« 第22回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | 最後の「鬼越え」!?(南船場ゴヤクラ) »

第22回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目)

さて2日目です
昨日同様に、小浜線の始発(6:24)して会場に向かいます
昨日受付を済ませているのでスタートに間に合いました

今日は「五湖一周・ふれあいの道」コースです
天気予報では、午後から雨が降り出しそうです
17kmの浦見川赤橋で、40kmと20kmの分岐ですが
空模様で判断したいと思います
時折、薄日は差しますが、風の強い天気です

GPSの軌跡です(結局20kmとなりました)
20130519

小浜線の電車のヘッドマーク、デザインが違いました
Dsc00053

最後の方からスタートします
Dsc00055

昨日のトンネルが見えます
Dsc00057

「縄文プラザ」を抜けて行きます
参加者は、博物館は無料で入館出来ますが
誰一人寄らずに進みます(まだ開いてない?)
Dsc00058

「梅の里会館」でトイレ休憩
前回は、逆回りでしたので、ここが終盤でしたので
ソフトクリームなど食べた記憶があります
Dsc00059

三方湖、水月湖と湖畔を歩いて
「若狭町ゲートボール場」に到着(ここで12km)
Dsc00060

ここ三方五湖は「梅」の産地です
道路沿いには、梅干しや梅エキスを販売する露店が並びます
Dsc00061

時々、雨粒が飛んできます
水月湖と日向湖を繋ぐ「嵯峨隧道」です
Dsc00062

この嵯峨隧道は、水害防止や灌漑目的で江戸時代から
工事を繰り返すも、日向湖の塩水が水月湖に逆流して
水田の稲が枯れる結果となり、昭和9年から閉じられたままです

浦見川赤橋に到着しました
40kmに進むか、20kmへエスケープするか考えて
今回は、20kmにエスケープしました
Dsc00065

田植えも終わりましたが、その田んぼを
新しい高架道が横切ります
空模様もますます怪しくなってきました
Dsc00066

グランド横の最後の歩道を進みます
Dsc00067

11時20分位にゴールしました
Dsc00068

しかし規定では正午からゴールの受付開始
遠方からの参加者も考慮して11時半開始となりましたが
少し時間があったので、役場の中で休憩しました

今回の参加者集計表です
Dsc00069

数ある大会の中でも歴史のある大会だと思います
資料では、第1回は261名、町制50周年記念の12回大会で
7,470名が最大で、だいたい5,000~6,000名の参加者です

今回の参加記念品は梅干しとお米です
Dsc00075

2日間の完歩証、18日と19日の完歩証です
Dsc00076

パスポートなどの返却(日本マーチングリーグや東海・北陸マーチングリーグ)
IVVの記録スタンプカードをもらって、三方駅に急ぎます
駅に着いて、敦賀駅行の電車を待つ間に本降りになりました
ぎりぎり間に合いました

敦賀駅は改修工事中です
構内の売店や「気比そば・あまの」「塩荘」などが
仮設の待合所の中に移転していました
Dsc00071

あまので天玉そばと昆布巻おにぎりを頂きました
Dsc00070

すでに跨線橋は完成していました
Dsc00073

帰りのサンダーバードをホームで待っていると
横殴りの雨が、強風とともにホームに吹き込み
屋根は役に立たず、冬場の風よけのお蔭で助かりました

2日目は天気が残念でした
結局、三方五湖を一周する目的を達成出来ず
宿題が残る結果となりました

次回の予定は、6月15、16日に倉吉で開催される
「未来ウオーク」の予定です
宿の確保が、月末にならないと旅行社から回答が無いので
最終的には未定です
(東京からのツアーは、最少開催人数に達せず中止と聞きました)

|

« 第22回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | 最後の「鬼越え」!?(南船場ゴヤクラ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/57420580

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(2日目):

« 第22回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | 最後の「鬼越え」!?(南船場ゴヤクラ) »