn0851

すぐに「土屋農園」さんの「梨」のサービス
今年は猛暑で梨が不作だったそうですが
なんとか用意頂けたとの事で感謝します
Dscn0852

降り止まない雨、生暖かい南風の中を
宇佐飛永の交差点に宇佐市の看板
このあとすぐ再び国道10号線に合流する
Dscn0853

雨は小止みとなり、風向きも反対となったので
前線は通過したかと安心する(この判断は後に裏切られる)

国道のゆるやかな坂道を黙々と足を進める
10号線は東九州道へ繋がるバイパスと二手に分かれる
サテライト宇佐を過ぎ、下り坂のパーキングに
中間点となる50キロポスト(21時53分)
Dscn0854

四日市門前町の看板、いつも夜で
どんなところなのか昼間に訪れたいといつも思う
Dscn0855

竹の屋の有料食は売り切れていた?
代りにコーンスープを提供していたようだが
その先で、ジョイフルさんがコンソメと味噌汁を
提供しているので先へと進み、ジョイフルさんのテントで
コンソメを頂く(偶然か、今年は飲みやすい温度でした)
Dscn0856

期待は裏切られて、土砂降りの雨となる
宇佐神宮入口の交差点
太陽交通さんはトイレOKだが休憩は禁止
しかし、雨宿りで大勢が座り込んでいた
Dscn0857

待っていても、いつ止むか分からない
どうせ濡れているし、5キロで宇佐のチェックポイント
土砂降りの中、先へ進むが歩道が冠水していた為
思い切りはまり、靴の中が完全に浸水した

宇佐のチェックポイントを過ぎるとコンビニが無いので
ローソン和気店で、おにぎり2個とゼリー飲料を補給
雨に濡れた体で店内に入るのは、床を濡らすので気が引ける

暗闇の直線を歩いていて、この宇佐の「郷の駅宇佐」に
設置されているチェックポイントの灯りが見えるとほっとする
61.6キロの宇佐チェックポイントに到着する(23時50分位だったか?)
Dscn0858

雨は止んだが、風が強い、しかも北風で冷たい
気温は22度位、体感温度は18度位かな?
すでに、食事はしたので、トイレだけ済ませて出発する
リタイヤ者多く、別府行のバスは満車、積み残し発生

日豊本線の西屋敷駅辺り、杵築市の看板(0時25分)
Dscn0859

この大会の難関は、終盤の3つの峠越えと言われる
「立石峠」「七曲り」「赤松峠」、一度経験するとそうでもないが
初めて参加した時は、様子が分からないのと、眠気が襲い難儀した
いまは、歩いていて寝てしまい、何かにぶつかり目が覚める事は無いが
人間、慣れるものなんだろうか?

その一つ目の立石峠、宇佐のチェックポイントを出てから
上りが始まるので、どこからが峠越えの始まりかは分からない
日豊本線では、大がかりな保線工事が行われていた
Dscn0860

国道には「立石峠」の看板が2つあり、これは道路上にあるもので
ここから峠道が始まるという意味だろうか?
Dscn0862

上っては、平坦になり、また上りが始まると何度か騙される
そしてもう一つの看板は標高付なので、ここがサミットだろう
Dscn0864

山香休憩所入口に75キロポスト(2時50分)
こんなに早く着くのは初めてだ
Dscn0865

ここでふるまわれる「ぜんざい」を楽しみにしている参加者は多い
Dscn0867

たくあんとぜんざいを有り難く頂く、お代りしようかと考えたが
なんか胃の調子が悪いので止めておく
ぜんざいを食べている間だけ、腰かけて、再スタート

3キロほど進んで2つ目の難関「七曲り」に到着する(3時40分)
Dscn0868

ここでもバナナを頂く、2切れ頂いた
そして、これもまた善意の手作りの杖をお借りして
真っ暗な山道に入っていく
Dscn0869

今年の七曲りはLEDランタンでライトアップされていました
80キロのポストは見落としたか、撮り忘れ
Dscn0872

七曲りの急坂を下る時に、足の裏で何かがはじけた感触
多分、足の裏の肉刺が破裂したと思ったが、どうしようもない
途中の温度計は16度を示していた
Dscn0873

赤松峠の入口のセブンイレブンで朝食
いつもは、七曲りの峠で夜明けを迎えるが
まだ真っ暗だ、店先の長椅子が有り難い
そろそろ座ると、休憩時間が長くなり貯金が減ってきました

重い腰を上げて、信号を渡り赤松峠の坂を上ります
潰れた足の裏の肉刺が痛み始めました
真っ暗なので、ハーモニーランドが見えず位置関係が分かりません
駐車場と国道の分岐で、間違えて駐車場へ上った人が下りてきました
どこまで行かれて気付かれたのでしょうか?

