« 旭川・札幌・余市・小樽(つまみ食い編) | トップページ | 旭川・札幌・余市・小樽(動物園編) »

旭川・札幌・余市・小樽(旭川居酒屋編)

さて、今回、旭川に行った一つ目の目的は
「独酌 三四郎」という居酒屋に行くためです。

泊まったホテルからは目と鼻の先
てくてく歩いて出かけました。

「独酌 三四郎」
060620005

日本居酒屋紀行で、太田和彦氏が
日本三大白割烹着女将と呼び、
北海道随一の名居酒屋だそうです。

まずは瓶ビールに突き出し
<サッポロラガーと酢大豆>
060620006
この酢大豆の突き出しは、昭和21年の開店以来
変わらないそうです。

経木に書かれたメニューを見ながら
<しまえび>
060620007

<真つぶ刺とぼたん海老>
060620008

カウンターの真ん中の籠に野菜がいろいろ
<アスパラガス>
060620009

<たけのこ(笹筍)>
060620011

あいにく女将さんは、明日の予定の
打ち合わせか
とにかく、地元の人が次々来てはなにか
打ち合わせて、帰ります。

その代り、マスターがお相手してくれました。
お勧めを聞いたり、目の前の焼き場で
焼かれるのを、尋ねて注文したり
写真、撮るのも忘れてました(笑)
<柳葉魚(オス)>
060620012

「精肉」と書かれたメニューは
豚バラの炭火焼でした。
で、食べ終わったお皿を下げて
マスターが、お店の女の子にゴニョゴニョ
出てきたのは、裏メニュー
<焼き飯>
060620013

焼燗
そう、ここで燗を注文すると
特製の徳利を直接に炭の中に
入れて温めます
<清水焼の徳利>
060620019

先代が、京都で清水焼の油差しを
見つけて、そのデザインで作らせたとか
かれこれ50年余の風格です

隣に座ったお客さんが注文した豆腐
<友人が作った手作り豆腐>
060620015

おっぱい豆腐と言ってましたが
で、4分の1ほどお裾分けに頂きました。

暗くてよく写ってないですが
<焼き台>
060620016

お酒は、地元の蔵のもの
「男山」「国士無双」「大雪の蔵」から
各地の地酒が揃っています。

げ、日本酒の写真が無い(ノД`)

肴も、特に焼き物で
「なめたカレイ」「ほっけ」とか美味しそうなものが
でも大きいです。2人では無理です。

マスターや、女将さんと気さくにお話出来
また、たまたま隣り合わせたお客さんとも
お話が出来て、楽しい時間でした。

もちろん、酒も肴も美味しいのは言うまでもないです。
今度は冬に訪れたいですね。

最後に、帰り道に見つけた居酒屋
060620018

|

« 旭川・札幌・余市・小樽(つまみ食い編) | トップページ | 旭川・札幌・余市・小樽(動物園編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/10627349

この記事へのトラックバック一覧です: 旭川・札幌・余市・小樽(旭川居酒屋編):

« 旭川・札幌・余市・小樽(つまみ食い編) | トップページ | 旭川・札幌・余市・小樽(動物園編) »