« 桃園と梅林 | トップページ | 『阿吽(あうん)』で「金陵」を楽しむ »

阿倍野銀座

天王寺アポロビルの裏手
あべの筋から少し斜めに西へ続く商店街
(正しくは近鉄西通り商店街?)
ここからあべの筋沿いに南に囲う一帯(金塚地区)の
残り部分の再開発がいよいよ動き出すようですね
すでに閉店したお店もあります
060321008


明治屋に寄った帰りに、ぶらぶらしてみました。

<「マルヨシ」の路地>
060321001
このお店も立ち退き対象なのでしょうね
石炭ストーブはどうなるんだろう?

<「珉珉」のあたり(北方向より南)>
060321002
<同じく(南方向より北)>
060321003

さらに一筋西の通り「翔家」を入った辻へ
<店名を記した看板(現在地より南(左)はほとんど空き地化>
060321004
<商店街方向はまだ店が残る>
060321005
「翔母(とんぼ)」
060321006
「翔家」「翔母」も、「翔家グループ」のお店です。
社長が元トランポリンの全日本チャンピオンという事で
ドメインも「trampoline」ですね

<「きみ栄」(ここは全く知らないです)>
060321007

前の「和源」のあった辻
<ここにも主の無いお店が>
060321009

<「和源」の前の建物は残ってます>
060321010

ついでに足を伸ばして
<てんのうじ村の碑>
060321011

<碑の横の辻に残る旅館(営業は不明)>
060321012

<「明治屋」さんは健在です>
101-0157_IMG

この日は、四天王寺の境内を覗いてきました。
谷町線の夕陽丘四天王寺前駅で降りる人の多い事
さすがにお彼岸ですな

お彼岸ということで、境内一杯に露店が並ぶのですが
古着、古道具の店が多くて、見ているだけでも
面白かったです。

消防団の刺子の半纏とか
軍服とか
怪しい化学実験用の瓶とか

お彼岸だからでしょうか
いつもは有料の五重塔や金堂のある中に
入ることが出来、五重塔にも登れました。
五重塔は昭和34年に再建

その後阿倍野まで歩いて、ルシアスの地下にある
「恵美寿屋」で昼食兼昼酒(笑)
あっ、祝日で営業しているかもで
「明治屋」にはしご酒しました。

で、この写真のごとく、阿倍野~山王~太子~じゃんじゃん横丁~新世界~
恵美須町~日本橋電気街~道具屋筋~なんばウォーク~日本橋駅と歩きました。

#山王、太子あたりも写真に撮っておきたいな~

追記
「恵美寿屋」さんって「味いちグループ」なんだ

|

« 桃園と梅林 | トップページ | 『阿吽(あうん)』で「金陵」を楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/9199246

この記事へのトラックバック一覧です: 阿倍野銀座:

« 桃園と梅林 | トップページ | 『阿吽(あうん)』で「金陵」を楽しむ »