« 鹿児島、アメリカそして奈良 | トップページ | 『とりやん』 »

久々の『福龍園』で痺れる

先日、某ホテルの某老舗四川料理店で
まずい料理を食ったのを、H部長に話したら
久々に「福龍園」に行くかという話になりました。

という事で、昨晩は、久々の四川オフです。

そうそう、H部長のお誕生日に間に合わなかった
小笠原の「島ラー油」「唐辛子醤油」「島唐辛子一味」
「硫黄島唐辛子」の辛いものセットを渡せました。

「硫黄島唐辛子」はハバネロを超えた辛さとか
2袋あったので、1袋は福龍園の大将に
おすそ分けしたのですが、これが最後に・・・・・・・

さて、最後になにがあったかは別として
料理の紹介を
<前菜 海月と蒸海老>
060611001

<蒸し鶏の四川山椒ソース>
060611002

あれ?今日は激辛抑え目ですね。
でも美味しい(・∀・)

<中国野菜と鯨肉の豆鼓ソース炒め>
060611003
鯨肉は福龍園では初めてですね。
柔らかくて美味しい。
中国野菜は、最初エリンギ?いや違う
まこもたけ」でした。

<黄ニラと手羽中の甘辛炒め>
060611004
これも初めて
黄ニラの香り、手羽中にからんだソース
美味しくて、骨の山が・・・
誰か、骨でキャンプファイヤーのマキ組してた(笑)

<豚バラ肉の四川風煮込 割包と>
060611005

で、自分で割包にはさんで
060611006

四川風は、高菜と蒸すのが特徴だそうです
普通ある甘辛い煮込とはまた風味が違います。
美味しい。

どうも今日は大将は、いつもの激辛四川ではなく
激辛でなくても、美味しい四川料理で勝負にきたみたい。

<目板カレイ唐揚 甘酢ソース>
060611007

ちゃんと一人に一尾あります
060611008
大きさが手ごろなのと
高温で揚げているので
中骨以外は全部、頭まで頂けました。

さて、期待の一品!
<麻婆豆腐>
060611009

今日は辛さ抑え目? でも
060611010
赤いのや、黒いの浮かんでいます。
激辛ではないですが、四川山椒が
ピリピリ響きます

ここで、うーん激辛が無いのは不満!
もっと辛いの食べたいコール!
ついに大将に火が付いて、出てきた一品

<酸辣湯>
060611011

むむ?よく見ると
060611012

揚がって黒くなった唐辛子20本(丼3つ合わせて)
店の唐辛子総動員、さらに最初に渡した
硫黄島の唐辛子も
お店の特製ラー油も入ってます。
辛味を殺さない為に、酢は控えめ!!

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
一口食べると、辛味が
ここまで出なかった汗が噴出します
うま~、から~
二口目からは、痺れた舌にビンビン響いて
さらに辛味UP
すすりおえた跡には、真っ赤な唐辛子の粉
一同、満足(かな?)

最後にデザート
<パイナップルとココナッツミルク団子>
060611013

今回もとても美味しくて満足。
でも、最後の酸辣湯で、一晩お腹がひりひり
していましたよ(笑)

注)メニュー名は私がつけたので正確ではないです。

|

« 鹿児島、アメリカそして奈良 | トップページ | 『とりやん』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/10475291

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の『福龍園』で痺れる:

« 鹿児島、アメリカそして奈良 | トップページ | 『とりやん』 »