« 第30回飯田やまびこマーチ(2日目) | トップページ | お知らせです »

第8回 中国山脈横断100キロウォーク

島根県益田市にある合宿可能な自動車教習所の
「Mランド」さんが運営する
第8回 中国山脈横断100キロウォークの受付票と
大会要項や注意事項などの書類が13日(金)に届きました
Cci20160516

今年の100キロウオークは、2月に開催された
近笑会100キロが豪雨で50キロの舞子で止めたのと

糸島110キロは日程が合わず申し込みが出来ず
上半期は100キロ歩かずに秋以降の大会参加を
考えていました

中国山脈横断100キロウォークは、日程は合うのですが
スタート地点の「戸河内IC」にある「道の駅来夢とごうち」に
行く手段が限られていて、毎年躊躇していました

車を持たない私にしてみれば、公共交通機関のみが
頼りですが、スタート当日の朝に益田市から出る
送迎バスに乗車するには、益田市に前泊する必要が
有りますが、大阪から益田まではJRで半日は必要です

なので、金曜日に仕事を終えてからでは間に合いません
夜行バスも考えましたが、到着時間が間に合いません

いろいろ探して見つけたのが、広島から益田を結ぶ
広島電鉄の路線バス「広益線」です
広島バスセンターを8時18分に出る高速道路経由の
バスに乗車すれば、戸河内ICのバス停に9時20分に
到着します バス停から道の駅はすぐ隣です

以前は、スタート時間が早くて間に合わなかったですが
9時受付開始、10時開会式なので、なんとか間に合いそうです

広島ならば、金曜日に仕事を終えてから新幹線で
移動しても間に合う距離です

足はなんとかなりそうなので、申込むことにしました
ホームページは、大会日程が出てからなかなか更新が
されないで、申込フォームのみ用意されてましたので
とりあえず、申込んでおきました

しかし、受付のメールも届かないし、連絡もありません
すると参加費用等の案内と、振込先が更新されましたので
早速、参加費用を振込みました

でも、やはり連絡がないので、教習所の問い合わせの
フォームから問い合わせると、事務局の人から電話があり
送迎バスの利用や、振込金額の確認がありました

5月10日頃から案内を送付するとの事でしたので
まっていると、ようやく届きました

ゼッケン番号がなんと「19番」と若い番号で少しなんか
恥ずかしい気持ちです(笑)

そんなに早くゴール出来ないと思いますが
帰りのJRも早くても11時台の益田駅発までしか
ありませんので、完歩だけ目指して、ゆっくり歩くつもりです

あとは天気だけかなぁ

そろそろ8月の「アサマスタークロスウォーク」の
大会要項も出てきそうなんだけど・・・・・・・

|

« 第30回飯田やまびこマーチ(2日目) | トップページ | お知らせです »

コメント

こんばんわ
6月には中国山脈横断100キロウォークに行かれるのですね。
聞くところによりますと 100キロウオークでは 1番アップダウンも激しくて厳しい大会の一つだと訊いてますし 6月だと晴れたら暑いですし 雨だと最悪のコンディションになりますし とても心配です。

参加人数は 毎年どれ位なのでしょう?
1000人以上なら 今年は間に合いませんが 来年以降スタッフ登録の上 ワンワン応援隊も行きたいところですね。

お怪我もなく暑さ対策の上 ご無事で完歩されますよう 願っております。

投稿: 237ですよ。\(^▽^)/ | 2016.05.17 20:41

237さん こんばんは
コメント有難うございます
また、ご心配有難うございます

昨年の参加者は284名でした
完歩193名で、完歩率は67.9%です

もう少し参加者増えても良さそうですが
何故かは、歩いてみないと分かりません
スタートも、ゴールも不便なのが
一因だとも思いますが

時間的に余裕はあるので、安全優先で
頑張ってきます!!

投稿: hiroyuki23 | 2016.05.17 22:35

こんばんは。
100㎞ウォーク参加されるのですね。
中国山脈横断って、、、かなりハードそうな気がします。
主催者が自動車教習所なんですね。
社員教育の一環で100㎞ウォーク始めたのでしょうか?
無事完歩されるよう、遠くより応援しています。
頑張ってくださいね。

投稿: 花火 | 2016.05.18 22:26

花火さん こんばんは
コメント有難うございます

この大会、教習所のお祭りのイベントの
一つとして開催しているようです
教習所のホームページで案内が掲載されますが
毎年更新されるのと、参加者が少ないので
その辺りの事情が良く分かりません

最初の20キロで標高800m近くまで登りなのと
逆に超えてからの急坂の下り、10キロ近く
自動販売機も無い、真っ暗な国道を歩くのが
参加者が少なく、厳しいと言われるのだと思います

まあ、時間だけは余裕があるようなので
ホタルが乱舞するのが見られるのを楽しみに
参加してこようと思います

投稿: hiroyuki23 | 2016.05.18 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/63642115

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回 中国山脈横断100キロウォーク:

« 第30回飯田やまびこマーチ(2日目) | トップページ | お知らせです »