赤松峠の看板のある交差点でサミットです
Dscn0874

峠まで2.2キロ、日出のチェックポイントまで2.2キロ
5キロ足らずの距離ですが、肉刺の痛みで思う様に進めません
どうにか、日出町保健福祉センターのチェックポイント
明るくなっていますので、何時位でしょうか?記憶にありません
Dscn0875

昨年は、ここからゴールまで巻き返せましたが
今年は肉刺の痛さで、足が進みません
別府湾越しに、ゴールの街並みが見えます
もう10キロ足らずのはずです
別府市の看板が見えました
Dscn0876

地獄の別府湾ロードと聞いたことがありますが
日豊本線の陸橋、別府湾ロイヤルホテルの坂道
亀川バイパスの陸橋と、3つ坂道が続くのです

その亀川バイパスの陸橋の頂上に「あと5キロ」の看板
8時20分でした
Dscn0877

いつもの「頑張れおじさん」の声援を受けます
ここから、4キロ、3キロと距離のカウントダウンが始まります
Countdown

ゴールが近付いたせいでしょうか、肉刺の痛みが
感じなくなります(麻痺しているのでしょう)
残り3キロから、歩けるようになります
抜かれていた人を、抜き返せます
頭の中では、なんとか21時間を切って20時間台が
ギリギリかと計算します

計算違いがありました
この区間の信号の多い事、なぜか全部引っかかります
一生懸命歩いて、抜いた人に信号で追い付かれます
3つの歩道橋があります
3つ目の歩道橋がゴールの入口です
3つ目を越え、2つ目を越え、ゴールの歩道橋が見えます

荷物預けの別府中央小学校が2つ目の歩道橋になるので
沿道から、「がんばれ」「もう少し」との声援と「お疲れ様」の拍手
それに応えて、最期の踏ん張りをかけます
見えましたゴールの横断幕
Dscn0882


21時間3分58秒

今年の私の「行橋~別府100キロウォークが終わりました
20時間台で無かったのは、修行して来年も参加しろという
ご宣託でしょうか

スタッフの皆さんや、ゴールした参加者とその家族や友人などから
「おめでとう」「おつかれさま」「頑張りましたね」の声をたくさん頂きました
こちらこそ、本当に有難うございました

今年は、悪天候の条件で参加者も厳しかったと思います
しかし、条件が悪くなるほど、裏で支えるスタッフの皆さんは
参加者以上に大変だった事と思います

ぬかるみにベニヤ板や段ボールなどで養生したり
深夜、眠気が襲う参加者に足を滑らさないよう声を掛けたり
晴れでは必要のない作業や注意が必要になったと思います
そのような、大勢の皆さんに支えられての完歩です
本当に有難うございました

もちろん、アクシデント等で完歩出来なかった参加者も
おられるとは思いますが、来年ぜひ再チャレンジして欲しいと思います

「こころの遠足と歩禅」4回目にして、ようやく分かってきたような気がします

SNSでも、たくさんの言葉を頂きました ありがとうございます
この場を借りて、お礼申し上げます

(後日談)
ゴール後、温泉に入り汗を流して、雨と汗に濡れて異様な臭いの
服を着替えてすっきりしました

初参加のhakoさんも無事にゴール出来て、私より元気でした
偶然にも帰る列車が同じで、お陰で小倉駅で乗り過ごさず済みました(笑)
座席がたまたま前後で、小倉駅到着6分前にhakoさんが起きているのを
確認した、直後に私が寝落ちして、hakoさんに起こされました

小倉から新大阪まで、5時間かけて「こだま」を予約しないと思いますが
その選択まで同じでした(号車は違いましたので小倉駅で労い別れました)

足の裏の肉刺は、久々に大きかったです
今日(10日)に、水抜きして、浮いた皮は取って特殊なシートを貼っています
その痛みに耐えながら、文書を書いていました

今週末は「和泉弥生ロマンツーデーウオーク」に参加ですが、治るかな?

今回、長々と最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第18回 行橋~別府100キロウォーク(スタート編) | トップページ | 第18回 和泉弥生ロマンツーデーウオーク(1日目) »

100キロウオーク」カテゴリの記事

コメント

涼歩さん こんばんは 有難うございます

今回の行別は、初めて参加した時以来
雨が降りだしてからリタイヤを考える大会でした

100キロウオークには、何か取りつかれる魔力があります
私自身、長い距離を歩きたいと思い、探している内に
ウオーキング大会を見つけ、その延長で100キロウオークを
見つけたので、今のところウオーキング大会では
多分「糸島110キロ」が最長なんだろうと思います
(マラニックになると、萩往還250キロがありますが
 走れないので無理です)

