« 第4回 近笑会100キロウオーク(岸和田城~明石城) | トップページ | 第18回 行橋~別府100キロウォーク(ゴールへの道編) »

2016年10月10日 (月)

第18回 行橋~別府100キロウォーク(スタート編)

10月の3連休、8日~9日は第18回となる
「行橋~別府100キロウォーク」に参加してきました
今回4回目の参加となります
「こころの遠足/歩禅」を楽しむという歩く事を通じて
いつもと違う視点から自分自身への旅と謳われています
参加定員4,500名という100キロウォーク大会では
屈指の参加人数で、「100キロウォークの聖地」とも言われてます
毎回、天候には恵まれ、台風も逃げる幸運な大会でしたが
今回は、スタート後から小雨、夜には本降りとなる天気でした
まずは、GPSの軌跡です(縮尺からすると歩いた証明ですかね)
Map20161008

今回は、前日受付に間に合うように、スタート地点の
行橋市まで移動しました
16時前に行橋駅に到着しました
Dscn0777

改札口を出た正面と、東口を出た所に歓迎の看板があります
Dscn0776

正八幡宮の駐車場の前日受付で受付をします
Dscn0787

正八幡宮にお参り(完歩・天気・無事故)
Dscn0781

ステージに、毎年大会のMCをされている宮崎暁子さんが
いらっしゃったので、ご挨拶させて頂きました
昨年10回目を迎えられましたが、今年も歩く(させられる?)そうです
ゼッケン番号を伝えると、一言コメントに印を付けてくれましたが
残念ながら、スタートが早くて、読んでもらえたかは不明です

毎年、ルートイン行橋にお世話になります
Dscn0793

PONTA君が、なぜに真田丸仕様?
Dscn0789

晩御飯を買い出しに駅前のスーパーに出かけると
駐車場に「全員完歩」の幟が立っていました
237さんの姿は見えませんでした
Dscn0790

晩御飯を買い出ししてホテルに戻り
先に風呂に入り、明日の準備をしました(ザックです)
Zaxtuku

大会当日の朝、もう一度駅前の駐車場に行くと
237さんがおられ、「幸せのリボン」を配ってました
無関心な人、寄ってきて取っていく人、様々です
Dscn0792_2

ホテルの計らいで、チェックアウトが12時までOKでした
先に、ゴールの別府に送る荷物を預けに行きます
今年は、1台の大型車でどんどん積み込んでいます
Dscn0794

会場で、歩友のhakoさんに会いました
今回初参加です
きちんと「道中案内」にメモされてました

昨年、甲冑姿で完歩された方ですが、今年も参加
あの天気の中を完歩されたのでしょうか?
Dscn0795

いよいよ時間となり、開会式が始まります
「飛龍八幡太鼓」の演奏で盛り上げます
Dscn0799

川本代表世話人の挨拶(今年は持ち時間8分丁度でした)
Dscn0804

行橋市 田中市長の挨拶
Dscn0808

昨年、市長が公務で代理で挨拶された松本副市長
今回も参加だそうです
Dscn0809

ゴールの別府市 長野市長の挨拶
昨年の公約通り完全に歩く準備が出来ています
Dscn0811

正八幡宮宮司による安全祈願のお祓いを受けます
Dscn0813

昨日、お会いしたMCの宮崎暁子さん
今回も、「どS」な語り口で大会を盛り上げて頂けました
今年も全員がスタートした後で、歩かれます
Dscn0814

スタートの様子はUstreamでライブ中継されています
Dscn0815

昨年は「桃太郎」、今年は「三太郎」のコスプレチームです
Dscn0816

ウェーブスタート(1分開門、2分閉鎖)です
12時15分位にスタートしました
Dscn0817

237さんが幟を持って待っておられました
最後の方でスタートされるようです
Dscn0818

長くなりますので、一旦ここまでを「スタート編」とします

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第4回 近笑会100キロウオーク(岸和田城~明石城) | トップページ | 第18回 行橋~別府100キロウォーク(ゴールへの道編) »

100キロウオーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第18回 行橋~別府100キロウォーク(スタート編):

« 第4回 近笑会100キロウオーク(岸和田城~明石城) | トップページ | 第18回 行橋~別府100キロウォーク(ゴールへの道編) »