« 『二倍会』10周年記念総会 | トップページ | 二倍会 »

『激辛会』に参加する(福龍園)

今日のお昼は秘密結社『二倍会』の辛いもの部会である
『激辛会』の昼食会に参加してきました。
場所は南森町の四川料理でお馴染みの「福龍園」です

店の扉を開けるなり大将から「今日は変態だれが来るの?」と
いきなりの変態口撃(笑)
「ネットで変態の集まる変な店と書かんといてや、普通の客が
来なくなるから うちは普通に美味しい店やねんから」と続きます

はい、間違いなく変態激辛も、普通の料理もとても美味しいです

まずは前菜(?)から

20100717_001
(小茄子の挽肉かけ四川風)
揚げ出しで小さいながらも茄子の味が凝縮されてて
挽肉の味とマッチングして美味しかったです

20100717_003
(四川風かつおのタタキ)
かつおのタタキも、塩やポン酢も良いですが、
中華風味もかつおの味が引き立ちます
家でも作って食べたいなぁ

※注意※
料理名はウロ覚えなので素材以外は正しく無いと思います

続いて
20100717_004
(蒸し鶏四川ソースかけ)
見た目には唐辛子の赤色で、さぞ激辛と思いますが
唐辛子よりも山椒の「麻味」(マーウェイ)に痺れます
鶏好きの私にはたまならい一品でした

20100717_008
(豚しゃぶとモロヘイヤの四川ソースかけ)
さきほどの痺れが残る口には、モロヘイヤのネバネバが
優しく感じました
多分、普通の人には辛いのでしょうが、美味しく頂けました

20100717_010
(ラム肉の四川炒め)
やや厚めにカットしたラム肉をピリ辛に野菜と炒めてます
結構辛い目(唐辛子系)の味でしたが、美味しかったですね
一番量を食べたかも。ラム肉大好き

20100717_013
(海老の黒胡椒炒め)
箸休めメニュー、黒胡椒の刺激が、
「麻」(山椒の痺れるような辛味)と「辣」(唐辛子の辛味)の
口には、とても柔らかな刺激
海老も大きめでプリプリの食感で美味しく頂けました

20100717_014
(水煮牛肉)
主宰のリクエストの一品。大将渾身の一品です
さきほどの柔らかな料理で気が緩んだ口には強烈な刺激
途中さらにリクエストで、「麻」が勝っていたので、唐辛子粉を
追加して「辣」を強化、またがらりと風味が変わり、
二度美味しかったです

20100717_017
(酸辣湯)
今回は辛味を抑えて(でも普通よりは辛いはず)の一品
具も抑えめにして、シンプルにスープを楽しむ仕上げに
最後のフィニッシュへの休憩メニュー(笑)

20100717_020
(特製麻婆豆腐)
やはりこのメニューは外せません
まさに、「麻」と「辣」の共演です
毎回、いろんなアレンジで違う楽しみもあります
美味しかった(ご飯が欲しい!)

20100717_023
(汁なし坦々麺)
今年の夏新登場、先週からメニューにも追加されているそうです
汁が無い方が、ソースの味をストレートに感じられて美味しいです
ソースにいろいろ混ぜられた具材の風味も豊かに感じられます
特に干し蝦の風味と胡麻の香りが良かった一品でした

正午から始まって、15時過ぎまでの10品を堪能しました
当初は辛味耐性が低く、なかなか辛味を楽しめませんでしたが
慣れは恐ろしいもので、今回は辛味の美味さを充分に楽しみました
何度食べても大将の料理は美味しいです

生ビールもですが、紹興酒もたくさん頂きました
ごちそうさまでした。有難うございます!

※貸切での特別料理ですので、ほとんどは通常メニューには無いと思いますので注意下さい

|

« 『二倍会』10周年記念総会 | トップページ | 二倍会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/48903215

この記事へのトラックバック一覧です: 『激辛会』に参加する(福龍園):

« 『二倍会』10周年記念総会 | トップページ | 二倍会 »