2月の近笑会100キロは、もう受付が始まっています
私も、来週には申込もうと思っています
(来年1月~3月の予定を検討しています)

しばらく、遠征した大会やツーデーでない大会に
参加しますので、KMLでは加古川でお会い出来るのを
楽しみにしています

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月14日 (金) 23時47分

237さん こんばんは
いつも応援と激励有難うございます

今回の時間切れは本当に残念でしたね

これからも、ぴーすくん、くぅちゃんと
応援と声援をお願いいたします

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月14日 (金) 23時34分

涼歩です

2週続けての100キロウォーク
しかも今回は大雨付き 肉刺まで作って大変だったようですが
 レポを読んでいると
hiroyukiさんには、楽勝だったようにも思えてきます
 肉刺が無ければ3週連続?

 我家は 春の近笑 (初めての100キロ)
 止む気配のない雨に、中間点であっさり撤収
 「70㎞を過ぎてからの100キロウォークの正念場」も未経験
 それでもレポを拝見して、
  来春の近笑に再挑戦しようか? という気分になります

次にお会いできるのは 加古川?

投稿: 涼歩 | 2016年10月14日 (金) 18時57分

hiroyuki23さん 2週連続の100キロ完歩 誠におめでとうございました!
2週連続など とても考えられない挑戦 それも 見事な時間での完歩 わたしから言うと とても人間業とは思えません。お疲れ様でした!

わたしは 雨でしたが 案外体調もよく 足に肉刺も出来ずに宇佐へ向かっていましたので 今までで一番 悔しいリタイアとなってしまいました。

昨年三河湾 に続いての2回連続 時間切れリタイアとなりますので スピードをもう少し出せるウオーカーにならないと いけないなって課題が はっきりしました。

これからも 各地での大会などでお世話になりますが ご指導どうぞよろしくお願い申し上げます。


投稿: 237ですよ。\(^▽^)/ | 2016年10月14日 (金) 12時17分

マサさん こんばんは
小豆島100キロ完歩おめでとうございます
「アル中=歩く中毒」でしょう
足首を痛めたのですか? 肉刺より厄介ですね
養生して下さい、無理すると持病化してしまいますよ

明後日はもう和泉弥生ですね
肉刺は、歩ける程度まで治りました(傷が乾きました)
念のため、テーピングして参加します
20キロ・17キロで歩く予定です(早起きしたく無い(笑))

ぜひ機会をみて100キロウォークの聖地
参加してみて下さい
ゴールでのメール有難うございました

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月13日 (木) 23時48分

2週連続の100キロウォーク、お疲れさまでした。いやーしかし、これはもうお互いもう完全に病気でしょう…おかげさまで?まだ足首が痛んでる状態なので今週末の和泉は調整ウォーク?になりそうです。
そんなにたくさんのウォークが参加するこの一大イベント、ぜひとも自分もいつか参加してみたいなぁ。

投稿: マサ | 2016年10月13日 (木) 23時28分

edokappaさん こんにちは

有難うございます。つくば100キロも結構厳しい
コースと聞いています
(いまは、コース変わっているのかな?)
今回の最高齢参加者は89歳でした、確かその方は
昨年は88歳で完歩されています
まだまだ、大丈夫ですよ!! せひ参加下さい

自分自身でも2週連続の100キロは無謀と思いました
しかし、今回は肉刺だけ後遺症で、体力的には
ダメージがありませんでした
満身創痍ではないですが、二の腕や背中にザックとの
摩擦で出来た擦り傷もありますが、痛みはありません

80歳代でも歩けるのか、気になりますが
まずは、1歳ずつ年を重ねても歩けるように精進を
続けたいと思っています
(抽選の当落はありますが、10回の完歩が目標です)

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月13日 (木) 14時18分

悪天候の中、完歩おめでとうございます。
しかも2週続けて!

100kmは一度だけ、つくば100kmに参加したことがありますが、翌日体が動きませんでした。2つ続けてはすごいですね。

この大会は前から参加したいと思っているのですが、いまだ実行できません。
体が十分に動かせるうちに参加したいとは思っているのですが。。。

投稿: edokappa | 2016年10月13日 (木) 12時57分

でこさん こんばんは 有難うございます

肉刺は今回は想定外でした
テーピングはしてましたが、もっと雨を考えて
足裏全体を巻いておくべきでした
最近、肉刺が出来なかったので油断してました

今日、普通の靴で15,000歩歩けましたので
和泉弥生までには、完全では無くとも20キロは
歩けるようになりたいです

神戸は参加しないので(九州へ行きます)
その次はどこになるでしょうか?

