« 本州最南端へ(2) | トップページ | dining bar 脇田 »

本州最南端へ(3)

今回の宿泊は民宿
Googleで検索して探した結果「釣船とお宿 えびす」にしました

で、晩御飯は囲炉裏の部屋で頂きます。
20050305a


<松花堂のようなお突き出し>
20050305b
ひじき、高野豆腐、貝と若布の酢の物、まぐろのめはり寿司
写真にはありませんが、茶碗蒸しが付いてました。
この茶碗蒸しに、自家製のブロッコリーが入っててびっくり(笑)
でも、ブロッコリーも合います。

<自家製野菜と生ハムのカルパッチョ>
20050305c
野菜は民宿の裏で栽培しているそうです。
ドレッシングも手造りだそうです。

<熊野牛の串焼き(地元の柚子使用)>
20050305d
炭焼きで、民宿の近所が柚子の産地で、頼んで絞ってもらってるとか
その柚子でポン酢を作ってかけてあります。
ものすごく良い香りでした。

<生まぐろ刺身>
20050305e
これを食べると、解凍物は食べられないですね
弾力と歯ざわりが全然違います。
醤油をつけるのも勿体無い。そのままで味が楽しめます。

<貝のグラタン>
20050305f
最初の酢の物と同じ貝だそうです。
とこぶしの様な片貝だそうで、歯ごたえがあります。
やはり自家製の新じゃが、トマトを重ねて焼いています。

<焼鯖と秋刀魚寿司>
20050305g
最後に、焼鯖寿司。これが上品な脂たっぷりで美味しい
さらに秋刀魚寿司も、酢の加減が良くて美味しかった。

結構ボリュームあります。
これで1泊2食付いて、6,800円です。
(インターネットだと500円引なので、普通は7,300円)
まぐろづくし、熊野牛づくしというのもあります(1万円)

昨年の開業だそうで、それまでは阿倍野にいらっしゃったとか
奥さんの実家で、この民宿を始められたようですが、料理の
内容からすると、元々料理関係の仕事をされてたのでしょうか?
そのあたりの話を聞けませんでした。

一日3組(部屋)なので、ゆっくり出来ます。
最初は、自分たちだけでしたが、あとから当日予約で
一組増えました。

夏は、海水浴やテラスでのバーベキューも出来る様です
また違う季節に、ふらりと行くのに良いかな?

|

« 本州最南端へ(2) | トップページ | dining bar 脇田 »

コメント

ここは良さそうですねぃ(^-^)

生まぐろの赤身が食べたくなりました。

投稿: はかせくん | 2005.03.16 15:32

うんうん。大勢で行きたい。
夏がいいな。台風の来てないとき。

投稿: ら | 2005.03.18 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3104/3227322

この記事へのトラックバック一覧です: 本州最南端へ(3):

« 本州最南端へ(2) | トップページ | dining bar 脇田 »