« (第5期)琵琶湖一周8回割ウオーク(5) | トップページ | 「一宮七夕ウオーク」(2日目) »

「一宮七夕ウオーク」(1日目)

昨年初めて参加して、一番の酷暑日で38度前後の中を
日陰も無い木曽川の河川敷を歩いて、26kmコースを
完歩出来ずに、短縮コースでバスで帰りました

やはり、この7月の下旬の季節に、カンカン照りの中を
ウオーキングするのは、身の危険を感じましたので
今年は止めておこうと思っていたのですが、夏場の大会を
開催するのは、北海道や東北、それに立山などの高地位で
案内も届いたので申込み、今回こそ26kmを歩こうと思いました

ではGPSの軌跡です
犬山城から、138タワーを経て一宮市までの26kmです
20130727

昨年までは、犬山城の体育館で昼食後、午後のスタートが
今年から10時~10時半に順次自由スタートとなりました
前日の夜に、一宮市に前泊しました

せっかくなので、日本三大七夕祭りである一宮七夕祭りを
覗こうとしたら、ホテル到着と同時にゲリラ雷雨に遭遇
そのままホテルに缶詰めです(笑)

名鉄で岐阜経由で犬山遊園駅まで移動しました
犬山橋(かつては線路と道路が一緒だった)です
Dsc00105
(奥の鉄橋が鉄道橋、手前に道路橋が出来て分離しました)

木曽川と犬山城です。とても良い天気です
Dsc00106

スタート会場に到着。大会の横断幕
Dsc00108

受付を済ませて、身づくろいを整えて、10時のスタートです
スタート印の押した地図をもらって出発します
Dsc00110

しばらくは、城下の町並みを歩きます
Dsc00112
Dsc00111

さあ、木曽川の河川敷に到着しました
Dsc00113

犬山緑地の中を歩きますが、木陰はほとんど無し
Dsc00114

ところどころ木陰の遊歩道もあり、風と清流の音が
心地よく歩けます
Dsc00115

約1時間、6km位の「すいとぴあ江南」に到着
Dsc00118

続いて、「フラワーパーク江南」に到着、ここで一旦休憩します
中は冷房が効いていますので、体を冷やします
Dsc00119

ずっと休憩したい気持ちを奮い立たせて
出発、ほどなく支流となった南派川を各務原市に渡る
小網橋を渡って対岸に
Dsc00120

エーザイの工場内にある「内藤記念くすりの博物館」で
チェックポイントです
冷たいお茶のの接待がありました(薬草茶?)

再び、南派川を河田橋で渡って戻ります
Dsc00121

渡り終えると、「138タワー」が見えてきました
昨年は、初めて歩いたので、距離感も、位置も不明で
なんだか時間が掛かったように思いますが
2回目になると、逆に早く感じるので不思議です
Dsc00122

「138タワー」に到着
今日はここがゴールではありません
無料休憩所で、涼みながら昼食を取り
再スタートに備えます
Dsc00126

昨年は、138タワーでゴールとしたので
ここからは未知のコースです
路線バスの停留所を追いかけながら歩きます
写真は、ゴールに一番近い停留所です
Dsc00127

停留所を過ぎて間もなく、大会スタッフの誘導で
ゴールの真清田神社北側の公園に到着しました
Dsc00129

JR尾張一宮駅は、昨秋に新しい駅ビルが完成
「i-ビル(あいビル)」と愛称が公募と投票で決まったそうです
Dsc00130

ホテルに戻り、ルートインですので
大浴場で汗を流して、休憩と横になったら
3時間ほど寝てました
夕食調達も兼ねて、七夕まつり見物に
Dsc00136
Dsc00139
Dsc00131

昨晩が雷雨でしたので、その分さらに人出が
凄かったようでした

|

« (第5期)琵琶湖一周8回割ウオーク(5) | トップページ | 「一宮七夕ウオーク」(2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/57890495

この記事へのトラックバック一覧です: 「一宮七夕ウオーク」(1日目):

« (第5期)琵琶湖一周8回割ウオーク(5) | トップページ | 「一宮七夕ウオーク」(2日目) »