« 12月24日(木)入院9日目 | トップページ | 12月25日(金)入院10日目 »

糖尿病入院日記(番外編)

昨日、24日の夜に検査した「睡眠時無呼吸症候群」の
検査結果について主治医から説明がありました
多少その傾向はあるものの数値的には軽症程度で
積極的な治療は不要とのことでした
(肥満が進むと重症化するので注意が必要です)
また、退院日ですが、病院の最終診療日である
12月30日に決定しました
年末年始は自宅で迎えることが出来ます
(年始の初歩きウオークにも参加出来ます)

今日は番外編で、自分自身の趣味の世界です
機械ものが好きなので、病院でもいろいろな機器や
設備に興味があります
でも、ほとんどは撮影することが出来ないのが残念です

毎日3食の食事を運んでくる「フードキャリー」を
紹介したいと思います
(冷温蔵配膳車とも呼ぶようです)

1台のコンテナが温蔵庫と冷蔵庫になっていて
温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たうまま
病棟階まで調理室から業務用のエレベーターで
運ばれてきます
(安全確認の為、二人体制です)

電動カートと同じく、モーターで動きます
また、ハンドルレバーで進行させたり
方向を変更したり出来るようです

外観はこのようになっています
Dsc03926

普通に歩ける人は基本的に
デイルーム(談話室)で食事を頂きますので
その部屋の横に設置されます
固定後、電源コードで電気を供給します
(移動時はバッテリーで稼働しています)
Dsc03925

食事のトレーの写真ですが
トレーの中心部分に凹みの部分があります
上から見ると出っ張っています
この写真の場合は、左(狭い方)が冷たい料理
右(広い方)に温かい料理を置くようになります
Dsc03924

コンテナの方は、扉の左右で冷蔵庫と温蔵庫に
仕切られていて、トレーは真ん中の凹みが
丁度、コンテナの温蔵庫と冷蔵庫の仕切り板の
隙間に収まるようになっています
Dsc03947

トレーの幅が左右非対称なのは、温度帯を
間違えないようにする工夫と思います

左右に2列9段で、両面あるので1台では36食分を
運搬が出来ます
(この階の最大入院患者数は36名なので、丁度ですね

温度管理は、温蔵庫が60度で冷蔵庫は6度で
設定されているようです
Dsc03950

ちょっと写真と言葉では分かり難いと思いますが
このような設備を利用して、患者さんが病院食を
美味しく頂ける仕組みになっています
(昔は、冷めた料理しか食べられなかったと思います)

料理が温かい、冷たいというのも食感としても
大事な要素ですね

最後まで読んで頂きまして有難うございました
今回は、退院日決定の報告と病院食の工夫で
番外編として紹介しました

|

« 12月24日(木)入院9日目 | トップページ | 12月25日(金)入院10日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/62940699

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病入院日記(番外編):

« 12月24日(木)入院9日目 | トップページ | 12月25日(金)入院10日目 »