« 第26回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013 「5TH DIMENSION」 »

第26回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(2日目)

さて2日目ですが、天気予報がはっきりしません
寒冷前線が近づいており、雨がお昼前に降りそうです
20kmコースに変更しても、雨に遭うのは同じなので
そのまま予定通り40kmコース「吉備路・真備コース」に
参加しました
GPSの軌跡です
20130310


昨日の参加者数が張り出されていました
先週の京都とは違い、4倍近い参加者数です
(日本マーチングリーグの影響もあります)
P1000932

昨日と同じ7時スタート、出発式です
P1000934

出発時は、晴れててやや肌寒い感じ
美観地区を東へ進んでいきます
P1000937

マスカットスタジアムが見えてきました
P1000938

今日は、楽天とヤクルトのオープン戦のようです
P1000940

JR中庄駅を越えます
会社の展示会で利用する駅ですが
このような形で通過するとは思いませんでした
P1000941

駅を北側に越えてからは
山陽本線沿いに東へ進んでいきます
川崎医科大学(病院)の建物が見えてきます
P1000942

濃黄色の115系が走り抜けて行きました
P1000943

「是より吉備路」とあるのかな?
P1000945

「左 こんぴらへ」でしょうか?
P1000946

「吉備津神社」に到着しました
P1000948

天正7年(1579年)に再建された
360mの廻廊を歩きます
P1000949

神社近くの倉庫の扁額は
「第二部器庫」とあり時代が偲ばれます
P1000950
武器庫ではありません
消防関係のポンプなどの器材の倉庫です
第二部の器庫ですね

空模様が怪しくなり、道を急ぎます
2つ目のチェックポイントの「備中国分寺」に到着
P1000951

すぐに先に進もうと思いましたが
トイレが五重塔の下にあり、行ったついでに写真を撮ったり
大きな木の下に腰かけて、ゼリー飲料の補給などと
休憩していたら、強風と激しい雨が降り出しました
P1000952

間一髪、危ういところでした
雨具を用意しかけましたが
WNIの予報では10分程度で収まるとの予報
小止みになったので、傘で出発
P1000954
本当に、先のコースは田んぼのあぜ道
身を隠す場所も無く、休憩しなければ
雨具を出す間もなく濡れるところでした

雨が上がると、気温が急降下
肌寒くなりました
3つ目のチェックポイントである
きびじアリーナで、再度昼食休憩と
身支度の整え直しをしました
(靴下交換、ウインドブレーカー重ね着)
P1000955

伯備線の「清音駅」です
P1000956

トラスが美しいですね
川辺橋の新橋です
P1000959

こちらは新橋完成後に人道橋となった川辺橋です
昭和8年の竣工、室戸台風で、県内の多くの橋が
流された中でも、落橋しなかったそうです
P1000961

横溝正史疎開宅です
P1000962
現在は、倉敷市が管理して地元の方が
委託されて接待等されています
温かいお茶を頂きました
P1000964
昭和20年4月から3年半住まわれたそうです
「本陣殺人事件」「蝶々殺人事件」や「獄門島」は
ここで執筆された作品で、周辺にモデルとなった
神社等もあります

倉敷市役所真備支所にてゴールです
P1000967

全体的にはフラットなコースで
歩きやすいですが、ほぼ田んぼ等の
自転車道などで、変化が無いコースです

天気が良ければ、また違ったのかな
機会を見て再チャレンジしてみたいです

バスで市役所に戻ると
参加者数が更新されていました
Img_0585

残念ながら、2日目の天気の関係か
2日間で1万人の達成は出来ませんでした
残念でしたね

倉敷と加古川は地域密着で取り組まれており
私が参加した中では、ウオーキングの大会の
運営としては良い大会で好きですね

来週は琵琶湖一周の2回目です
気温が乱高下するので、着るものに困りますね

|

« 第26回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013 「5TH DIMENSION」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/57027510

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(2日目):

« 第26回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(1日目) | トップページ | ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013 「5TH DIMENSION」 »