« 琵琶湖一周10回割ウオーク(第4回)海津大崎鑑賞コース | トップページ | 第24回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目) »

第24回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目)

週間予報の週末の天気に一喜一憂する1週間でした
おまけに季節外れのコースで台風まで来るし
参加者のみならず、大会関係者の皆さんも心配だったと思います
16日(土)の1日目のコースは天気次第で決めようと思ってました
晴れなら40キロ、雨なら20キロに短縮するつもりでした
仕事を終え、サンダーバードで敦賀のビジネスホテルにチェックイン
天気予報は、朝方まで傘マークですが、8時以降は曇りマーク
スタートで多少は雨に降られても、すぐに止むと判断しました
GPSの軌跡です
20150516

朝起きると、まだ小雨が降っています
40キロコースのスタートは7時15分、敦賀駅の始発が最寄駅の
三方駅に着くのが7時、会場までは7分~10分程度でギリギリです
20150516_002

すでにスタート前の体操が進む頃に会場に到着
雨は小降りですが、降り続いています
20150516_003

参加証を受付に出して、地図やゼッケンを受取り
各種パスポートを預けて、ゼッケンをデイパックの
カードケースに収めて、地図はマップケースに
それ以外は、デイパックに押し込んで、スタートの列に
並んで、スタート印を押してもらい、スタートしました
7時20分のスタートです
20150516_004

今年から会場が若狭町庁舎から
消防署を挟んだ南側の「若狭さとうみパーク」に
変更になりました
小浜線を左手に見ながら、南へ進みます
雨は予報に反して、降り続いています
20150516_005

十村駅の手前で、小浜線の踏切を渡り
西に進んでいきます
雨は微妙な感じで、皆さんのスタイルもバラバラです
20150516_009

若狭町(旧三方町)は梅の産地です
道路の両側に、梅の木が実を付けています
20150516_010

高速道路が完成しました、工事中は建設中のトンネルを
通っていましたが、完成した今は歩くことは出来ません
20150516_011

なので「若狭トンネル」を通って旧上中町に抜けます
20150516_015

1993年10月に竣工した、全長585メートルのトンネルです
20150516_016

雨は小降りですが、山々を見ると
雲が低くたちこめて、止みそうな気配がありません
20150516_020

鳥羽公民館に到着しました
スタートして、約10キロ位です
20150516_023

下吉田の集落で恒例の炊き立ての
「幸福米」のおにぎりを頂きます
20150516_026

さらに進んで「瓜割の滝」に到着です
スタンプを押してもらいます
「水まんじゅう」を頂きました(写真なし)
20150516_027

さて、ここから熊川宿を目指します
タンクなどに水を汲む場所で、コップで
瓜割の水を頂きました
20150516_029

相変わらず雨は降り続きます
霧雨が、だんだんと逆に雨が強くなってきました
前から20キロコースの早い人ともすれ違います
20150516_030

熊川宿に到着しました
チェックポイントは、もう少し先になります
20150516_032

宿場町を進んで、チェックポイントです
20150516_034

熊川児童館で「長操鍋」という大豆入りの
温かい豚汁のおもてなしを頂きました
20150516_035

途中で頂いた「幸福米」のおにぎりと一緒に食べました
20150516_036

毎年、この場所では軽快なアナウンサーさんの
呼び込みと、インタビューが行われています
20150516_038

豚汁を頂いて、再スタートで歩き始めた時
前から、花火さんに声をかけて頂きました
坂の途中でと思っていましたが、私が遅くなって
熊川宿での出会いになりました
握手でエールを交わして、元気のパワー頂きました

さあ、山越えの山道へ再スタートです
雨はまだ止みそうにないです
20150516_040
ちなみに前の襷の3名は海上保安庁の方のようです
襷には「もしものときは118番」と書いていました

坂を上り始めてまもなく、見覚えのある
「全員完歩」の旗を持つ、237さんとすれ違いました
手を振って、エールを交わしました
また、元気を頂きました(頑張ろう!)
20150516_041

