« 第15回 一宮七夕ウォーク(2日目) | トップページ | 淀川河川敷ウオークキング(自主トレ) »

酷道?(国道)308号線を歩く

愚痴になりますが、本当に8月は天候不順でした
各地で災害も発生し、農作物への影響も大きく
夏野菜は、軒並み高騰してて、しかも品質が良くないです
農家の皆さんも苦労されていると思います
お蔭で、7月のBlogでは大会の無い分、自主的に歩くぞと
書いていましたが、雨に負けて、全く歩けていません
帳尻合わせでは無いですが、8月最終日やっと天気も良くなり
歩くことが出来ました
では、GPSの軌跡から
20140831

9月の3連休の後半、14日~15日に開催の
飯塚~武雄100kmを意識した練習コースを
考えました

米の山峠(349m)を、スタート後にまず越えます
傾斜は不明ですが、近場で考えて「暗峠(455m)を
奈良側から歩けば、似た感じになるかなと思いました

近鉄のハイキングマップをHPからダウンロードして
かつての暗越奈良街道である国道308号線を歩きました
スタートは尼ヶ辻駅、ゴールを枚岡駅にして約15km
いきなり歩き始めるには、丁度良いと思いました

山道と急な下り坂を考えても3時間少しで歩けるので
自宅を6時過ぎに出て、尼ヶ辻駅には7時半頃到着
周囲の写真を撮影して、スタートしました
Dsc01273
Dsc01274_2

国道308号線は、国道でありながら酷道と呼ばれています
それは、暗峠の前後の坂、特に大阪側が急坂であることと
峠の幅員が狭く、軽自動車が通れるかどうかという道だからです

まあ、阪奈道路、第二阪奈道路があるので、好んで
わざわざこの道を車で通る必要もありませんが
その為か、山部分以外も、ほとんど車1台の幅員です
Dsc01276

国道のおむすびマークも錆びついたままです
Dsc01279

県道と交差する「砂茶屋」の交差点
横断歩道を渡った細い道が国道です(県道の方が広い)
Dsc01285

田んぼの農業用の道ではありません、国道です
Dsc01287

砂茶屋から大阪に1kmほどにある常夜燈です
天保七年(1836)木嶋社 闇夜燈 往来安全とあります
江戸の頃から、街道を往来する旅人の目印であったのでしょう
Dsc01288

矢田丘陵に向かって、道は狭く、坂も急になります
Dsc01290

チェーンより、自動車は通行出来ませんと案内した方が
Dsc01293

追分の集落まで来ました
「追分梅林」の記念碑が立っていました
Dsc01294

追分本陣木村家住宅です
石碑の道標には「右 大坂道」とあります
Dsc01295

「左 こうり山道」となっており
天保7年のもので奈良市の文化財です
Dsc01297

国道の自動車道としての役割よりハイキングコースです
Dsc01300

この先の「榁木(むろのき)峠」を越えた急坂が、濡れていて
つるつる滑るところで、足を滑らせて右膝を少し捻りました
(この後、この右膝の痛みに悩まされます)

小瀬に下るところに「足湯」とトイレがありました
ここから、生駒山がきれいに見えました
山頂から左手に下がった窪みが、暗峠です
(そう、登り返しになります)
Dsc01301
拡大すると、左の窪みに道が白く見えています
Dsc01302

小瀬の信号を右折して道なりに歩くと
奈良側から来た場合、左の道に入ります
国道308号線は、狭い方に行くのが正解でしょう(笑)
Dsc01303

曲がって住宅地の中を上って、下ると
南生駒駅に出ます
丁度、生駒行の電車で踏切待ちになりました
Dsc01306

幅員1.3m通り抜け不能の看板
Dsc01307

車1台分の幅しかなく、歩行者もぎりぎりです
Dsc01308

今は少し改良されて、幅1.8mまで通れるようです
Dsc01309

この後、やまびこホールで先ほどの右膝が痛くなり
トイレがあったので、少し水で冷やして応急処置
20分ほどの大休止となりました
下って、南生駒駅から帰ることも考えましたが
あと1.5kmほどで峠なので、足を進める事にしました

道が新しく改良されて直線になっているところの
細い旧道に入ると藤尾町の阿弥陀如来立像があります
Dsc01312

旧道に入った所のおむすびマークは新しいです
Dsc01313

ハイキングコースですね
右に進むとケーブルの途中「宝山寺」に抜けるようです
Dsc01314

犬養孝先生揮毫の万葉歌碑
Dsc01317

さきほど矢田丘陵を逆に見ます、棚田の緑が濃い
Dsc01321

ここも道路改良されています、旧道は右に上ります
Dsc01322

信貴生駒スカイラインのトンネル
車上荒らしの警告が目立ちます
Dsc01323

峠の茶屋。国道ですがこの区間は石畳です
(石畳は江戸時代に郡山藩が敷いたとのこと)

大阪府東大阪市の所が峠です
かき氷に心が動きましたが、進みます
Dsc01324

日本の道百選
Dsc01325

暗峠の石碑
Dsc01326

地蔵堂にも石碑があり「右 矢田山二里」とあります
Dsc01330

さて下り坂が続きます
体は楽ですが、足の負担が大きいし、右膝も痛みます
広い道は国道でなく、滑り止めの細い道が国道です
府民の森の額田園地となるかわ園地の間です
Dsc01333

大阪側も棚田がきれいです
Dsc01336

日差しは強いですが、気温は電光掲示板では
23度でした、点滅していて写真に撮れませんでした

弘法大師の水とありますが飲めません
Dsc01337

ここで、地元のおばさんにミニトマトを頂きました
弘法大師の水で洗って食べました
Dsc01339

ここが90度ターンで、最大斜度37%のカーブの難所
Dsc01340

途中、視界の切れたところから大阪市内を遠望
Dsc01343

松尾芭蕉の句碑です
Dsc01344

途中で豊浦橋を渡り、枚岡公園、枚岡神社を抜け
ゴールにした枚岡駅に到着しました
Dsc01345

途中のアクシデントと、急坂での失速を考慮して
時速5.5kmは維持出来ると思います
再開のウオーキングとしては、丁度でした

しかし、練習で膝を痛めたのは想定外です
あと2週間で、完治しないとということで
懸命に冷やしています

膝の調子を見ながら、今度の土・日も歩きます
今度は出来れば淀川河川敷で距離を歩きたいです

|

« 第15回 一宮七夕ウォーク(2日目) | トップページ | 淀川河川敷ウオークキング(自主トレ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/60241291

この記事へのトラックバック一覧です: 酷道?(国道)308号線を歩く:

« 第15回 一宮七夕ウォーク(2日目) | トップページ | 淀川河川敷ウオークキング(自主トレ) »