« 12月27日(日)入院12日目 | トップページ | 12月29日(火)入院14日目 »

12月28日(月)入院13日目

入院してからは、テレビも新聞も見ません
Yahooニュースなどで、ヘッドラインは読むので
世の中の様子は分かります
本当に、インターネットは便利かもしれません
今日は、午前はDVD学習で「食事療法」のテーマで
2回目の視聴となりました
出席表には、1回目と2回目があるのですが
確かに同じテーマ、内容でも2回目の方が
理解が深まりますし、あれ?こんな事あったっけと
メモを取っていた時の、見落としも気付きます
だから、出席表に1回目、2回目があるんですね
午後は「糖尿病の運動療法」の講義でした

26日の日記で、個室や3人部屋も退院して
部屋が空いてきたと書きましたが
この土・日で、また部屋が埋まってきました
救急で搬送されてきた患者さんや、高齢者で
食事等など介護が必要な患者さんのようです
(この当たりの事情は良く分かりません)

地域医療と連携を密にしているので
地域の小さな入院施設から年末年始は
一時的に転院してきているのかもしれません

そうそう、テレビや映画などで病院ものでは
院長先生回診と、ぞろぞろと医師や看護師の
大名行列みたいなシーンがありますよね

この病院では、そんな回診はないのかと
思っていましたが、夕方近くに放送があり
(病室のナースコールのインターフォンの
スピーカーを利用しています)
回診がありますので、病室にいて下さいと
流れました

しばらくしますと、院長ではありませんが
私が受診している「糖尿病内分泌内科」の
部長先生の回診でした(副院長でもあります)

まあ、大名行列のような大げさな人数では
ありませんでしたが、カルテの概要を確認し
看護師が経過説明後、簡単な問診を受けました

「退院は大丈夫ですね。但し退院してからの
 生活が大事ですから気を付けて下さい」と
言われました(これで30日の退院決定ですね)

夕方には、主治医から退院後の治療に関して
いろいろと説明を頂きました
1日1回のインスリン(持続型)と、新しい薬で
インクレチン治療薬でGLP-1受容体作動薬の
2種類の注射を毎朝のみ行う事となりました

持続型インスリンは「トレシーバ」という名前
GLP-1の薬は「ビクトーザ」という名前です

この「ビクトーザ」は副作用で吐き気など
胃腸障害を起こす可能性があるので
最初は0.3mgから始めて、1週間毎に
様子を見て量を倍、倍に増量して最終は
0.9mgまで増やします

明確な理由は不明ですが、日本では、
1.0mg以上の処方は許されてないそうです
(外国では1.0mg以上も良いらしいですが)

血糖値測定は、朝と寝る前の2回で
注射は、朝のみ1回なので助かります
(会社に注射を持っていくのは嫌ですし)

早速、今日の寝る前のトレシーバを止めて
明朝から、退院後の処方で注射する事に
なりました

さて、本日の朝食です
Dsc04002

朝セット(ムP1マJ1) 朝食 野菜スープ
朝食チキンソテー/ブロッコリー 牛乳 です

昼食です
Dsc04006

米飯180g サバの生姜煮(マービー) 付蓮根煮(減)
付煮しし唐(2本) ひじきの旨煮(大豆・減)
チンゲンサイのゆば和え です

夕食です
Dsc04008

米飯180g イカの中華炒め(豚) 白才と油揚の炒め煮(減)
ほうれん草・人参のナムル みかん1個 です

窓から見える茶屋町の駐車場にバスではなく
大型トレーラーが駐車していました
梅田芸術劇場の公演用の機材車でしょうか?
Dsc04003

夜には音楽専門学校ESPエンタテインメントの
ビルの壁のイルミネーションが綺麗です
Dsc04009

今日も最後まで読んで頂きまして有難うございます
お蔭様で、退院まで残り2日間となりました

|

« 12月27日(日)入院12日目 | トップページ | 12月29日(火)入院14日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/62962732

この記事へのトラックバック一覧です: 12月28日(月)入院13日目:

« 12月27日(日)入院12日目 | トップページ | 12月29日(火)入院14日目 »