さらに坂を進むと、自衛隊員の隊列とすれ違いました
完全装備で中隊ぐらいの人数で参加されていたようです
遠慮して、後ろ姿で撮影しました
20150516_043

かみなか農楽舎に到着しました
この手前、わかさカントリーの入り口を
過ぎたところで、20キロのアンカーとすれ違いました
20150516_045

ここが最後のチェックポイントです
20150516_046

ようやく雨も上がり、倉見峠を越えて
白屋の集落に進んでいきます
20150516_047

地元の方が歩道にフラワーポットを
並べて「フラワーロード」を作ってくれてました
20150516_048

園城寺の「みかえりの松」
どの方向から見ても美しい枝振りなので
この名前が付いたようです(県指定天然記念物)
新日本名木百選、松の名木十選でもあります
20150516_052

B&G海洋センターに到着、あと5キロです
20150516_053

高岸で若狭牛の牛舎を通りました
静かに、手を触れないでねの注意書き
この牛が一番顔を突き出していました
20150516_057

コースの案内看板です
各地の大会の中では表示が解りやすい
案内表示と思います
20150516_058

この大会は、アドバルーンが見えると
帰ってきたと実感するとともに、あと少しと思います
20150516_059

会場の「若狭さとうみパーク」に戻りました
20150516_062

会場では、温かい「しじみ汁」が頂けました
20150516_065

完歩証の番号の抽選は1番違いでハズレでした
会場を回ってみましたが、顔を知る人に会いませんでした
15時30分三方駅発の臨時ツーデーマーチ5号で
上中駅からの20キロコースの参加者と交代で敦賀駅に戻りました
20150516_066

敦賀駅では、新しくなった「今庄そば」で
おろしそばを頂きました(昆布のおにぎりは売切)
20150516_067

結果的にはスタートから半分以上は雨でした
体力消耗しました けど知った人とは出会えて
良かったです

それともう一つ、実はスタート前に慌てていて
ゼッケン記入場所の机に、パスポートケースを
置き忘れたか、落としたのでした
途中、鳥羽公民館あたりで気付いたのです
ゴールして、大会本部を訪ねると、落し物で届いてました

拾って届けて頂いた方、本当に有難うございました
また、私も気付いた時に大会本部に連絡しておけば
良かったのですが、会場で放送で何回も呼んで頂いたようです
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした ありがとうございます
このブログを見て頂けるか分かりませんが
お礼と感謝の言葉を書き添えさせて頂きます


最後まで見て頂いて有難うございました
よろしければ励みになりますので
バナーをクリックして下さいね

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

|

« 琵琶湖一周10回割ウオーク(第4回)海津大崎鑑賞コース | トップページ | 第24回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目) »

コメント

お疲れ様でした。
天気予報だと、雨はもっと早く上がるはずでしたのに、ずっと降っていましたね。
40㎞コースの幸福米のおにぎりや水まんじゅう、魅力的ですね。
瓜割の滝もまだ見たことが無いので、熊川宿の40㎞コースも挑戦したいなぁと思いました。

このコース、40kmウォーカーと20㎞ウォーカーのすれ違いがあり、おもしろいですよね。
たくさんの人と声かけあったり、ハイタッチしたりして、楽しかったです。

2日目のレポートも楽しみにしています。

投稿: 花火 | 2015.05.20 22:36

花火さん コメント有り難うございます

幸福米のおにぎり、美味しいですよ
峠道は20キロから上るほうが急と思うのですが
どうなんでしょうか?
40キロ側は、なだらかに上る感じです
ぜひ来年はチャレンジしてみて下さい

海南も1日目の30キロですと、北野上公民館の
往復が同じような感じになりそうです

2009年の時のあの峠道の写真を探しましたが
当時はあまり写真を撮ってなくて、秋開催で
すすきが茂る山道の写真だけで、工事中の
厳しいところの写真は無かったです
熊川宿に下りる舗装道に出たときはほっとしました

2日目のレポにもまたコメントしますね
天気予報、2日目の雨は確度Bで変わらないです

投稿: hiroyuki23 | 2015.05.21 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/61610529

この記事へのトラックバック一覧です: 第24回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目):

« 琵琶湖一周10回割ウオーク(第4回)海津大崎鑑賞コース | トップページ | 第24回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目) »