« 第18回 和泉弥生ロマンツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第12回 土佐よさこいツーデーウオーク(2日目) »

2016年10月24日 (月)

第12回 土佐よさこいツーデーウオーク(1日目)

この週末の10月22日(土)と23日(日)の2日間
高知県東部地域で開催された
「第12回 土佐よさこいツーデーウオーク」に参加しました
本当は、この日は「高野山ツーデーマーチ」の予定でしたが
今年は、都合で休止との事で、同じ日程で探した大会です
会場は、1日目は安芸市、2日目は香南市と場所が異なります
行きは高速バスが丁度、安芸駅行がありましたので利用しました
帰りも高知駅から高速バスを利用しました
宿泊は、悩んだ結果、温泉のある「高知黒潮ホテル」にしました
コンビニやスーパーが近場に無いので、夕・朝の2食付です
まずは1日目のGPS軌跡です
20161022

1日目のレポートの前に利用した高速バスから
阪急三番街バスターミナルから昼9便と夜1便が
阪急バスととさでん交通の共同運行で走っています

行きの夜行便はとさでん交通のバスでした
Dscn0883

途中2か所で小休止が入ります
最初は、山陽道の淡河(おうご)PAです
Dscn0886

その後、四国に入り、高知道の立川PAでは
2時間ほど停車していました(乗客の乗降は無し)
運転手の仮眠と時間調整と思います
朝5時過ぎに、出発して南国SAで2回目の小休止となりました

高知市内で順番に停車、乗客の降車ととさでん交通の
桟橋営業所では、運転手の交代も行われました
目的の安芸駅には7時16分の到着です
このバスは、終点の安芸営業所まで行って、10時台の
梅田行の折り返しで運行されます

天気予報では10時位から小雨の予報でしたが
安芸駅に着いた時点で、降りだし始めていました
安芸市役所の前を通り
Dscn0887

会場の「安芸観光情報センター」へ(駅から5分位)
Dscn0889

雨の中、受付開始ですが、参加人数が名簿を見ても
100名弱程度、大阪の団体の例会より少ないです
Dscn0890

四国リーグ旗、四国4県の協会旗と大会の幟です
Dscn0892

さすがに柚子の産地、柚子ジュースが頂けました
Dscn0891

前日かた安芸市入りしている、歩友のちゅうさんと合流
建物で雨宿りをしながら開会式の時間を待ちます
ここのトイレは「童謡トイレ」で童謡が流れています
Dscn0897

結局、雨で体操は省き、建物内で出発式が行われました
Dscn0896

雨が止まないので、コース変更も考えましたが
時間もあるし、午後は雨が止むような予報でしたので
14キロの安芸市まるごとコース(岩崎弥太郎生家や野良時計を回る)でなく
そのまま22キロコース(安芸市・芸西市堪能コース)にしました

時間になり、陸上競技のピストルの音でスタートです
国道に出て、すぐの信号を左折して「安芸漁港」へ進みます
Dscn0898

前を、ちゅうさんが歩いています
天気が良ければ、太平洋と海岸線が見えるはずが
どんよりした雲、にごった海で残念です
Dscn0899

安芸漁港には「日本一高い防波堤」とあります
(海面からの高さが日本一?)
Dscn0900

その先では、防波堤の強化工事が行われていました
テトラポットを沈めて、強化するようです
潜水夫が水中からクレーン船に指示する声が
スピーカーから、ゴボゴボという音と共に響いてました
Dscn0901

Dscn0902

堤防の道から自転車道に入ります
Dscn0903

異常気象時は通行止めです
Dscn0904

前にはもう、ちゅうさんの姿が見えなくなりました
一直線に自転車道が続きます
Dscn0905

今日は、波も荒く、打ち付ける不気味な音が響きます
Dscn0906

途中、国道と並行します「琴ヶ浜」まで行くようです
Dscn0907

「土佐東街道休憩所」です
給水所の設営途中でした
Dscn0908

御殿ノ鼻の上りです、海岸線は視界が悪く3キロ位の視程でしょうか
Dscn0909

切り通しに「赤野休憩所」、チェックポイントです
参加人数が少ないので、前後の参加者の間隔が開きます
Dscn0910

土佐くろしお鉄道の高架の下で稲わらを干してました
Dscn0911

和食(わじき)駅近くと思いますが前後に参加者が見えないです
Dscn0912

「琴ヶ浜休憩所」のチェックポイントです
雨は、止みそうな気配はありません
レインコートを着ていますが、汗と雨で濡れています
Dscn0913

公園を出て、和食川沿いに国道へ
途中に昔の鉄道写真のタイルがありました
(土佐電気鉄道時代に赤野川を渡る貨物列車のようです)
Dscn0915

国道55号線(土佐東街道)で安芸市へ戻ります
芸西村のままの歓迎のオブジェ
Dscn0916

津波浸水想定区間の看板が、いくつも出てきます
Dscn0917

帰りは国道の歩道を歩くだけで見所はありません
雨は降り続け、国道を通る大型車から水を掛けられ
「雨の行橋別府100キロ」を思い出します

安芸市に戻りました
Dscn0918

往路で通った赤野休憩所です
Dscn0919

さらに国道の歩道を進みます
途中、レストラン矢流前のチェックポイントで最後です

この案内板も往路で撮影した案内板の裏側でした
Dscn0920

へんろ道の道標がありました
Dscn0922

もうすぐ秋季キャンプで賑わうのでしょうか?
Dscn0923

安芸市のマンホールは野良時計の図柄です
Dscn0925

スタート地点の安芸市観光情報センターに到着
Dscn0926

12時25分、ゴールしました
Dscn0927

ゴールでは「芋けんぴ」と「お菓子」を頂きました
完歩証とバッチです
20161022kanpo

Batch

ちゅうさんは、もうゴールされていました
雨が止めば、レンタサイクルでと思いましたが
止みそうに無いので諦めました
ちゅうさんも、着替えにホテルに戻られるとのことで
会場でお別れしました

昼食は、試しにお弁当(800円)を注文してました
会場向かいのビジネスホテルのレストランでした
「しらす丼」メインの定食でした
Dscn0928

雨に濡れて少し寒かったので、熱燗も頂きました

安芸市は童謡の里という事です
これは作曲家の弘田竜太郎の出身地で
市内各所に童謡の歌碑があるそうです
Dscn0930

昼食後、小雨がまだ残る中を安芸駅に戻りました
安芸駅は「ぢばさん市場」が併設されており道の駅のように
地場の農産物や加工品が販売されていました

Dscn0934

早く冷えた体を温めて、着替えるべくホテルのある
のいち駅まで移動しました
Dscn0937

結果的には、1日中雨に降られてしまいました
コースも、旧土佐電気鉄道の廃線跡を利用した
自転車道は良かったですが、戻りは国道の歩道を
歩くだけで、雨だったこともありますが、ちょっと残念でした
「雨もまた自然です」が、やはり天気は良く無いと駄目ですね

最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 第18回 和泉弥生ロマンツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第12回 土佐よさこいツーデーウオーク(2日目) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12回 土佐よさこいツーデーウオーク(1日目):

« 第18回 和泉弥生ロマンツーデーウオーク(2日目) | トップページ | 第12回 土佐よさこいツーデーウオーク(2日目) »