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月12日 (水) 23時52分

hakoさん こんばんは コメント有難うございます

100キロウオークは全国で開催されてますが
初めて100キロウオークの大会に参加するのであれば
この大会だと思います

しかし、初参加で今回の悪条件の下の完歩は立派です
大会も地域に根付いているので、私設接待とかあったり
沿道の各コンビニも相応の対応をしてもらえてます
もちろん、ボランティアのスタッフの皆さんには
頭が下がります
(その中には抽選に外れた人も、おられるはずです)

写真は、100枚近くは撮ります
そうか、写真を撮らなければもっと早くゴール出来るのか
まぁ、早さを競う大会では無く、自分との戦いですから(笑)
来年の聖地に向けて精進しましょう!!

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月12日 (水) 23時47分

2週続けての100k完歩。おめでとうございます。しかも雨の中肉刺作られての完歩。凄すぎます。和泉弥生までによくなり無事歩けるといいですね。次にお会いできるのは神戸かな?またお会いできるの楽しみにしています。

投稿: でこ | 2016年10月12日 (水) 15時45分

hiroyukiさん、こんばんは。
肉刺は順調に回復に向かっているようで、なによりです。私も小指の上にひとつ小さなのができてましたが、自然消滅しました。

それにしても、あの道中でたくさん写真を撮られてますね。私はスタートとゴール以外はまったくそんな余裕はありませんでした。

今回、1番心に残ったのは、ボランティアの方や応援してくれる沿線の方々の姿でした。
ゴールした嬉しさよりも、支えてくれた人の存在が嬉しくて、ジーンとしました。

行橋別府の存在を知るきっかけはhiroyukiさんのブログでした。いいこと教えてもらって感謝です!次回もよろしくお願いします。

投稿: hako | 2016年10月11日 (火) 23時50分

マサさんへ連絡です!!

メッセージ有難うございます
小豆島100キロ完歩おめでとうございました
SMSの返信をしたのですが、電源が入ってなかったか
電波が届かなかったのか、送信出来ませんでした
何度か、リトライしている内に、誤って履歴を消してしまい
再送出来ず、申し訳なかったです

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月11日 (火) 23時30分

ちゅうさん こんばんは
天気には恵まれている大会ですが、今回は大変でした
ただ、天気の悪い分、寄り道や休憩時間が少なくなったので
時間的には、4回の中で一番早かったです
阿蘇の噴火、注意していませんでしたが香川や兵庫まで
灰が飛んでいたようですね 完全に無対策でした
伝聞ですが、完歩率75%前後ですが、今回は60%を切るかもと聞いています
4,000名以上参加の100キロウオークは、聖地と呼ばれる
だけの事はある大会ですので、ぜひ来年は参加下さい
海・山・川・星空すべて体験出来ます
ありがとうございました

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月11日 (火) 23時27分

花火さん こんばんは コメント有難うございます

お陰様で、本当に何とか完歩出来ましたという感じです
雨中を歩くのは、過去にも糸島110キロなどで経験があり
また今年は気温も高かったので、体が冷えず助かりました
大会のサポートは、参加者定員が4,500名に対して
400名以上の体制で運営されているので安心です
100キロを歩くなら、この大会を最初に経験するのが
良いと思います(hakoさんも無事に完歩されました)

肉刺はちょっと酷い状態で、書けないような荒療法で
治療しています、週末の和泉弥生までには、歩けるように
治すつもりです(体力と気力は大丈夫です)
お祝いの言葉、お見舞いの言葉有難うございます

そうそう伊勢志摩も1日目は晴れで2日目は雨だった
ようですね、レポ楽しみにしています

投稿: hiroyuki23 | 2016年10月11日 (火) 23時18分

悪天候の中お疲れさまでした。

今年の岡山の100㎞を思い出しました。
靴の中が濡れるとやはり肉刺ができるリスクが高まりますね。
逆に雨が降っていなかったら阿蘇山の火山灰でマスクが必要になったかもしれませんね。
今回はリタイヤされた方も多かったと思いますがまた完歩目指して聖地に集ってこられるのでしょうね。

今年は仕事であったため参加できませんでしたが、来年以降機会があれば参加してみたい大会です。

投稿: ちゅうさん | 2016年10月11日 (火) 22時06分

こんばんは。
無事完歩、おめでとうございます‼
そちらも雨のようだったので、心配していました。
雨や肉刺もあったのに、見事ゴールまで歩き通されて凄いです。感動しました(≧▽≦)
この大会、サポート体制もしっかりしていて、良い大会ですね。
肉刺大変そうですね。
しっかり養生なさってくださいね。
お疲れ様でした。

投稿: 花火 | 2016年10月11日 (火) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第18回 行橋~別府100キロウォーク(ゴールへの道編):

« 第18回 行橋~別府100キロウォーク(スタート編) | トップページ | 第18回 和泉弥生ロマンツーデーウオーク(1日目) »