« GW東京日帰り旅行(国立競技場見学他)[前編] | トップページ | 第6期琵琶湖一周8回割ウオーク(第4回) »

GW東京日帰り旅行(国立競技場見学他)[後編]

さて、国立競技場に急ぎます
午後の見学は14時からで、受付は13時半からです
しかし混雑を予想して、13時過ぎには到着しました
Dsc00394

あー、やはり予想通りです
すでに長蛇の列が出来ていました
20140505_178

totoでおなじみ日本スポーツ振興センター
Dsc00396
私、毎週買ってますので貢献してますよ

1時間ほど並んでようやく受付に到着
1,000円を払って入場です
Dsc00397
Dsc00398

普段は関係者しかはいれない正面玄関から入場
入場パス、パンフ、記念ハンカチなどを頂きました
そして一旦控室にて待機です
モニターでは、建設当時の様子を流していました
20140505_179
Dsc00400

パスの実際の関係者用を模倣して
作成しているそうです
アクセス可能エリアも実際と同じ記号です
番号は一意のもので同じ数字は無いそうです

今日のスタジアムツアーの案内図です
Dsc00403

部屋が一杯に(100名位?)なったところで
注意事項等の説明を聞いて外に出ます
まずは正面玄関上の位置にある1964年の東京オリンピックの
優勝者の名盤を見ます
すべては無理なので、マラソンのアベベ選手の部分を
Dsc00410
Dsc00412

国立競技場と一般的に言われていますが
正しくは「国立霞ヶ丘競技場」です
Dsc00428

次に、1991年世界陸上優勝者名盤です
Dsc00429
この時のマラソンの優勝者は谷口選手でした

さあ、トラックへのシャッターが開いて
いよいよ中に入ります なんだか興奮しますね
Dsc00435

トラックに入って振り返ります
Dsc00440

写真ですと大きさの実感が湧きませんね
Dsc00445

ロッカールームですが、意外と簡素でした
Dsc00447

ホワイトボードにはメッセージが一杯
Dsc00448
Dsc00449

シャワー室です
Dsc00451

スタンドに上がります
Dsc00455

記者席にはテーブルが付いています
Dsc00457

ロイヤルシートはカバーが掛っていました
Dsc00467

その場所から聖火台を望みます
Dsc00471

貴賓室です
コンサートの時は、出演者の控室になるとかで
嵐ファン、ももクロファンの問合せが多いそうです
Dsc00464

織田ポールです
1928年アムステルダム大会で
日本人で初めて金メダルをとった
三段跳びの織田幹雄さんの偉業を記念に
飛んだ距離15.21mのポールが立っています
Dsc00473

芝生は立入禁止です
コーナーの芝の上から撮影して見ました
Dsc00482

地下道への入り口で、選手がトラックを
横切らずトイレに行けるようにトイレがあります
Dsc00484
Dsc00486

トラックは8コースです
現在の国際陸上競技基準では9コース必要ですので
今回の改修工事で9コースになります
Dsc00489

一旦、競技場の外に出て
「出陣学徒壮行の地」の石碑を見学します
Dsc00494
Dsc00497

「同期の桜(染井吉野)」<海軍>
Dsc00495

「萬朶の桜(八重桜)」<陸軍>
Dsc00498

聖火台に向かいます
Dsc00506

聖火台です
Dsc00518

聖火台の土台までは上がれませんでしたが
同じ高さぐらいから見た代々木、新宿の景色です
Dsc00519

コンサートの日「ももクロ」の一人一人は
どんな思いでこの景色を見たのでしょうか?

これで国立競技場の見学は終わり
表参道ヒルズに移動します

表参道ヒルズでは「風とロック」の創刊100号を記念して
「箭内道彦 月刊 風とロック展〜愛と伝説のフリーペーパー、その神髄」が
開催されていますので、覗いてきました
20140505_182
20140505_181

中は撮影禁止です
ちなみに「ももクロ」ちゃんは2012年6月号でした

そこから銀座線で京橋へ移動
最後の警察博物館です
Dsc00525

「警視庁全職員アンケートで選んだ
首都140年の十大事件」の特別展です

十大事件と上位100位の事件がパネルで
紹介されていました
「ももクロ」ちゃんはこの特別展の応援団です

常設の展示も貴重なものが多く
中でも殉職者のコーナーは本人の写真だけでなく
当時身に着けていた生々しい制服の展示もあり
改めてその職務の厳しさを感じました

ここから歩いて東京駅八重洲口にもどりました
綺麗になってました
Dsc00531

写真はまだまだありますが全部は無理ですね
私と同じように、回っている「モノノフ」さんも
各所で見かけました 恐るべし「ももクロ」効果
しかし聖地?全部回れて良かったです

次は7月の日産スタジアム参戦です!

国立競技場は、結構階段の上り下りがあって
ぐるぐる歩いて、上って、下りてで足が疲れました
1日ウオーキング並みに歩いていると思います

帰りはグリーン車で、鳥幸の焼鳥とハイボールで
のんびり、ゆったりと帰阪しました
20140505_185

|

« GW東京日帰り旅行(国立競技場見学他)[前編] | トップページ | 第6期琵琶湖一周8回割ウオーク(第4回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/59596455

この記事へのトラックバック一覧です: GW東京日帰り旅行(国立競技場見学他)[後編]:

« GW東京日帰り旅行(国立競技場見学他)[前編] | トップページ | 第6期琵琶湖一周8回割ウオーク(第4回) »